戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



管理人の独り言

『信長の野望・天道』 の体験版をやってみる!

mixiチェック
9月に入り暑さも仕事も一息ついた感じでホッとしている管理人です。

さて当初の予定では今日が『信長の野望・天道』の発売日でしたが、発売が18日に延期ということで、あと2週間待たなくてはいけなくて残念な思いをしているファンの方も多いと思います。私もその一人・・・しかたなくコーエーの公式HPをのぞいてみたらなんと

『信長の野望・天道』の体験版を発見!さっそくダウンロード!!


無事、ダウンロード成功!ということでさっそくプレイ。
体験版ということで、当然機能の制限もありますが、うちのノートPCでも何とか動作しそうです。

体験版オリジナルシナリオで、選べる大名は長宗我部元親のみ。タイトルは「鳥無き島の蝙蝠」。信長が元親を評して言ったあの言葉ですね。1575年1月からのスタート・・・というところで、ブログに書かねばと思い、中断。ブログ更新したら続きをやります!では、出陣〜!

ダウンロードは公式HPで ⇒ GAMECITY:「信長の野望・天道」公式HP

【予約受付中】 『信長の野望 天道 プレミアムボックス』 Amazon価格:¥12,096

決戦!明日の衆院選は“関ヶ原”か?

mixiチェック
ここ数日、朝晩は涼しくなり秋が近付く気配を感じるようになりましたが、明日30日は熱い戦い、衆議院議員総選挙ですね。

報道などを見ていると期日前投票の出口調査やアンケートの結果から“民主党圧勝”“自民党惨敗”の声があちこちから聞こえてきますね。期日前投票する方もかなり多いようで場所によっては長蛇の列ができるほどだとか。今回の選挙、結果によっては将来“歴史の教科書に載る日”になるという声もありますね。

さて、今回の総選挙、どこかの議員さん(だったかな〜?)が“関ヶ原の合戦”に例えていましたが、もしそうであれば選挙後は安定した長期政権が誕生することになりますが、なかなかそうはいかないでしょうね。残念ながら・・・
個人的には、二大勢力が激突したという意味では、“応仁・文明の乱”のような気がしてしまいます。ということは、群雄割拠の戦国時代突入!これから大混乱の政局がしばらく続いてしまうようなそんな嫌な予感・・・。

明日の総選挙、どのような結果になるかわかりませんが、この嫌な予感を吹き飛ばしてくれるような政権が誕生することを願います。
そのためには、まず私たちが報道などに惑わされることなく、しっかりと候補者や政党の考えを見聞きして判断し明日の選挙で投票することが大事なのかもしれませんね。候補者一人ひとりの考えを知るのは情報も少なく短期間で判断するのは難しいことですが、できるだけ情報を集め私も明日投票に行きたいと思います。


・・・情報が少ないといえば、毎回同時に行われる最高裁裁判官国民審査。う〜ん、興味もないし、よくわからん・・・という考えではホントはダメなんですよね〜きっと。『反省』

でも・・・・・・・

asahi.comの『東海の古戦場をゆく』が面白い

mixiチェック
まだまだ暑い日がつづいていますが、皆様いかがお過ごしでしょう?管理人、相変わらず仕事が忙しい状況がつづいていてバテバテ・・・暑さも加わり、ブログの更新をする気力がわかず、更新滞っていてすいません!

さて、今回ご紹介するのは、朝日新聞のWEBサイト「asahi.com」が今年6月から連載している『東海の古戦場をゆく』。
この連載、毎週火曜日と木曜日の週二回更新で東海地方を中心とした戦国時代の話を毎回掲載していますが、なかなか面白い。東海地方ということで織田や徳川が関係する話が多いですが武田や斎藤・浅井なども登場。取り上げられる話はすでに一般的に知られている内容ばかりなので珍しくはないですが、伝承や近年の学説等が地図・写真付きで短くまとめられているので読みやすい。時には異説や地元研究家の話も紹介されていて、個人的には初めて知った話もいくつかあったりと毎回、更新が楽しみ。
無料で読めるので、戦国ファンの方にはおすすめです!

