節目の年ではありませんが、本日、このブログも開設8周年を迎えました・・・・とはいうものの放置状態になって約3ヶ月。もはやこのブログほとんど機能していませんが、毎日多くの方のご訪問ありがとうございます。節目の10年目標に超のんびりペースの更新になりますが頑張りたいと思いますのであらためてこれからもよろしくお願いします。

さて、毎年恒例のネタ『今年節目の年を迎える戦国武将&出来事』(タイトルが毎年違うような・・・汗)、遅くなりましたが調べてみました。
※ウィキペディア参照(生没年が推定の人物も含まれます)

【1513年生:生誕500年を迎える主な人物】
今川氏輝:今川氏第10代当主。義元の兄。
鬼庭良直:伊達氏家臣。左月斎。
柿崎景家:長尾氏(上杉氏)の家臣。
長坂光堅:武田氏家臣。長閑斎。
立花道雪:戸次鑑連。大友氏家臣。立花宗茂の養父。
真田幸隆:武田氏家臣。昌幸の父。
相良晴広:相良氏当主。義陽の父。
葛西親信:葛西氏第16代当主。晴信の兄。
鍋島清房:龍造寺氏家臣。直茂俊の父。
大政所:秀吉の母。
小見の方:斎藤道三の正室。

【1563年生:生誕450年を迎える主な人物】
加藤嘉明:賤ヶ岳の七本槍のひとり。伊予松山藩主。
京極高次:信長秀吉らに仕える。若狭小浜藩初代藩主。
坂崎直盛:出羽守。宇喜多忠家の長男。宇喜多秀家らに仕える。千姫を大坂城から救出。
吉良親実:長宗我部氏家臣。
細川忠興:肥後細川家初代。細川幽歳の嫡男。
細川ガラシャ:明智光秀の娘・玉。忠興の正室。キリシタン。
菊姫:武田信玄の娘。上杉景勝の正室。
北条夫人:北条氏康の娘。武田勝頼の継室。

【1563年没:没後450年を迎える主な人物】
三好義興:長慶の嫡男。
毛利隆元:元就の嫡男、毛利氏第14代当主。輝元の父。
北畠晴具:伊勢国司北畠氏第7代当主。具教の父。
井伊直親:今川氏家臣。直政の父。
細川晴元:細川氏本家京兆家当主。信良(昭元)の父。武田信玄・本願寺法主顕如の義兄。

【1613年没:没後400年を迎える主な人物】
太田牛一:信長・秀吉らに仕える。『信長公記』の著者。
池田輝政:岡山藩池田家宗家初代。恒興の次男。
浅野幸長:豊臣政権五奉行のひとり。和歌山藩初代藩主。
小出吉政:小出秀政の長男。秀吉の従兄弟。岸和田藩2代藩主。
天野康景:徳川氏の家臣。駿河興国寺藩主。三河三奉行のひとり。
大久保忠佐:徳川氏家臣。大久保忠員の子
大久保長安:武田氏・徳川氏に仕える。江戸幕府勘定奉行など務める
可児吉長:才蔵。福島正則らに仕える。
加藤重次:加藤清正・忠広の家老。
龍造寺家晴:龍造寺四家・諫早家の始祖。
成田長親:成田泰季の嫡男。北条家臣。『のぼうの城』の主人公。
南部家直:南部利直の庶長子。
北信愛:南部氏家臣。

【1563年の出来事】
 ・3月、信長の娘・徳姫と家康の長男・信康が婚約。
 ・6月、ポルトガル人宣教師ルイス=フロイス、肥前横瀬浦に到着。
 ・信長、小牧山に城を築く。

【1613年の出来事】
 ・9月15日、伊達政宗の家臣・支倉常長率いる慶長遣欧使節団が出航。
 ・12月、江戸幕府キリシタン禁教令を発布。


余談ですが、『sengoku walker』のフェイスブックページを1月に公開しました。基本的にツイッター版と同じ内容になりますが、フェイスブックをご利用中の戦国ファンの方、ぜひご覧ください!

■フェイスブックページ:『sengoku walker』

【その他の活動】
■ツイッター:『@sengoku_walker』でも戦国ニュースの更新をほぼ毎日行っています。

■Webサイト版:『戦国ウォーカー』ではこのブログで連載していた『信長史』の再編集版の掲載及び戦国関連企画展やイベント・エンタメ情報を更新中です。興味のある方はぜひご覧ください。