伊達政宗とみちのく文華本日はすでにお伝えしたように、来月6日まで金沢文庫で開催されている仙台市博物館との交流特別展『伊達政宗とみちのく文華』を見に行ってきました。会場に入るとさっそく政宗公(所用の重文・甲冑「黒漆五枚胴具足」)がお出迎え!実物を見るのは今回が初めてでしたが、やはりあの弦月の前立は迫力がありますね!そして、その甲冑の隣には水玉模様の陣羽織が展示してありますが、職員の方がこっそり?裏話をしてくれました。
この陣羽織、これまで政宗所用と伝わっていましたが、最近の研究ではどうも違うらしいということが判明。ということで展示の説明や図録には「政宗所用」とは書いていないとのこと。あらためて展示を見ると確かに!危うくだまされるところでした〜。

さて展示ですが、一階と二階に展示スペースが分かれていて、一階は主に鎌倉・北条氏や金沢文庫について紹介されているコーナー。残念ながら複製や写真での紹介が多いですがビデオも上映されていて鎌倉幕府(北条氏)の滅亡までが分かりやすくなっています。
二階が今回のメイン?会場、伊達政宗関連の展示コーナーになっています。こちらには政宗公の肖像画や政宗作の茶杓、片倉家の釣鐘の旗、支倉常長の肖像画など伊達家ゆかりの品が数多く展示されています。

こちらにも秀吉が政宗に与えた甲冑が展示されていますが、他の展示としては上杉謙信所用の兜や秀吉の小田原攻めの陣立を記した書、他にも織田信長の朱印状(輝宗宛て)や足利義輝の御内書・上杉景勝書状なども展示。ただ、残念なことに簡単な説明が書いてあるだけで、古文書を読めない私は何が書いてあるのかさっぱり分からず・・・

政宗や秀吉・家康の和歌も展示されているんですが、そんな中、興味をひかれる謎の和歌が一点。「里」が右上にポツンと書かれ空白があり、「山」が小さく三つ書かれて「庵」が斜めに書かれている(以下省略)。ちなみに書いたのは政宗の子・忠宗。「何だこりゃ??」解説を読んで納得。「里遠く 深山の 庵傾きて・・・」と読ませるとそうで、遊び心のある和歌で流石政宗の子だな〜(というか当時の流行りなんでしょか?)

この他にも屏風や水墨画、仙台城と江戸上屋敷の精密な絵図など総数98点(※図録収録数)が展示されています。


【以下おまけ】
称名寺・全景金沢北条氏の菩提寺・称名寺。
ちなみに敷地内に金沢文庫があります。




金沢北条氏・実時胸像称名寺を建立した北条実時の胸像。








称名寺の紅葉金沢文庫に通じるトンネルから称名寺方面を撮影。




金沢文庫裏手の紅葉展示会場を出て帰り道、きれいだったので思わずパチリ!





【特別編?】
展示室を出てすぐのところで政宗公の兜をかぶっている人物を発見!これはもしや・・・ということで近づいてみると職員の方が「着けてみますか?」ということで普段は気になりながらスルーするんですが、人も少なかったので「ハイ!」
初めて兜をかぶってみました!意外と重い!もちろんレプリカですが本物と同じ重さとのこと。ちなみに陣羽織も政宗所用のレプリカ。本物は現在、メトロポリタン美術館で展示中とのこと。「あ〜アレか!」
伊達政宗になる!正面脚が短く見えるのは陣羽織のせいです(ホントか?)

陣羽織はやはり甲冑の上に着ないとなんだか変ですね。バランスが悪い〜
※モデルのせいではありません!(ホントか?)
※顔は落書きしています。





伊達政宗になる!後ろ姿せっかくなので後ろ姿も写してもらいました〜
職員の方ありがとうございます!


さて、展示会はあと一週間!政宗公に変身したい方、急げ!!