アサヒコム『東海の古戦場をゆく』


余談。現在発売中の月刊誌(月2回1日と15日発売でしたね)『Pen』の特集『もっと知りたい戦国武将』ということで、パラパラと立ち読み。付録の“戦国武将家紋シール”につられて衝動買い!中身はまだじっくり読んでいないので「おすすめ!」とは言えませんが、付録の戦国武将家紋シールを欲しい方には「おすすめ」です(笑

Pen「もっと知りたい戦国武将。」 2009年 9/1号

『美の巨人たち』の熊本城見逃した〜!

mixiチェック
更新滞っていて申し訳ありません!現在、究極に仕事が忙しい状態が続いていてなかなか更新するゆとりがありません・・・

そんな状況の中、戦国関連ニュースだけはチェックして姉妹サイト『Sengoku Walker(戦国ウォーカー)』に掲載していたんですが、不覚にも昨日放送された『美の巨人たち』の夏休み特別企画「建築シリーズ」の第一弾「熊本城」の放送を知らず見逃してしまいました〜。四週連続企画のようですが、来週以降は「旧甲子園ホテル」「前川国男邸」「日本武道館」ということで、城は今回のみ。この番組、再放送もないのでホント残念。しょうがないので番組HPの解説で雰囲気だけ味わっておきます。

さて、この週末から夏休みに入った企業も多いようですが、我が社は来週半ばから短い休み。少々予定があるため本格的な更新再開はしばらく出来そうもありません。申し訳ありませんが、気長にお待ちください。

では、暑い日が続きますが皆様楽しい夏休みをお過ごしください。

ついにそこまで・・・戦国メイドカフェがアキバにオープン

mixiチェック
ここ数年、戦国ブームといわれて、その勢いはまだまだ衰えませんが、ついに戦国がメイド界に出陣!あ〜イクとこまでイッテしまった感じが・・・

今月12日(日)、“聖地?!”アキバにオープンするそうです。公式HP&ブログでは、現在、戦国メイド募集中となっています。ちなみにお店の名前は、戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』。

さて、個人的にちょっと気になることが・・・
このお店のメイドさんたちは、どんなカッコで客を迎えてくれるんでしょ?

まあ、普通に考えると、お姫様姿で「おかえりなさいませ。殿」といった感じでしょうか?

まさか、甲冑姿にヒゲなどつけて「殿、無事のご帰還、祝着に存じます」って感じ?!こっちだったらぜひ行ってみたいですが(笑
(ただ、募集のイラストを見る限り、甲冑風のメイド姿に刀を持っていますが・・・)

管理人、このお店に行くことはないと思いますが、もしいかれた方がいましたら是非感想などお聞かせください!
メイドさんのお話も聞いてみたいですが・・・(笑


公式HP ⇒ 戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』
公式ブログ⇒ 戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』


関連記事 ⇒ Gigazin:戦国とメイドのコラボレーション、「戦国メイドカフェ」がオープン


(追 記)
このブログ戦国時代メインなので直接は触れませんが、こっちも気になる〜
「池田屋」跡に居酒屋がオープン 東映が監修、江戸時代イメージ(J-CASTニュース:7/7)
その名も 『池田屋』になるそうです。

【速報】 『 信長の野望 天道 』 発売日決定!!

mixiチェック
すでに発売が報じられていた、信長の野望の新作、ようやくタイトルと発売日が決定しましたね!

タイトルは

『信長の野望 天道』

9月4日発売予定。価格は¥10,800(税込¥11,340)

ゲームの詳細は不明ですが、コーエーの公式サイト「GAMECITY」で、7月10日に第一弾ゲーム情報が公開されるようです。どんな感じになるか、あと2週間、待ち遠しいです!

現在の信長の野望・天道公式ページではそのパッケージの絵になると思われるイラストの確認できます。

詳細 ⇒ GAMECITY:「信長の野望・天道」公式HP

関連ニュース ⇒ 4年ぶりに天下を獲れ!『信長の野望・天道』9月4日発売(Gpara.com)

【予約受付中】 『信長の野望 天道 プレミアムボックス』 Amazon価格:¥12,096

「安土」消滅、悲しい・・・

mixiチェック
ネットを眺めていたら「安土町、近江八幡市との合併 可決1票差」という見出しを発見。記事を読んでみると安土町の住民の多くの方が反対されている印象があるものの、合併案はわずか1票差可決してしまったようです。

合併の是非は、部外者なのでわかりませんが、安土と近江八幡といえば歴史的にも深い関係がありますよね。

遡ること420年余、天正4(1576)年1月、安土築城を開始、天正10(1582)年6月、本能寺の変数日後、原因不明の火災で安土城天主閣や本丸御殿などの主要建物が焼失。

天守閣を失ってからも信長の孫・三法師(後の秀信)がしばらく安土を居城としていました。しかし、天正13(1585)年、秀吉の突然の命で、甥の秀次(のちの関白・豊臣秀次)が近江八幡を居城とすることになり、それに伴い焼失を免れた安土城の建物や石垣の一部などが八幡城に転用されたといわれ、それだけでなく安土城下町の住民も転居そして一部の建物も移築されるなど大がかりな“引越”が強行され現在の近江八幡市の礎が築かれました。

もともと安土に住んでいた領民の多くはそのまま安土に残ったようですが、信長と共に安土に移った領民の多くが近江八幡に移ったと考えると、現在近江八幡に住んでいる方の中には、織田家家臣の血筋の方も少なからずいるように思います?

