残暑と言いつつ毎日真夏並みの猛暑がつづきグッタリの管理人ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
このお盆休みもいつものように旅行するお金もなく、あまりの暑さに遠出する気力も湧かなかったので地元“観光”。ということで久々にこのネタ『戦国と鎌倉』。ようやく2回目・・・

yoritomo-haka-1
【源頼朝の墓】 今年2月壊されたお墓ですが、現在は修復されています。二度と同様な事件が起きないことを願います。このお墓は薩摩藩8代藩主・島津重豪(しげひで)が安永8(1779)年に建立したもの。
頼朝の墓の右手奥に登山道のような階段がありますが、そこを登ると毛利家の祖・大江広元とその四男・毛利季光、さらに島津氏の祖といわれる島津忠久のお墓があります。ちなみに頼朝の墓の手前の階段を下り、すぐに左に曲がるとキチンと整備された石段があります。そこから登っても行くことが出来ますがこちらもやはり急な階段。どちらを選ぶかは皆さん次第・・・


hokkedo-noboriguti-1
mouri-sekitou-kamon-2
【毛利家寄進の石灯籠】 法華堂及び毛利・島津両氏のお墓への登り口にある石灯籠。毛利家の寄進というより設置と言った方がいいのでしょうか?石段を上がるともう一対あります。灯籠をよく見ると「安政五年」という文字が刻まれているようです。この年、毛利家が寄進したのでしょうか?安政5(1858)年といえば井伊直弼による尊攘派の弾圧「安政の大獄」があった年。長州藩でも吉田松陰先生らが捕えられ幽閉された事件が思い浮かびますが何か関係があるんでしょうか?


hokkedo-1
【法華堂跡】 手前の雑草が生い茂っている辺りが、二代執権・北条義時の墳墓である法華堂が建っていた場所。源頼朝の法華堂と区別するため新法華堂とも呼ばれるようです。奥の鳥居の先の階段を上がると大江広元らのお墓。ちなみに頼朝の法華堂は、この西側の白旗神社(頼朝のお墓の階段下にある神社)辺りにがあったそうです。


ooe-haka-1
【大江広元の墓】 毛利家の祖。源頼朝の側近で幕府の重職を務めた人物。鎌倉市内には「やぐら」と呼ばれる山の斜面を掘った横穴がたくさんあります。主に墓や供養など利用されているようです。ここには玉垣に囲まれた三つのやぐらが並んでいますが、中央が大江広元の墓。


mouri-haka-1
【毛利季光の墓】 左側のやぐらが大江広元の四男・季光の墓。父・大江広元は元々、京で朝廷に仕えていた貴族で頼朝の要請で鎌倉に下向。相模国毛利庄(神奈川県厚木市)に所領を与えられ季光が毛利の姓を名乗ったようです。


simadu-haka-1
【島津忠久の墓】 右側のやぐらは島津家の祖・忠久の墓。ただ玉垣で他の二つの墓と仕切られてしまっているので、キチンと正面からお参りするためには一度階段を下り隣の階段から再度登る必要あります。忠久の母は、頼朝の乳母の娘だったこともあり、頼朝のご落胤説もあり、島津氏正統系図などではこの説にしたがっているようです。しかし、忠久は惟宗氏だとする説が有力のようで、頼朝ご落胤説は真偽不明です。

ちなみに三つの墓は江戸時代以降につくられたもの。島津重豪が忠久の墓の近くに頼朝の墓をつくった(同時期に作ったという話もあるようですが)のはやはり頼朝のご落胤を意識したためかもしれませんね。

それにしても、慶長5(1600)年の関ヶ原合戦では共に西軍として徳川家康に挑み敗北し、幕末には薩長同盟を結び徳川幕府を滅ぼすことになる毛利氏と島津氏の先祖のお墓が並んでいるとは、両家は不思議な縁で結ばれていますね。


miura-haka-1
【三浦一族の墓】 ついつい見逃しがちですが、三つの墓の下、新法華堂跡にはもうひとつのやぐら・三浦一族の墓もあります。鎌倉幕府の有力御家人であった三浦氏は宝治元(1247)年に執権北条氏と対立。宝治合戦(三浦氏の乱)を繰り広げますが戦いに敗れ、頼朝の法華堂があった辺りで一族の多くが自刃して果てます。この戦いに妻が三浦義村の娘だったことから毛利季光も三浦方として加わり毛利一族の多くもこの戦いで亡くなります。唯一、越後国にいて難を逃れた毛利季光の四男・経光が生き残り、その子孫が中国地方を制する毛利元就を生みます。

一方、三浦一族も傍流の佐原氏出身の三浦盛時が三浦家再興を果たしますが、その子孫である、三浦義同(道寸)・義意父子は戦国時代の初期にあたる永正13(1516)年に後北条氏の祖である伊勢盛時(宗瑞・北条早雲)に居城・三崎城を攻められ自刃。三浦一族は滅亡。早雲は相模を平定し、関東に一大勢力を誇ることになる後北条氏の礎を築きます。
(う〜ん、血のつながりはないが同じ北条氏にやられるとは・・・ついでに三浦“盛時”が再興した三浦氏を同じ名前の伊勢“盛時”に滅ぼされるとは、なんたる運命の皮肉)


鎌倉というと源頼朝や義経及び執権北条氏など鎌倉幕府ゆかりの史跡が真っ先に思いつきますが、それ以外にも後北条氏ゆかりの地など戦国時代に関わる史跡も多数あります。このシリーズ?『戦国と鎌倉』で少しずつ紹介していきたいなとは思いますが、次回更新はいつになるやら・・・(汗