今回は一度触れていますが、本能寺の変後の光秀の動きを少し詳しく追ってみたいと思います。

天正10(1582)年6月2日、本能寺・二条御所を襲撃し信長・信忠を殺害した明智光秀は昼過ぎまで京市中を捜索して織田軍の残党狩り及び信長の遺体の捜索を行います。

昼過ぎ、信長の遺体を確認できないまま光秀は近江へ出発。しかし、近江の武将・山岡隆景は信長の恩義に報いるため瀬田橋と自らの居城を焼き光秀へ敵対。光秀はこの日、安土攻めを断念し居城・坂本城に入城。
この日、光秀の与力でもある、大和(奈良)の筒井順慶は京に向っていましたが、途中で信長横死を知り慌てて帰国しています。

3日、瀬田に仮設の橋を架け明智軍は近江東部に進軍。

4日、近江の多くの武将が光秀に投降・協力を約束。
大和に戻っていた順慶も家臣に少数の兵を預け光秀のもとへ向かわせますが、光秀に合流することなく退却。去就に迷っていた順慶は日和見を決め込みます。一説には秀吉が京に向かっているとの噂が流れていたとも言われています。

5日、光秀は、無人に近い状態だった安土に入城。手つかずになっていた金銀財宝を使い、朝廷や京周辺の町衆・寺社などに贈り支持を得ようと画策。
斎藤利三は秀吉の居城・長浜城を攻略。山崎片家も佐和山城を攻略。近江の大部分を光秀は制圧します。

7日、誠仁親王が派遣した吉田兼見が安土に到着。光秀に都の秩序回復を要望します。

8日、光秀は明智秀満に安土留守居を命じると京へ向かいます。

9日、光秀、上洛。正親町天皇と親王に銀子50枚を献上。夕食後に京・下鳥羽に出陣。吉田兼見らはこれを見送ります。この頃、細川藤孝・忠興父子に味方になってくれるよう願う書状を送り、さらにオルガンティーノには摂津のキリシタン大名・高山右近の説得を依頼。

信長の死の直後、細川藤孝は剃髪し幽斎と名を改め信長への弔意を表し、忠興も髻を切り、妻で光秀の娘である玉子(後のガラシャ)を幽閉して光秀の誘いを拒否する姿勢を示していた細川父子。
これに対し光秀は書状で、「当初、腹も立ったがその気持ちもわかる」としながら「望みの領地を与える」「事を起こしたのは忠興たちを取り立てるためで他意はなく近国を平定したのちは十五郎(光秀の嫡男)や与一郎(忠興)に譲り自らは引退」するという内容を書き記し味方になるよう懇願しますがそれでも細川父子は拒絶。右近もオルガンティーノの説得を聞き入れず光秀に味方しませんでした。

10日、光秀は山城八幡洞ヶ峠に着陣。籠城の準備をはじめた順慶を説得するため藤田伝吾派遣。しかし、この頃には秀吉の到着が確実なものとなっていて順慶は光秀に与することを拒否。

11日、羽柴秀吉の軍が尼崎に到着。順慶は秀吉に使者を送り敵対しないことを約束。この頃、「藤田伝吾が切腹した」とか「徳川家康が安土城に入った」という“風聞”が流れ明智軍は動揺。
織田信孝や丹羽長秀が秀吉と合流。光秀は淀城の普請を命じ、秀吉との合戦に備えます。

12日、秀吉方の中川清秀らが天王山占拠。明智軍と羽柴軍の先陣が小競り合いを始めますが一時収束。

13日、雨の中、山崎にて明智1万6000と羽柴軍4万がにらみ合い。夕刻、明智軍の先鋒、松田政近・並河掃部隊が黒田孝高・中川清秀隊に攻撃を開始。兵力の劣る明智軍は序盤から苦戦を強いられます。主力の斎藤利三が池田恒興や加藤光泰らに包囲され敗走。明智軍は総崩れになり、光秀は勝龍寺へ退去。羽柴軍は追撃し勝龍寺を包囲。夜になり光秀は溝尾勝兵衛ら数名と共に包囲を抜け、坂本を目指すも途中、一揆に襲われ光秀は重傷を負い勝兵衛の介錯で切腹して果てます。享年55歳(近年67才説も浮上)

14日安土の留守居を任されていた秀満は、光秀敗死の報を受け坂本へ向かいます。
この日?丹波亀山城を守っていた光秀の長男・十五郎光慶も討死。

15日、秀満は光秀の妻子を殺し、坂本城の財宝を羽柴軍に引き渡し城に火をかけ自刃。坂本城近くの堅田に潜伏していた斎藤利三は光秀配下の同輩・猪飼野秀貞に捕らえられ秀吉方に引き渡されます。この日、本能寺では光秀の首が晒されます。

16日、織田信孝は安土城に入城。

17日、利三は市中引き回され六条河原で処刑。享年49歳(45歳とも)。光秀と利三は首と胴体をつなぎ合わせた上で粟田口で磔にされます。

22日、二人の首は首塚に埋葬。

余談ですが、光秀の娘・玉子はのちに細川ガラシャとして、利三の娘・福は春日局として歴史に名を残すことになります。