そんな信長とも縁の深い二つの自治体、安土町と近江八幡市ですが、来春合併され「安土町」という自治体名は消え、近江八幡市に吸収されてしまう可能性が極めて高いようです。信長ファンとしては「安土」の名称が消えてしまうのは非常に悲しいことです(まあ地名は残るんでしょうが・・)。せめて新市名を「安土八幡市」とかにしてくれれば良いのだが・・・ホンネは安土市ですが・・・

安土町には、合併反対派の「急ぐな合併・守ろう安土みんなの会」という住民団体が活動されているようで、管理人、冒頭で物書いたように合併の是非はわかりませんが、「安土」の名称を市の名前につけてもらえるよう、この団体の方々には頑張ってもらいたいと思います。陰ながら応援しています!


<関連記事>
安土町、近江八幡市との合併 可決1票差(asahi.com:6月16日)

信長の町「安土」さらば 合併案可決で「近江八幡市」に(asahi.com:6月16日)

安土町会 合併案を可決 来春、新「近江八幡市」誕生(京都新聞:6月16日)

信長公を育てる!?

mixiチェック
本日、5月12日(実際は旧暦ですが・・)は、信長公の誕生日ともいわれる日。誕生日に関してはいろいろ説がありますが、今回はとりあえず脇に置いておいてっと・・・

さて、それを狙ったわけではないと思いますが、ソフトバンクが天下人育成SLG『いつでも手のり武将 〜ノブナガ〜編〜』を発表。

生まれたばかりの信長公に食事や稽古・会話などのお世話をしてご養育するという内容だそうです。『たま●っち』の戦国武将版といったところでしょうか。

毎日、1歳年を取っていくということなので48日後が気になりますが・・・というか合戦とかどうなるんでしょうね?秀吉や乱丸もサブキャラとして登場するそうです。

ちょっとやってみたい気もしたんですが、Yahoo!ケータイでしかできないようです。
管理人、残念ながら他社のケータイなのでできませぬ・・

明日、5月13日から配信されるそうなので興味のある方はチャレンジしてみては。
もちろん有料なのでご注意を!

詳細 ⇒ 天下人育成SLG『いつでも手のり武将 〜ノブナガ〜編〜』配信(Gpara.com)



祝!「信長の野望 13(仮)」は2009年秋に発売予定!やった〜!!

mixiチェック
長いGWに突入しましたが金欠のため旅行にも行けずダラダラ過ごしている管理人ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ブログの更新でもしようかとネットでいろいろ調べていたらすごい情報を入手!
タイトルに書いたように

『信長の野望 13(仮)』が2009年秋に発売予定

の記事発見!
まだ詳細はわかりませんがテーマは『道』ということで開発が進んでいるそうです。
道?東海道や中仙道(中山道)・北国街道などそんな名称が出てくるんでしょうか?

秋ごろといえば関ヶ原の季節?大河ドラマ『天地人』も関ヶ原の合戦を取り上げている頃でしょうか?

そのころゲーム内でも東海道と中仙道から関ヶ原に向かう徳川軍が・・・なんてことやっているんでしょうか?まっ私の場合、東海道を進む今川軍を信長が!ってやっていると思いますが(笑

しかし、ちょっと心配なことがひとつ。今、使っているノートPCで出来るんだろうか??

いずれにしてもコーエー様、楽しみにしてますので開発がんばってください!
そして、発売延期・・・なんてことにもならないようよろしくお願いします!


詳細記事 ⇒ 戦国魂、ライブイベント「戦国魂ライブ2009」を開催 歴女が大集結! コーエーが「信長の野望 13(仮)」を正式発表 (GAME Watch:4/30)

信長女性説?? 舞台『女信長』

mixiチェック
最近、TV番組の日本ミステリーや日本史サスペンスなどでいろいろな奇説を取り上げていますね。ツッコミを入れながら毎週、楽しんでいますが、奇説といえば戦国武将の女性説ではなんと言っても上杉謙信が有名ですよね。そしてついに“信長女性説”まで登場したか・・・と思っていたら、これ舞台の話だったんですね。

原作は佐藤賢一氏の『女信長』。今回の舞台では黒木メイサさんが演じられるとのこと。今まで多くの俳優さんたちが信長を演じてきましが、女性が信長を演じるのは今回が初めてではないでしょうか??
個人的には昔からいちばん有名な信長の肖像画と女優の松雪泰子さんが似てると思ってるんですが・・・あっどうでもいいですね、この話は(笑

舞台は6月5〜21日に東京・青山劇場、26〜28日に大阪シアターBRAVA!で開催されるそうです。興味のある方は観にいかれてみてはいかがでしょうか?


