天正10(1582)年5月26日、信長の命により羽柴秀吉を援護するため出陣準備をしていた明智光秀は準備を終え坂本城(滋賀県大津市)から中国方面へを出陣。まず、居城の丹波亀山城(京都府亀岡市)に入ります。

27日、愛宕山へ参詣。武神の勝軍地蔵を祀る愛宕大権現に戦勝を祈願。光秀は一晩愛宕神社に籠もりますが、このとき太郎坊の前でおみくじを二度三度引いた(吉凶は不明)といわれており、謀反を決断しかねていたのかもしれません。

『稲葉家譜』に従えば、この日、斎藤利三の一軒について裁定が下ったことになりますが、これから出陣しようとする明智軍に「那波直治の稲葉家返還」と「斎藤利三切腹」をどうして信長が告げたのかは疑問の残るところです。

また、この日付け文書で、京にいた織田信忠は家康と共に堺へ行く予定を取りやめ、上洛する信長を迎える旨、森乱丸に知らせています。
京と至近距離にいた光秀もこの情報を入手した可能性があり、信長と信忠を同時に討ち取る事ができる最大の好機と考えたかもしれません。


28日、光秀は愛宕神社・西坊威徳院にて戦勝祈願の連歌会「愛宕百韻」を催します。
参加したのは光秀のほか行祐(西坊威徳院住職)・宥源(上坊大善院住職)と連歌師
里村紹巴・里村昌叱・兼如や心前・行澄そして光秀の嫡男・十五郎光慶ら9人。


この時の光秀の発句
「ときは今 天が下しる 五月哉」

は多くの方が知る有名な句。

これはあからさまな決起声明。この百韻に集まったメンバーならそれが謀反の決意表明と分かったと思われるそうです。なぜメンバーの一人ぐらいは信長に光秀の不穏な動きを知らせなかったのか?それとも純粋に毛利攻めの事を詠んでいると考えたのでしょうか?

ちなみに百韻を締めくくる、このとき13か14歳といわれる十五郎光慶の挙句
「国々は猶(なお) のどかなるころ」

同日、光秀は亀山帰城。光秀は同日付けで中国地方の武将へ挨拶と中国方面へ出陣の際の協力を要請する手紙を送っており、この時点でも光秀は中国方面へ本当に出陣するつもりだったか、または謀反を決断しきれていなかったのかもしれません。

29日、光秀は中国方面へ武器弾薬などの物資輸送。この月は29日までということで本能寺襲撃の二日前ということになります。