天正10(1582)年6月1日、本能寺の変前日、織田家の主だった家臣たちはどこで何をしていたのでしょうか?

柴田勝家率いる北陸方面軍は、越中(富山県)の上杉氏の属城・魚津城攻めの真っ最中。勝家の配下には前田利家や佐々成政・佐久間盛政が従っていました。魚津城は、本能寺の変翌日の6月3日、織田軍の猛攻により落城しますが、本能寺の変の方に接した勝家らが撤退後、再び上杉方の奪われてしまいます。 

滝川一益は、武田氏を滅亡後の3月下旬から上野(群馬県)の厩橋城に入城し、越後の上杉景勝をけん制しつつ関東や東北の諸大名と外交を展開。5月中旬頃には、かねてから友好的であった伊達政宗の父・輝宗が武田攻めの勝利を祝し信長に大きな馬を贈っています。

河尻秀隆は、武田氏滅亡後その本領である甲斐に入国しますが、治安維持にかなり苦労していたようです。

信長の三男・神戸(織田)信孝を総大将とした四国遠征軍は、四国に向け出陣目前の状況。副将の丹羽長秀や津田信澄・池田恒興・高山右近・中川清秀らも各所領にて四国遠征の準備を終えて出陣の時を待っていました。

羽柴秀吉は備中の高松城を水攻め。援軍に駆けつけた毛利氏と対峙。毛利側から和睦を持ちかけられていたようですが、のらりくらりと交渉を引き延ばし、明智光秀やその後の信長や信忠率いる本隊の援軍を待っていたようです。

徳川家康は穴山信君(梅雪)と共に堺を見物中。6月1日は、堺商人・今井宗久邸や津田宗及で茶会。夜には堺代官・松井友閑邸で再び茶会と茶の湯の一日。この頃、信長が上洛したとの情報を得て(または茶会を開くとの連絡を受け?)、翌朝急遽、京に向け出発。途中で凶報に接することになります。

信長の次男・信雄は領国の伊勢・松ヶ島城で・・・何をしていたのでしょ?

そして信長本人ですが、久々の上洛で来客が殺到。本能寺にて?日中は公家や商人など多くの来客との面会に時間を費やしたようです。夕刻には一通り政務を終え、嫡男・信忠や村井貞勝そして小姓などの側近らと宴を催します。その後、碁の見物。この時、後に不吉の前兆といわれる“三却(サンコウ)”の局面になりますが、これは後の作り話の可能性が高いようです。

信長と信忠はしばし父子水入らず?の会話をした後、夜遅く信忠は宿舎としている妙覚寺に戻ります。その後、信長、就寝。傍らには、のちに『信長公記』の著者・太田牛一に本能寺の変の際の信長の状況を語ったと思われる女性もいたようですが、それは正室・濃姫では無いと思われます。

6月1日夜、丹波亀山城を出発した明智光秀は、恐るべき決意を胸に秘め、眠りについた本能寺の信長に迫っていました・・・

【関連記事】 「本能寺」前夜の三コウ、やっぱり虚構?