詳細ニュース⇒ 『“女信長”黒木メイサ 色仕掛け攻め挑戦』(スポニチ)

PSPの 『戦国天下統一』 が欲しい・・・

mixiチェック
今日、ネット上のニュースで来月28日発売予定だった『ドラゴンクエストIX』が7月に発売延期になったというのが話題になっていましたね。発売目前にしての延期、がっかりしている人も多いんでしょうね。私も機銑靴泙任老觜修呂泙辰討笋辰討い泙靴燭ドラクエも気がつけばもう9作目になっていたんですね。

私がドラクエ以上にはまっていたのが『信長の野望』なんですが、こちらも既に12作。しかし、2005年の『革新』以来、新作が出る気配なし・・・4年近くも新作が出なかったことはなかったと思うのでそろそろ新作が出てほしいな〜と思う今日この頃。

そんな中、今日、ドラクエファンには申し訳ないと思いつつ戦国ゲームファンには嬉しいニュースがひとつ。
『信長の野望』とともに人気の戦国シュミレーション『天下統一』の新作が3月26日に発売されるそうです。その名も『戦国天下統一』(システムソフト・アルファー)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『天下統一』といえば『目指せ天下統一!』nyankoさんがチャレンジし続けているあれですな!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

対応ハードは「PS2」「PSP」だそうです。

・・・!?どっちも持ってない!!
う〜ん、考えてみれば我が家にはDSしかなかった・・(それもホコリかぶっとるし)

しかし、久々に私の中の“信長の血”が騒ぐ(笑
ネットのニュースを読むとなんと登場する大名家は110以上、武将の数は3500以上だそうで、織田信長伊達政宗はじめ有力大名はもちろんのこと、今年の大河の主役・直江兼続や伊達家の重臣・片倉景綱も当然登場。3500という数を考えるとかなりマイナーな武将も登場するんでしょうね?
想像しただけでワクワクしてきます!

ということで、取り合えず私の場合、ハードの方を手に入れなくてはなりませぬ・・
どこでもお手軽に出来るPSPでも買おうかな〜。ソフトもPSP版が安いようなので・・
あ〜でも春は旅行も行きたいのに〜〜〜
ということで“一人軍議”の真っ最中(笑



ご購入は ⇒ 『戦国天下統一』(PSP版)Amazon価格:¥4,918

ご購入は ⇒ 『戦国天下統一』(PS2版)Amazon価格:¥5,766

公式サイト ⇒ 『戦国天下統一』

関連ニュース ⇒ 新シナリオ追加!『戦国天下統一』PS2とPSPで3月に同時発売(Gpara.com)

安土城をつくる(のを我慢する・・・)

mixiチェック
いよいよ本日、『週刊 安土城をつくる』が発売されましたね。とりあえずどんな出来か確認するため仕事帰り本屋へ直行。平積みされた安土城の山に思わず感動?!
早速、中身を拝見。やはりプラモデルとは比べ物にならない出来のよさ。木製パーツで今号は金のシャチホコ付きでしたが、これはちょっとちゃちな感じでしたね・・
創刊号のみ590円・・・1号だけ買っちゃおうかな〜という気持ちにもなりましたが、買ってしまうと次も次も・・・となってしまうのが恐ろしいので(とりあえず)買うのはやめときました。
もっと安ければ毎号買って築城経過をブログのネタに出来るのでよかったんですが全号(110号)購入するには約16万円かかるので断念。とりあえず公式サイトのCMを見て我慢します・・・あ〜見たらさらに欲しくなりました〜(泣

デアゴスティーニ『週刊安土城をつくる』公式サイト

意外とムズい 『戦国系検定』サイト。連続不合格でした・・・(泣

mixiチェック
世の中、検定ブーム。昨日のニュースでも「漢字検定を実施している日本漢字能力検定協会が、検定ブームで利益が過剰になって文部科学省から指導を受けている」というニュースがありましたが、それと時を同じくして?戦国ブームもまだまだ健在!

各地で戦国関連検定試験が実施されていますが、ネット上で簡単に戦国系の検定試験を受けることができるサイトを発見!

『学習天国ぽすと』 (運営:廣済堂)という検定やクイズを作ったり挑戦できたりするサイトで戦国系検定が二つ実施されています。

現在、書店などで500円で販売中の『戦国武将検定』 『戦国検定』(共に廣済堂ペーパーバックス)の連動企画のようですが、同名のサイト上の検定では4択問題が5問出題され全問正解だと合格となる仕組み。

管理人、自信満々でチャレンジしましたが、意外と難しい問題。どちらも4問しか正解できず不合格・・・武将検定では“名将級”・戦国検定では“大名級”の判定でした。

手軽に出来て、戦国知識も身に付く面白い内容なので戦国ファンは一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?ちなみに同サイトでは他にもご当地検定江戸検定・幕末検定などいろいろな検定が実施されています。

戦国検定に挑戦!

