お待たせしました。久々の旅行での写真公開です。ずいぶん前に行った気がしますがまだ一ヶ月たっていないのかと思うと不思議な感じです。

本日は公開するのは、この旅の最大の目的であった安土城です。結局、三日連続で安土に行ってしまいましたが、今回は初日あいにくの雨の中で撮影した大手筋から天主跡の写真です。

安土山
安土駅から安土山麓まで歩いて25分前後で到着。駅前にはレンタサイクル(¥500)があるのでそれを利用すれば15分程度で到着です。あいにくの雨・・・歩いて城跡へ。安土山が見えたときは感動ものでした!
写真には写っていませんが右手の方角に六角氏の居城があった観音寺山があります。

安土城が焼失しなければ山頂写真中央の平坦なところに天主があったものと思われます。ホント残念です。


大手道
この写真は安土城の大手道。よく紹介されるアングルですね〜。いよいよ天主跡目指して歩くわけですが一段一段が高くて歩きづらい・・・さすが本物の城です。
天主に向かって幅の広いまっすぐの道が続いているため天皇を迎えるための道ではないかといわれていますが、道の両脇にはこの道を見下ろす形で家臣たちの屋敷もあり、この道自体も途中から大きく曲がり急になっていることから、天皇を迎えた道かどうか疑問視されているようです。ちなみに南側登城口とも呼ばれているようです。


伝羽柴秀吉邸跡-1
上り始めて最初に目にするのは右手に見える伝前田利家邸だと思いますが、その斜め向かいに位置するのが伝羽柴秀吉邸跡です。いずれも伝聞なのではっきりしたことは分からないようです。一部には安土築城当時の秀吉と利家の地位を考えると同格の屋敷があるのは不自然との意見もあるようです。


伝羽柴秀吉邸跡-2
これ羽柴邸跡の礎石群です。この石の上にそれぞれ柱が立っていたものと思われます。写真で全面が赤っぽくなっているのが分かるでしょうか?これは焦土なんですが、安土城が焼け落ちた証です。発掘当時はもっと赤かったかもしれませんね。伝二の丸付近では焼け落ちた大量の天主の瓦が見つかっています。
※伝秀吉邸跡は、盛り土して本物の上にレプリカの礎石が置いてあるそうです。赤い土も焦土ではなく、調査では焼け跡は確認されていないそうです。誤った情報申し訳ありませんでした。k2様ご指摘有難うございました。


石仏
安土城築城に周辺から大量の石が切り出されましたが、それと同時に墓石や石仏も大量に使用されたという話がありましたが、大手道でも写真のような石仏が所々で発見されていました。実際に目にしてあらためて驚きました。ホントに使っていたんだな〜

私の前を歩いていた家族の一人・高校生くらいの男の子が気づかずに石仏を踏んでしまいお母さんに怒られていました。ちなみに中学生くらいの女の子もいましたがしきりにお父さんに質問していたようです。写真を撮るのに邪魔だな〜と思いつつ、こんな子がいるとは信長公のファン層の幅広さにうれしく思いました!


伝織田信忠邸跡
天主の南西で西からの百々橋(どどばし)口道と大手道が交差するあたりにある伝織田信忠邸跡。重要な地点に有りますが意外と敷地が狭いような気がしました。石垣などもはっきりしていませんでしたがまだ調査されていないんでしょうか?
※伝信忠邸跡は江戸時代総見寺の畑として使われていたようで発掘調査では何も確認されなかったそうです。k2様情報有難うございます。


伝武井夕庵邸跡
信忠邸の向かいにある伝武井夕庵邸跡。武井夕庵はあまり有名ではありませんが、信長の右筆なんですが、信忠と同格の屋敷を構えていたということは、かなりの内政面では重要な家臣だったのでしょうか?


宛寺
宛寺は1855(嘉永7)年に焼失し、その後現在の場所に再建されたものですが、創建当時は西の百々橋口道の中央に建っていました。宣教師フロイスの記録では、この宛寺は信長公自身が祭神となり毎年誕生日を聖なる日として参拝するよう諸国に命じたとされていますが、建立の実際の目的は不明とされています。ちなみにこれとは別に秀吉が伝二の丸跡に信長公のお墓(信長廟)を築いています。お墓参りしてきましたが、写真は控えさせていただきました。しかし、今思えば撮っておくべきでした・・後悔!


安土城天主跡
ここに本来なら豪華絢爛な天主がたっていたんですね〜。未だその形がどのようなものであったか不明ですが、安土屏風が見つかればある程度はっきりするんですけどね。可能性はかなり低いみたいですね・・・。
ちなみに宇喜多秀家が1590年に完成させた岡山城が安土城を模して築かれたそうですが、これも残念ながら第二次大戦で焼失してしまい写真が残るのみとなってしまっています。かえすがえすも残念です。現在の天守は昭和41年の復元。


天主跡の解説
天主台にある解説ですがほとんど読めませんね〜雰囲気だけ感じてください。スイマセン!

安土編まだまだ続きますが、早くても来週になるかもしれませんしばらくお待ちください!