天正10(1582)年6月2日、徳川家康は穴山梅雪(信君)や信長の側近・長谷川秀一らと共に堺に滞在中。一説には信長の上洛を知り京に向かっている最中であったとも言われています。

家康は、信長に京へ向かうことを知らせるため、先行して本多忠勝を出発させていました。忠勝は途中で、家康と交流のある京の商人・茶屋四郎次郎と出会い凶報を知ります。四郎次郎は凶変を知らせるため家康のもとに向かう途中だったようです。忠勝は四郎次郎と共に家康のもとに急ぎ引き返します。

2日昼前後?、河内・四条畷辺り(大阪府四条畷市)で、信長の死を知った家康は自刃も覚悟したと言われていますが家臣らの説得で冷静さを取り戻し領国への帰国を決意急ぎへ向かいます。

この時、家康に従っていたのは酒井忠次・石川数正・本多忠勝・榊原康政・服部半蔵正成・大久保忠佐ら多くの重臣と小姓衆の井伊万千代直政・鳥居松丸忠政・青山虎丸定長など40名あまり。
そして、穴山梅雪も穴山五郎左衛門や跡部因幡守・馬場丹後守忠次らの家臣40名余りを従えていました。
徳川・穴山両軍合わせると100名近い勢力がありました。さらにその従者らを考えると数百名規模に達したかもしれません?

家康一行は四条畷から飯盛山麓さらに尊延寺(いずれも大阪府)を通り、3日午前10時頃?宇治田原(京都府畷喜郡)、そして、その日の夜には近江・信楽の小川城(滋賀県甲賀市)に到着。城主・多羅尾光俊から赤飯を出されるとほとんど飲まず食わずで移動し続けた一行は一気にそれを食べたそうです。一行はここで一泊。

4日早朝、家康一行は出発。丸柱・柘植(ともに三重県伊賀市)・加太(亀山市)を通り白子(鈴鹿市)の港に到着。ここから船で三河・大浜(愛知県碧南市)に無事到着。この頃になると徳川領内でも本能寺の変で信長・信忠父子が撃たれたということが確認されていて、家康が伊賀経由で三河に向かっていることも伝わっていたようで、家康家臣・松平家忠らは大浜まで一行を迎えに行っています。

家康は後に「神君伊賀越え」といわれるこの逃避行で伊賀衆ら数百名の助けや茶屋四郎次郎の“金の力”を借り無事帰国を果たしますが、この間、一揆らとの戦いで200名近い家臣らを失います。

一方の穴山梅雪は、2日家康らと協議の結果、別ルートで甲斐を目指すことを決めます。梅雪が家康を警戒したのか、何か別の策があったのか両者が別行動をとった理由は定かではありませんが、梅雪一行は家康らより遅れて出発。草内(京都府京田辺市)付近の木津川河畔で土民の襲撃にあい多くの家臣と共に討ち死に。享年42歳。
家康の謀略説もありますが、家康は梅雪の嫡子・信治に家督を継がせ、妻・見性院も大切に扱うなど謀略をうかがわせるような痕跡はあまり見当たらないような気もします?

もう一人、家康に随行していた信長の側近・長谷川秀一ですが家康とともに最後まで行動し無事難局を乗り越えます。この後、羽柴秀吉に仕え、越前・東郷(福井市)15万石を賜り、秀吉の天下統一事業に貢献します。