戦国武将検定に挑戦!


上記とは別に上越市では大河ドラマ『天地人』の放送に合わせて「謙信・兼続」検定を今年の3月1日に実施。現在、申込受付中(2月13日締切)。こちらは有料になりますが興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

詳細⇒ 上越市「謙信・兼続」検定

新宿に 『天地人カフェ』 ができたそうな・・

mixiチェック
あれ?!信長が“天・地・人”のセリフ言っちゃったけど謙信ファンに怒られないでしょうか?と本筋と関係ないところを心配をする管理人ですが、『天地人』まずは好調の滑り出しのようでね!戦国ファンとしては嬉しいかぎりです。

さて大河ドラマのおかげで今年も戦国ブーム(ブームという言葉はホントは使いたくないのですが・・・)は健在のようですね。そのブームに乗っかって?今月15日に新宿に戦国関連のお店がオープンしたんですね。その名も『天地人<愛>カフェ』だそうで、直江兼続ゆかりの地域の食材を使用した料理や地酒が楽しめるようです。

思えば新宿には以前、戦国をイメージした居酒屋ができ、最近では戦国グッズを扱う「もののふ」さんのリアル店ができたりと徐々に戦国に染まりつつあるようですね。メイドさんやらオタク系の人たちで盛り上がっているアキバのように新宿も戦国系オタクの街と化すのでしょうか?戦国オタクとしてはかなり期待してしまいます(笑

今回できたカフェは来月14日までの期間限定だそうです。興味のある方は早めに行った方がいいかもしれませんね!


【詳細記事】
新宿に「天地人<愛>カフェ」−コラボ丼や新潟・山形の地酒も(新宿経済新聞)


その他の戦国ニュースを読む

信長の特番が見れません(泣

mixiチェック
あけましておめでとうございます
今年ものんびりペースの更新で行くつもりですがよろしくお願いします!

明日からいよいよ多くの戦国ファンが楽しみにしている大河ドラマ『天地人』が放送開始ですね。信長の出番は少ないと思いますが、個人的には直江兼続のことをあまり知らないし、役者さんたちも実力派が多いので、一年間楽しめそうです。今夜もNHKで22:30から大河放送直前企画番組が放送されますが、こちらは出演者によるクイズ形式の番組のようですね。とりあえずチェックしたいと思います。

さて、信長ファンの管理人としてはNHKの別の番組が気になっています。
今月23日放送予定『金とく』という番組の特集「織田信長 まちづくりの展望」
この中で現在発掘中の岐阜城麓の信長居館も取り上げられるようで面白そうなんですが、なんと一部の地域でしか放送されないようなんです・・・
ちなみにその一部とは愛知・岐阜・三重・石川・福井・富山。(※静岡も放送されるかもしれませんがちょっとわかりません)

関東在住の管理人は残念ながら見ることができませんが、新情報があったらぜひ教えてください!

尚、番組の放送時間等はっきりとわからないので番組HPや番組表等で事前にご確認ください。

番組HP⇒ NHK『金とく』

デアゴの 『週刊 安土城をつくる』 が欲しいが・・・

mixiチェック
先日紹介した、『【信長の戦い1】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』(藤本正行著)は本日発売だったようで早速購入。これからじっくり読みたいと思います。

さて本日紹介するのは、先ほどくらきさんのブログ『Kの野望』で知ったデアゴスティーニの新シリーズ『週刊 安土城をつくる』です。

見た瞬間欲しい!!と思って詳細を確認するべくデアゴのサイトを覗いてみましたが、1/90スケールの安土城、内部まで再現されていて見事な作りですが予想通り?お高いです・・・

来年2009年1月27日創刊予定で初回特別定価¥590その後は毎号¥1,490。全110回を予定しているそうで590+1490×109ということは¥16万3000(計算あっているでしょうか?)すべて木製パーツで解説本もついてこの値段は高いかどうかよくわかりませんが、個人的にはちょっと手が出しにくいお値段です・・あ〜でも欲しい・・・

来年秋には映画『火天の城』も公開される予定なのでそれに便乗した企画だと思いますが、来年再び信長ブーム(ブームと言いたくはないのですが・・)が来るのでしょうか?安土城址の調査は確か今年度いっぱいで終了だと思いますが、これを機に安土城発掘調査が再度計画され城の研究がさらに進むのを期待したいところです。

詳細 ⇒ デアゴスティーニ『週刊 安土城をつくる』

淡路島に安土城建設!映画『火天の城』

mixiチェック
連載中の信長史も間もなく完結予定ですが一休み。
今回は来年秋公開予定の映画のお話です。昨日の情報なのですでにご存じの方も多いと思いますが、岡部又右衛門が主役となる映画が製作されるとか。

