今日は6月2日ということで本能寺の変が起きた日ですね。そんな日に鳩山首相が辞任という衝撃的?なニュースもあり誰かに裏切られての辞任か?!なんてくだらないことも考えたりしとります。

さて、これまで何度か本能寺ネタは書いてきましたが、今回は変とは直接関係はありませんが、明智光秀が本能寺襲撃直前に入城した居城・丹波亀山城について書きたいと思います。

丹波亀山城は今年築城400年の節目の年。2010−400=1610年築城・・・あれ?光秀が築城したはずなのに死後に築城されたことになってしまう?と思ってしまいますが実はこれ1610年の天下普請から400年ということになるようです。
ちなみに光秀が築城したのは天正4(1577)年頃ということで433年前のこと。

丹波亀山城は光秀の死後、秀吉配下の堀尾吉晴・信長の四男で秀吉養子となった羽柴於次秀勝その死後、小吉秀勝(秀次の弟)・豊臣秀俊(後の小早川秀秋)、前田玄以・茂勝父子と城主が次々と変わり、関ヶ原合戦の2年後、丹波亀山城は徳川家の居城となります。一時、代官として北条氏勝が在城後、慶長14(1609)年徳川家臣・岡部長盛が城主となり、その翌年、天下普請が行われます。

この天下普請には藤堂高虎や日向の秋月種長らが参加。建てられた天守閣は高虎が一時居城とした今治城(愛媛県)を解体・移築したもの。現在は石垣や堀などが残るのみのようですが、明治10年までその天守閣は存在していたとのこと。光秀時代の勇姿は分かりませんが、明治期まで存在した高虎築城の丹波亀山城を観たいと思う方は古写真などを研究して再建した愛媛の今治城を見に行くというのもいいかもしれませんね。

ちなみに今回参考にした以下のサイトのフォトギャラリーに明治期の丹波亀山城の子写真が掲載されています。興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

【参考サイト】
丹波亀山城築城400年

愛媛県今治市HP『今治城の歴史』