斉藤道三1494?(明応3年)〜1556(弘治2年)
松波左近将監基宗の子として山城西ノ岡に生誕。
幼名、峰丸。法蓮房。松波庄五郎(一説には庄九郎)。山崎屋庄五郎。西村勘九郎正利。長井新九郎規秀。斎藤新九郎利政。斎藤秀龍。山城守。入道して道三。

一介の油売りから美濃一国の大名まで出世したことでよく知られていますね。
名前を変えるたびに出世していきましたが、「マムシ」の異名も持ち謀略の限りを尽くし主家を乗っ取り極悪人のように言われています。

力のある者が、のし上がる下克上の時代、日本各地でこのようなことは行われているわけで、特に道三を悪く言うのは変な話ですね。まあ、道三が美濃一国を支配できるまで出世できたから、あれこれ言われる存在になったんでしょうね。

最近では、美濃の国盗りは「道三の父」と「道三」、親子二代にわたっての業績という研究が有力となっているようですね。
財)岐阜観光コンベンション協会の常在寺(斎藤家の菩提寺)紹介文にも「斎藤家の菩提寺。斎藤道三とその父が二代にわたり商人から美濃国を制する拠点とした寺です。」と何の疑問符もなく断言されています。

以下に道三の略歴を記します。(ここでは通説?の一代による出世を紹介します)
1494?(明応3年)誕生。
1504(永正元年)京都妙覚寺に入り、法蓮房と名乗る。この頃、道三が世に出るきっかけを作る南陽坊と出会う。南陽坊は美濃の豪族・長井利隆の弟。
後に環俗して燈油問屋・奈良屋又兵衛の娘と結婚。山崎屋庄五郎と名乗る。

常在寺の住職・日運上人(南陽坊)のつてで、長井長弘に使える。
名を西村勘九郎正利と改め、長弘の推挙によって守護・土岐頼純の弟・頼芸の寵臣となる。

1527(大永7年)革手城を攻撃し、土岐頼純を越前追放。頼芸を守護の座に就かせる。

1530(享禄3年)長井長弘、暗殺。長井氏の名跡を継いで長井新九郎規秀を名乗る。

1538(天文7年)に守護代・斎藤利隆の病没。斎藤氏名跡を継いで、斎藤利政を名乗る。

1541(天文10年)頼芸の弟・頼満を毒殺。

1542(天文11年)5月道三は頼芸の大桑城を包囲する。頼芸は美濃を脱出、織田信秀を頼る。

1544(天文13年)越前に亡命していた頼純(と朝倉家)と尾張に亡命した頼芸(と織田家)が連携し美濃に侵攻。この状況を不利と見て道三、和議を申し入れる。

1548(天文17年)娘・帰蝶を信長に嫁がせる。(前述)


1552(天文21年)大桑城の土岐頼芸を攻める。美濃土岐氏滅亡。道三、美濃一国を統一する。

1554(天文23年)嫡子・義龍に家督を譲り、稲葉山城に拠らせ、鷺山城に隠居。
この年、義龍は弟の龍重・龍定を殺害。道三と対立。(道三が義龍を殺し次男・龍重に跡を継がせようと画策していたらしい)

1556(弘治2年)長良川にて道三と義龍激突。旧土岐系の家臣や美濃三人衆を含む大半を味方につけた義龍にはさすがの道三も勝てず討ち死。
この戦いの直前、道三は「美濃一国を信長に譲る」という遺言を残したとも言われています。

この後、1564(永禄7年)義龍の子、龍興を追放するまで、信長は美濃・斎藤家に苦戦することになります。