岡部又右衛門?と思われる方もいるかと思われますが、この又右衛門は熱田の宮大工で信長に仕え、安土城築城の際には棟梁として設計や現場の総指揮を任された人物。息子・以俊とともに築城だけでなく、合戦場の建設関係を任されたり、時には自ら武器を持って戦ったりと大活躍したようです。
ちなみに岡部父子は本能寺の変の際、二条御所の戦いにて信忠とともに討ち死にしたといわれています。

このような経歴の又右衛門が主役となる映画の原作は、松本清張賞を受賞した山本兼一氏の「火天の城」で、来年秋公開予定だそうです。

合戦シーンはないものの5億円を使い淡路島に原寸大の安土城を建設するそうでワクワクしますね〜!映画だけでなく、“安土城”実物も見てみたい気がします!
ぜひ撮影終了後も残してもらいたい気もしますが無理か・・・?!
ちなみに信長公役は椎名桔平さんが演じられるとか(コメント特になし・・・)

詳細記事 ⇒ 「戦国時代の宮大工・西田敏行が安土城建設」(Sponihi Annex)

ブログ再開!

mixiチェック
大変長らくお待たせしました!ようやくブログ再開です。

結局、壊れたPCの修理は断念して、安いノートPCを購入。思わぬ出費になってしまいました〜
PCの設定等、落ち着いたら連載中の『信長史』も更新したいと思います。もう少しお待ちください。

ネットから遠ざかって約二週間。この間に来年の大河ドラマ『天地人』の信長役が吉川晃司さんに決まったり、新年の10時間ドラマが仲間由紀恵さん主演の『寧々』になったりと、戦国ドラマの話題が相次いでいたようで、どちらも楽しみですね。

ネットが復旧したのでまたいろいろ情報を収集して、このブログで紹介していきたいと思います。あらためてこれからもよろしくお願いします!

生誕450年の織田兄弟の記念行事は?

mixiチェック
梅雨入りと共に急激に仕事が忙しくなった管理人ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
織田信長史もいよいよ佳境に入ってきましたが週末更新したいと思います。今日はちょっと一休みで別のネタ。

今回のタイトルの“生誕450年の織田兄弟”ですが、もちろん織田信長と信勝ではなく、1558年生まれの信長の息子・北畠信雄(次男)と神戸信孝(三男)のことです。

この二人、すでにこのブログでも触れたと思いますが、実は信孝の方が20日くらい早く生まれていたともいわれライバル視していたかどうかは分かりませんが、信長と兄・信忠の死後、家督争いの末、信孝は天正11(1583)年4月29日(西暦の6月19日)または5月2日(6月21日)に自害。信雄は天寿を全うし寛永7(1630)年4月30日(西暦の6月10日)に死去。ということで二人とも今のような梅雨時期に亡くなったようですね。

この二人、生まれたのは何月ごろか分かりませんが、今年生誕450年という節目を迎えていますが、やはり?記念行事ってやっていないんでしょうかね??
偉大な父・信長は何かと話題になりますが、影の薄い信雄と信孝、取りあえずこのブログで密かに祝いたいと思います。

信雄様・信孝様、生誕450年おめでとうございます・・・

そんな二人と同級生になるのが森乱丸のお兄ちゃんの森長可と三木城で頑張った別所長治。さらに山内一豊の家臣・五藤吉兵衛(武田鉄矢が演じてた)の弟・五藤為重。そして島津家の猛将・頴娃久虎(えい ひさとら)。さらにさらに関ヶ原の合戦で息子が家康の子・結城秀康に属しているのに自らは上杉景勝に通じていた多賀谷重経などなど他にも戦国武将だけでも何人かいるようですが、なかなかのつわものぞろいのような気がしますがいかがでしょ?

日本・コレクション奇譚・信長は茶器も狙った

mixiチェック
明日、15日(木) NHK教育で放送予定の『知るを楽しむ・歴史に好奇心』(22:25 〜 22:50)で、信長公が取り上げられます。10日前にもNHK教育でたばかりですが、再びの登場、うれしいですね〜ということで、録画予約完了!

