【所在地】岡山県高梁市内山下 ⇒ MAP 【メ モ】別名「高梁城」(タカハシ)。重要文化財。現存する天守閣、12ヶ所のひとつ。前身となる城は仁治元年(1240年)秋葉重信が築城。戦国期には三村元親が城主を務める。毛利氏から織田信長に寝返るが、天正3年、小早川隆景の攻撃により落城。以後毛利氏領となる。 昭和初期に荒廃していた建物群を修復。日本100名城にも選ばれている。
【アクセス】徒歩ではかなり遠くさらに山の上のため現実的ではありません。 個人でタクシー利用の場合往復で数千円かかるので、観光乗合タクシーまたはシャトルバスが便利です。※以下高梁市HPより抜粋。   〔観光乗合タクシー〕    ≪運行期間≫3月1日〜11月30日(毎日運行)     ≪運行時刻≫       ■備中高梁駅発⇒ふいご峠行        9:50 11:20 12:50 14:20       ■ふいご峠発⇒備中高梁駅行        11:40 13:10 14:40 16:10     ◆運行 備北タクシー株式会社 平和タクシー株式会社      ※備中高梁駅乗り場は、駅を出て右側すぐ観光案内所前です。      タクシーはふいご峠までしか行くことができません。      ふいご峠から備中松山城へは徒歩約20分です。   ≪料 金≫ ひとり片道420円   ≪お申し込みは…≫     備中高梁駅前観光案内所 TEL0866-22-8666     備北タクシー株式会社 TEL0866-22-2086     平和タクシー株式会社 TEL0866-22-3177     ※乗車についてはご予約ください。    〔シャトルバス〕     城見橋公園⇔ふいご峠     往復300円 運行約15分間隔     平成21年12月19日〜平成22年2月28日を除く土曜日・日曜     日・祝祭日に運行します。     雨天の場合、中止となる場合があります。     ※シャトルバス運行中は、城見橋公園⇔ふいご峠間の自家用車の      通行はできません。 【入城料】 大人300円・小中学生150円 ※団体割引あり 【H P】 高梁市「備中松山城」 【補 足】 現存する天主閣では最高の標高430mの臥牛山の山頂にある山城なので天守閣までの道のりは大変ですが、その分眺めは最高です。ちょっとした登山気分ですが、途中の現存する石垣など見ながらゆっくりと登っていくといいかもしれません。麓から歩くと1時間かかるそうです。 【お願い】 この観光スポットに関する口コミ情報がありましたらコメントにてお知らせください。感想などでも結構です。よろしくお願いします! また、コメント時の評価は、この観光スポットのおススメ度ということで、☆☆☆「最高」、☆☆「良い」、☆「まあ良い」ということで評価していただけるとありがたいです。