Steve Jobs-001今日(現地時間12日)、iPhone5が発表されましたね。管理人、iPhoneユーザーでもなくgoogleのサービスを主に利用しているので、google派ではありますが、それでもやはり新型iPhoneは気になるところ。スマホを欲しいと思いつついまだガラケーなので次の機種変時は?

さて、あと3週間ほどで10月5日。アップルの元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなって一年になりますね。アップル製品をまったく持っていない管理人ですが、スティーブ・ジョブズ氏の言動には魅かれるものがありました。亡くなった後、NHKをはじめいろいろなメディアで特集され、それを見たり読んだりしてあらためて感じたのが「信長と似ている」ということでした。

織田信長も戦国の世の革命児・風雲児・時代の破壊者の表現が用いられますが、スティーブ・ジョブズ氏もIT界のイノベーター(革新者)。しかし、実は自分で発明したものは意外と少ない・・・

信長の大ファンである管理人がこんなことを言ってしまっていいのかわかりませんが、戦国時代に起こった革新的な出来事はなんでも「信長が初」と言われることがよくありますが、実はそうでもない・・・
代表的な例をあげると、商業の自由化を目的とした楽市楽座は、信長以前に近江の六角定頼が観音寺城下町ですでに実施。
城に天守閣を初めて建てたのは信長ではなく、大和を領国としていた松永久秀が多聞山城に四階櫓(四重天守)を建て、これが天守の先駆けともいわれる存在。
城に石垣を用いたのも信長ではなく、安土城の近く観音寺城はすでに総石垣の山城で、それ以前に寺院ではその周囲を石垣で囲っていた。
長篠の合戦での三段打ちはなかったというのが近年の定説ですが、鉄砲を大量に用いたのは事実。しかし、鉄砲の導入をいち早く行ったのは信長でもなく、九州の大名や東国でも武田信玄・上杉謙信も用いていたし、鉄砲を大量に保有し信長に対抗した紀州の雑賀衆もいます。

一方のスティーブ・ジョブズ氏もMacやiPod・iPhoneなどを成功させ、アップルを世界のトップクラスの企業に成長させますが、携帯型音楽プレイヤーとしては、日本のソニーがウォークマンをすでに成功させており、パソコンもIBMなどがすでに開発、コンピュータという意味ではもっと昔から存在していました。そしてパソコンをマウスで操作するといった基礎技術も実はゼロックスが開発していたり、スマートフォンもカナダのリサーチ・イン・モーションがBlackBerryを開発しており、それ以前に携帯電話やPDAなどもありました。

信長と同時代を生きた他国の大名や武将、そしてジョブズ氏と同時代に活躍してきた他社の経営者や開発者たちの違いはなんだったのでしょうか?いろいろな要素があると思いますが、組織をまとめる統率力、良いものを見抜く先見性やそれらを応用して何が出来るかという創造力などが勝っていたのでしょうか。しかし、結局ひとりでは何もできません。家臣(社員)に優秀な人材が他者よりたくさんいたからだと思います。二人の素晴らしいところは優秀な人材を見出し、時には他国(他社)から引き抜き組織を作り上げ、目的に向かって家臣(社員)を引っ張っていくリーダーシップがあったのだと思います。

また、二人とも情報収集・分析能力も優れ、世の中の流れをしっかり把握し、ライバルたちとうまく渡り合いました。信長の場合、武田信玄や上杉謙信と同盟を結ぶこともありました。ジョブズ氏もライバル・マイクロソフトと資本連携を結ぶこともあり、短気な面もありながら耐えるところはしっかり耐える。

そして二人ともパフォーマンスと言っていいんでしょうか?それがうまい。ジョブズ氏のプレゼンがうまいのはもちろんですが、開発した製品のデザインがいい(個人的感想ですが・・・)
信長の安土城もデザインはそれまでにない奇抜なもので、完成後それに提灯を飾り付け現在でいうところのイルミネーションを施してみたり、京都での軍事パレードである馬揃えも華やかに着飾り軍事というよりは仮装祭りのように仕立て何万人もの見物客を喜ばせたり。まあ、それも家臣のアイデアかもしれませんが・・・

さらに、その激しい性格からでしょうか二人とも裏切りにあっていますね。信長はご存じのように明智光秀を筆頭に松永久秀や荒木村重など、ジョブズ氏もアップルを一度、退職に追い込まれたりもしています。

共通点あげたらきりがないですね。ダラダラと長文になってしまってスイマセン。最後に現在も日本の政界も戦国時代のようになっていますが、真のリーダーシップをもった政治家に早く出てきてもらいたいですね。さて、いつになるやら・・・


【参 考】
・2011年12月放送 NHKスペシャル『世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ』
NHKスペシャル取材班著 『Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言』
林 信行著 『ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した』 《青春出版社》

 iTunes Store(Japan)