【会 場】 群馬県立歴史博物館高崎市綿貫町992-1) 【会 期】2011年7月16日(土)〜9月18日(日)
【内 容】 関東管領上杉氏と古河公方足利氏の対立を軸に、絵画や古文書、絵図等を展示して、享徳の乱の全容を紹介します。導入展示では、滝沢馬琴『南総里見八犬伝』を通して、江戸時代の人々が描いた享徳の乱を紹介します。また、戦国期の東国の様相を示すものとして、京都から東国にもたらされた文化や近年の発掘調査の成果も紹介します。 (公式サイトより) 【詳 細】 群馬県立歴史博物館 企画展『関東戦国の大乱 −享徳の乱、東国の30年戦争−』