戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー              

戦国時代

× Sengoku Walker


竹千代、人質となる

mixiチェック
1547(天文16)年:信長14歳
信長の初陣の年、もうひとつ大きな出来事がありました。

松平竹千代のちの徳川家康(このとき6歳)が、織田家の人質となったことです。
信長の父・織田信秀が岡崎に攻め入るとの情報を得た、竹千代の父・松平広忠は今川義元に援軍を求めます。その際、義元は竹千代を人質に差し出すよう要求。
広忠はこの要求を受け入れ、竹千代を駿河府中の義元の元へ送ります。

しかし、その途中、三河渥美田原城主戸田康光の家臣又右衞門が、護送中の松平竹千代を塩見坂で奪い、織田家に売り渡してしまいます。

1549(天文18)年に織田信広と人質交換されるまで、約2年間竹千代は尾張で人質生活を送ることになります。

信長14歳・竹千代6歳。十数年後、同盟を結ぶことになるこの二人。
この間に二人にどのような接触があったかは不明ですが、顔を合わせていた可能性は非常に高いと思います。

仲良く遊んだり・・・・はしなかっただろうな〜?

信長、初陣

mixiチェック
織田信長初陣図
さて久々の信長史です。
信長の初陣は元服の翌年。1547(天文16)年の事です。信長14歳
信長公記によれば、傅役の平手政秀が、その準備をしたようです。

どのような姿であったか?
「紅筋が入った頭巾と馬乗りの羽織、馬鎧」だったようです。

??イマイチ分かりづらいですね。肖像画の写真があったんですがちょっと見つかりませんでした。スイマセン・・・

変わりにイメージが分かるイラスト見つけました。そちらをご覧ください。
※05/8/21 肖像画、追加しました。江戸時代に描かれた「織田信長初陣図」です。

さて話を戻して、どのような戦であったのか?

場所は三河の吉良(愛知県の吉良町)・大浜(碧南市)。
相手は駿河の今川精鋭部隊2千(3千とも)。
対する信長勢は800ほどだったため、傅役の平手や林通勝、青山三右衛門、内藤 勝介は反対したそうですが、信長はその意見を聞き入れなかったようです。

風の強い日を見測り、一気に攻め入った信長勢は吉良・大浜の諸所に火を放ちその日は野営し、翌日には那古屋に帰陣。見事な勝ち戦で傅役たちを大喜びさせたようです。

通常、どんな武将も初陣は確実に勝てる戦を選ぶようですが、やっぱり信長!
初陣から他の武将とは違いますね!

------------------------------------------------------------------
この年、信長の妹・お市誕生。

城下にて付け火が!

mixiチェック
今回はまったく戦国時代とは関係ありませんが、わが城下町で“テロリスト”を名乗る放火犯が現れました。

狙われたのは鎌倉五山第一位といわれる建長寺で、北条時頼が宋から高僧蘭渓道隆を招いて1253年(建長5)に創建したお寺です。

幸いにして、総門の一部を焼いただけで、けが人も出なかったようです。

しかし、この男は、源氏の氏神として祀られている鎌倉の鶴岡八幡宮にも放火すると予告しているようで不気味です。

大河ドラマ「義経」で話題になっていて、桜もこれから本格的に咲き始め観光客が大勢くると思われる時期だけに残念な話です。

数日前にも横浜のとある商店街が放火されていたそうですが、この犯人と同一人物の可能性が高いようで、早く捕まることを願うばかりです。

詳しくはこちらの瓦版をご覧ください。


「信長」と「ホリエモン」

mixiチェック
ライブドアとフジテレビの戦いはソフトバンクの参戦で複雑な展開になってきましたね。
まさに「戦国時代」のようです

以前、ホリエモンを信長に例えてみましたが、今回はちょっと“お遊び気分”で今の「ライブドアvsフジテレビ」を「戦国時代」に置き換えてみることにします。
関係者の方々、ゴメンナサイ!


まず、前述通り・・・・・・・・・織田信長=ホリエモン(尾張=ライブドア)
するとニッポン放送は・・・・松平元康=亀淵社長(三河=ニッポン放送)
となるとフジテレビは ・・・・今川義元=日枝会長(駿河・遠江他=フジテレビ)

こんな感じですかね。
問題のソフトバンクは?・・・ズバリ!武田信玄!だと思うのですがどうでしょう?

そうです、信長が最も恐れた武将で、ひたすら敵対しないように気を使った相手です。

これを元に今回の出来事を考えてみると、さすがにフジの日枝会長を殺すわけにはいきませんが、ライブドアの傘下にニッポン放送が組み込まれるのは、今川義元亡き後、信長との同盟により織田の属国とも言える状態になった三河・徳川家に重なります。

一方、今川(フジテレビ)は武田(ソフトバンク)と同盟関係にありました。
今川義元亡き後、衰退した今川家の領土は武田と徳川が分け合いましたね。
しかし、不平等な分割で武田と徳川は争い結局、武田家のものに。

ということは、フジテレビはソフトバンクに乗っ取られてしまうことになりますね。

さらに武田家が滅んだあとは徳川のものに。
しかし、ソフトバンクは滅びないか・・・滅んだら大変だ!

う〜ん、しかし、どう転んでも今川領(フジテレビ)は信長(ライブドア)のものにはなりませんね〜

長々と書いた割りに、イマイチな結末になってしまいましたね。
やっぱり強引な置き換えでしたね。
話に無理がありました。

明日のソフトバンク・インベストメント北尾吉孝CEOとホリエモンの会談はどうなるんでしょう?

密約を結び、フジテレビを共同で乗っ取る?!なんてことはないか・・・?

加賀の一向宗

mixiチェック
今回は越前のお隣・加賀国の一向宗について書きます。

一向宗といえば後に本願寺一向一揆として、織田信長を最も苦しめる最大の難敵ですね。

応仁の乱の頃、加賀の守護は富樫家が務めていました。
しかし、ここも他家同様に、分裂します。

文明6年(1474年)戦いが勃発。
東軍の政親、その弟・幸千代は西軍につきます。
弟・幸千代が真宗・高田派を味方に付けたのに対抗するため、政親はその敵対関係にある本願寺派を味方につけます。

この戦いは、一向宗徒が大いに奮戦し、幸千代に味方した守護代の小杉某を討ち死にさせるなどし、東軍の政親が勝利を収めるも一向宗徒にも多くの犠牲が出ました。

一向宗徒の力により守護の座を回復した富樫政親でしたが、その力を逆に恐れ今度はその一向宗を弾圧を考えます。

長享元年(1487年)富樫政親が将軍・義尚の命で近江の六角高頼討伐に出陣。
その間に一向宗は富樫泰高を擁し決起。あわてて帰国した政親の拠る高尾城(金沢市)を攻めます。激しい攻防の末、政親は切腹して果てます。(一説には討ち死にとも)

これにより、長享2年(1488年)「百姓の持ちたる国」が誕生します。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