信長・本能寺の変の図(画・ろくまめ様)天正10(1582)年6月2日未明。明智光秀の軍勢は、当時の京の町境に設置された木戸を押し開け、ある者は森や竹藪などを進み、本能寺を包囲。そのざわめきで信長は目を覚まします。

信長や小姓らは、初め喧嘩騒ぎでも起こっているものと思っていたようですが、鬨(とき)の声が上がり鉄砲を撃ち込まれ、ようやく異変を感じ森乱丸が様子を見に行きます。

森乱丸の報告で明智光秀の謀反であることを知った信長は
「是非に及ばず」−是非を論ずるまでもない。もはや行動あるのみ!(藤本正行氏の解釈 『信長は謀略で殺されたのか』 より)−
と一言発し、すぐさま小姓らを集め防戦態勢を整えます。
信長は死を覚悟したのではなく、最大の危機を迎えながらもけっして天下統一の夢をあきらめませんでした。「この場を持ちこたえれば(直線距離でわずか600メートルという距離にいる)信忠軍や京都所司代の村井貞勝の軍勢など総勢2000前後が駆けつける」そのような考えだったかもしれません。

攻め寄せる明智軍1万3000。光秀は別動隊を編成していたという説もあり、それを差し引いたとしても1万近い兵が本能寺を包囲。対する本能寺内の信長の手勢下働きの者を含めても100人前後。

当時明智軍に加わっていた本城惣右衛門の覚書から推測すると、本能寺北側から先鋒の明智秀満の軍勢が御殿へ討ち入り、南側の正門から惣右衛門ら斎藤利三配下の者が討ち入り、利三の息子の軍勢は北側の主戦場である信長の御殿へ向かったようです。

南側にある表御堂に詰めていた御番衆も御殿へ向かい信長と合流。御厩にも明智軍が乱入。混乱の中、矢代勝介や伴太郎左衛門・伴正林・田村吉五が抜け出し信長のもとへ向かいますが討ち死に。矢代は関東出身だったので逃げるよう他の者から勧められますが信長の恩に報いるため討って出たようです。

御厩で奮戦した、御中間衆、藤九郎・藤八・岩・新六・彦一・弥六・熊・小駒若・虎若その息子小虎若ら24人が討ち死に。

御殿では信長が弓を取り戦い、森乱丸成利・坊丸長隆・力丸長氏ら小姓衆も信長を守って奮戦。
町中の宿舎で異変を知った湯浅甚介や小倉松千代は明智軍にまぎれ信長のもとに駆けつけ討ち死に。台所口では高橋虎松がしばらく明智軍を押しとどめながらも討ち死に。

『信長公記』にその名は出てきませんが黒人家臣の弥助も信長とともに戦っていたともいわれ、明智軍に捕らえられ外国人であるため許された。あるいは本能寺を脱出し信忠のもとへ駆けつけたともいわれていますが、弥助のその後の消息は不明です。

信長は弓を二つ三つと取り換えながら矢を射続け、弓が使えなくなると槍で戦い続けますが 安田作兵衛の?槍を肘に受け退散。後追う作兵衛に乱丸が十文字の槍で挑み一撃を与えるも反撃され討ち死に。享年18歳。

命運尽きたことを悟った信長は女房衆に退去を命じると燃えさかる御殿の奥に入り、納戸の戸を閉め自刃。享年49歳。信長が好んで舞った幸若舞の一節『人間五十年〜』に及ばぬこと一年、信長の天下統一の夢は幻の如く消えました・・・

森三兄弟や矢代・湯浅・小倉・高橋の他、信長と運命を共にした主な者の名は小河愛平・金森義入・菅屋角蔵・魚住勝七・武田喜太郎・大塚又一郎・狩野又九郎・薄田与五郎・今川孫二郎・落合小八郎・伊藤彦作・久々利亀・種田亀・山田弥太郎・飯河宮松・祖父江孫・柏原鍋兄弟・針阿弥・平尾助・大塚孫三。

圧倒的な兵力差の前に本能寺での戦いは短時間(1時間前後か?)で終わったようで、本能寺から離れた場所を宿所としていて信長の救援に間に合わなかった馬廻衆やその他の織田家臣らは妙覚寺の信忠のもとに向かい明智軍と最後の一戦を交えることになります。


※今回の挿絵は、ろくまめ様に頂きました。ありがとうございます!
尚、タイトルは管理人が勝手につけさせてもらいました。