■用土原の戦い(ようどはらのたたかい)
1477(文明9)年、今の埼玉県大里郡岡部町針ヶ谷で起きた戦。

五十子の戦いの後、この戦いに参戦できなかった、太田道灌(扇谷上杉家・家宰)は、長尾景春の勢力を強大化するのを恐れ、まず上野より山内上杉顕定と扇谷上杉定正を五十子の陣に復帰させる。

そして自ら軍勢を率い、長尾景春と対峙する。
この戦い、知将・太田道灌の策により、おびきだされた長尾景春が本拠・鉢形城に戻ろうとしたところ用土原の針谷にて衝突。太田道灌の圧勝に終わる。

※扇谷上杉家の家宰・太田道灌は今川家の相続問題に関して、調停に行っていたために五十子の戦に参戦出来なかった。

----------------------------------------------------------

さすが名将・太田道灌!こんなCD(シングル)にもなっています。
太田道灌 価格: ¥1,155 (税込)
興味のある方はどうぞ!