今回は、『日本・コレクション奇譚・信長は茶器も狙った』というタイトルで、信長の茶道具コレクションを取り上げるようです。本能寺の変で失われた茶器も多いと思いますが、難を逃れ現代に伝わる茶器も多数あるのでテレビを通してですが見れそうなので楽しみです!
ちなみに講師は静岡大学教授の小和田哲男先生が務められるそうです。

【内容】「名物狩り」と呼ばれる強制的な茶道具の一斉収集を行った。「もはや金銀や米銭に不足はない。天下の名物を集めよ」という信長に、武将や有力商人たちはその歓心を買おうと門外不出の名器を差し出す。また、信長は茶道具を秘蔵するだけでなく、戦功のある部将に褒美(ほうび)として分け与え、茶の湯と政治とを密接に結びつけていく。(番組HPより一部抜粋)

詳細 ⇒ 知るを楽しむ

※地域により放送時間や番組が放送されない場合があるかもしれません。番組表などでご確認ください。

【管理人私用旅行サイト集】

mixiチェック
※このページは管理人が個人的によく利用する旅行関連サイトをまとめたリンク集です。 続きを読む

急報!『見える歴史 〜織田信長・戦国時代・天下統一への“夢”〜』

mixiチェック
今知ったんですが、本日、NHK教育で19:40〜19:55『見える歴史』「織田信長・戦国時代・天下統一への“夢”」が放送されるようです。(※地域によって放送されない場合や時間が違う場合があるかもしれません)

昨年8月に放送された番組の再放送だと思われますが、見逃した信長ファンは必見!?
といいつつ私も見逃したので内容が分かりません。面白くなかったら申し訳ありません・・・


たぶん内容はこれです
⇒強敵に囲まれながらも全国統一へ突き進んだ信長。荒い気性が伝えられますが、自由な商いを保障する「楽市楽座」を新設したり、戦いだけのためだった城を権力の象徴にしたりと、さまざまな新機軸を打ち出していきます。秀吉、家康とともに描かれる長篠の合戦図屏風などを丹念にクローズアップし、戦国の雄、信長が夢見た日本統一の道を探ります。 (NHK教育 昨年8月の放送内容より)

昨年放送時のタイトルが「見える歴史 織田信長 〜戦国時代に見た“夢”とは?〜」となっているので、別モノなのでしょうか??

無事帰国しました〜

mixiチェック
世界文化遺産・国宝 姫路城昨日の朝、“中国攻め”から無事帰国しました。
今回、二日目に少々雨がパラついたものの傘をさすほどでもなく比較的天気に恵まれ、いい旅行が出来ました。


昨日ブログを更新しようと思っていましたが、PCに写真を取り込んでいたら急激な眠気に襲われ、昼寝&夜も早く寝てしまい、更新できませんでした〜
さすがに深夜バスの往復&現地歩きまくりで疲れが貯まっていたようです。

さて今回攻略した城は、すでにケータイで報告したように、岡山城・備中松山城・備中高松城・龍野城そして姫路城の五ヶ所。討ち取った・・じゃなくって撮った写真は321枚。自己記録更新?!いつものように『諸国漫遊記』として徐々に公開していきたいと思います。

今回は、取りあえず帰国のご挨拶のみで失礼します。
画像は世界文化遺産&国宝の姫路城。

『発見!?信長の首塚』のタイトルに騙されてみる

mixiチェック
間もなくゴールデンウィーク、春の番組改編時期でいろいろスペシャル番組が放送されていますが、明日、4月22日(19:00〜20:54)テレビ東京系で『衝撃の新発見SP新説!?日本ミステリー』が放送されますね。こちらは新番組ということみたいなので、これから毎週放送されるということなんでしょうか?最近民放で歴史系番組は単発のスペシャル番組ばかりなのでうれしいですね!

しかし、タイトルが『〜日本ミステリー』と胡散臭い・・・新説・奇説をいろいろ取り上げていくんでしょうね〜。まあ、いろいろ突っ込みながら楽しみたいと思います。

新刊の雑誌などと同様、第一回の放送では、『発見!?信長の首塚…本能寺の変・黒幕暴く決定的証拠』と題して視聴者を最も集められそうな信長公を取り上げるようです。おなじみの?黒幕ネタみたいですが、番組を盛り上げようとして暴走しないことを願っています・・・

その他にも『初公判!?謎の海底遺跡の正体』『西郷隆盛の本当の顔』『大和王権=日本ではナイ!?関東“日本王国”…国宝が続々出土』『超能力実験&楊貴妃の墓』など盛りだくさんの内容。2時間の放送でこれだけのネタをやるということは、ひとつの話題であまり時間が取れませんね。ということは、あまり期待できないかもしれませんね・・・

『名古屋城検定』があるんですね〜

mixiチェック
春ですね〜。旅行に行くにはサイコーの季節になってきましたが、今年の年度末は例年にない忙しさ。今年の春の旅行は断念。残念・・・

さて、本題。最近はいろいろな検定が次々企画され『検定ブーム』のような感じになっていますが、信長とも関係のある検定『名古屋城検定』が登場!

