文明5(1473)年3月に山名宗全、5月に細川勝元が相次いで死去したことで応仁文明の大乱は大きな転換点を迎えます。
もともと管領畠山家の家督問題に端を発したこの大乱は、その後他家を巻き込みそれぞれが分裂し、畠山家の家督問題前からくすぶっていた将軍家の家督問題も絡み合い日本国内は大混乱に陥りました。

ちなみに宗全・勝元が死ぬ前の両陣営の顔ぶれは以下のようになっています。(すでに没した武将も含まれています。ちなみにあってますか〜?)
【東軍】八代将軍・足利義政、細川勝元、畠山政長、斯波義敏、土岐政康、大内道頓、朝倉孝景(西⇒東)など

【西軍】義政の弟・足利義視(東⇒西)、山名宗全、畠山義就、斯波義廉、土岐成頼、大内政弘など

さて将軍継嗣問題ですが、義政は当初、浄土寺に入っていた義尋(ギジン)を還俗させ養子とし、義視と名乗らせその後見に細川勝元を指名していました。
しかし、寛正6(1465)年11月義政の妻・富子が義尚を生んだことで状況は一変します。

富子は義視にわが子は仏門に入れると約束していましたが、義尚の成長と共に将軍職につけたいと考えはじめ、兄・日野勝光や山名宗全と協力し、義視・細川勝元陣営と対立。
文正元(1466)年9月、富子や宗全らの動きに危機感を覚えた義視は細川邸に逃げ込みます。

応仁元(1467)年8月、西軍方の大内政弘が周防から大軍を率い上洛すると義視は東軍の敗北を予感し伊勢に逃亡。しかし、翌応仁2年4月に将軍義政は、義視を後継者とするつもりだったようで伊勢より京に呼び戻します。
義視はこれを機に日野勝光らの排除を訴えますが聞き入れられず、幕府内の対立が深まり義視は孤立。細川勝元も反義視派の意見を抑えることができなくなり、義視に出家を勧め、比叡山に上らせます。

これにより義尚が次期将軍最有力候補となり幕府内は将軍家の問題は収まるかに思えましたが、義視に野心があったのか、山名宗全が幕府での実権を握りたかったのか不明ですが応仁2年11月義視が西軍・山名陣営に入ったため対立は長引くことになります。
文明2(1470)年になると宗全は南朝・小倉宮の末裔とされる人物を擁立、義視もこれに賛同し“幕府的”機構を成立させます。
こうして東西両陣営は泥沼の対立をつづけますが、長引く対立でしだいに両陣営に凱旋気分が漂い始めます。

文明4(1472)年1月、宗全は勝元に和睦を提案。しかし東軍の赤松政則の反対で和平交渉は決裂したため、宗全は死をもってこの混乱を収めようとします。しかし、自刃するも家臣に引き留められ一命を取り留めます。細川勝元も隠居しようとしたという説もあります。

文明5(1473)年3月、自刃した時の傷がもとでに山名宗全が死に、5月には細川勝元も病死(暗殺されたとも)。12月、将軍・義政もこれを機に隠居を決めわずか9歳の義尚に将軍職を譲ります。これにより将軍継承問題も一応の決着をみます。

文明6(1474)年4月、細川勝元の子・政元と宗全の後を継いでいた山名政豊の間で和睦が成立しますが、これに異を唱える者が多く応仁文明の乱は終結までこの後4年を費やすことになります。