平成22(2010)年に城築城開始400年を迎える名古屋城。その記念すべき年に向け現在、本丸御殿を復元しようという事業が進んでいるので、きっと、その事業の一環なんでしょうね。試験日は今年の5月10日、ゴテンの日(御殿の日)に行われるそうです。個人的には5月10日は“五島の日”なんですが(まぁ、どうでもいいか・・・)

名古屋城に関する歴史や出来事・エピソード等が出題されるようですが、400年の歴史があるだけに結構知らないことが多いと思うので、今回は「初級」のみだそうですが意外と難しいかもしれませんね?

でも安心?!検定試験公式テキストは会場持込OKだそうなので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ちなみにテキストは、雑誌スタイルで、名古屋城の歴史や出来事・エピソードなど
をわかりやすく解説
しているそうです。テキストを読むだけでも結構楽しめるかもしれませんね。

【試験詳細】
 ⇒ 『名古屋城検定』(名古屋城検定実行委員会事務局)

 ⇒ 『名古屋城本丸御殿公式HP』

映画『本能寺合戦』 〜日本映画誕生100周年〜

mixiチェック
群馬県太田市立新田図書館蔵 田中純一郎映画資料『本能寺合戦』
『シネマトゥデイ』というサイトによると、今年は日本映画誕生100周年という記念すべき年だそうです。日本映画が誕生したのは明治41(1908)年だったんですね〜

このサイトの記事では、「意外にも〜100周年」という記事だったんですが、個人的には、さほど“意外”とは感じていませんでした。しかし、意外というべきか驚きというべきか感動というべきか・・・その記念すべき日本映画第一作が牧野省三監督の『本能寺合戦』だったそうです。さすが信長?!

9月に公開された『本能寺合戦』ですが、『太閤記』の本能寺を元に製作されたそうです。京都のお寺で撮影されたそうですが、どのようなものだったんでしょうね?今となっては見ることは出来ないのでしょうか?

この映画をプロデュースした『横田商会』は、外国映画の輸入をしていて映画の製作も手がけるようになったようですが、フィルム節約のため1秒間に7・8コマで撮影していたそうです。ちなみに現代では24コマ。7・8コマの撮影だったためその動きがかなりギクシャクしていたようで、「バッタの踊りのようだ」と観客に笑われていたそうです。

もし『本能寺合戦』も同じ手法で撮影されていたとすると壮絶な信長の死の場面が、笑われるような作品になってしまっている可能性もあると思うと、見たいような見たくないような複雑な心境です・・・

※画像は群馬県太田市立新田図書館所蔵の田中純一郎氏映画資料『本能寺合戦』のビラです。


詳細記事 ⇒ 意外にも…今年は日本映画が誕生して100年目だった!(シネマトゥデイ)

戦国武将診断的な脳内メーカー

mixiチェック
『脳内メーカー』がブームになってから(それ以前からいろいろあったのでしょうが・・)次々と同様のサイトが出来て話題になっていますよね。

そんな中、『脳内メーカー』自体もいろいろ進化?しているようですが、今回発見したのは『脳内メーカー』と同じく話題になった『戦国武将診断』の夢の?!コラボ企画
『戦国武将診断的な脳内メーカー』

『織田 創』でチャレンジ。
結果は!




続きを読む

戦国時代人物連想バトン

mixiチェック
『烏丸庵』烏まるさんから回ってきたバトンに久々チャレンジ。

お題は『戦国時代人物連想バトン』です。
信長ファンとしてあえて信長関連で答えてみようと思います。続きを読む

暴れん坊将軍“家康”?!

mixiチェック
まだまだ寒い日が続きますが、皆さん風邪とか大丈夫ですか?関東では明日も雪が降る予報。そんな寒い中、暖かい春に放送予定のテレビ番組の話題をひとつ。

3月15日(土)夜9時からテレビ朝日系でスペシャルドラマ『徳川家康と三人の女』が放送されるそうです。

主演は、『暴れん坊将軍』の吉宗役でおなじみの松平健さん・・・最近ではマツケンサンバのイメージの方が強かったりして(笑
名字も家康の旧姓松平だし(そんなの関係ねェか・・)、なかなかカッコイイ家康になりそうですね。

そしてタイトルの『〜三人の女』ですが、これは家康の最初の正室であり長男・信康の母・築山殿と次の正室である秀吉の妹・朝日姫、そして家康と最後まで対立した淀君の三人の女性だそうです。
ちなみに築山殿は高島礼子さん、朝日姫は若村麻由美さん、淀君は星野真里さんが演じられるそうで、この三人の女性とのかかわりを通して三方ヶ原の合戦から大坂夏の陣の豊臣家滅亡までを描くそうです。松平健さん、馬上で“脱糞”・・・するわけないですね〜(笑

ただこのドラマ気になるのが、家康とこの三人の女性との“ラブストーリー時代劇”だとか・・・なんだかな〜
危険な予感がしますが、出演される方たちは大物ばかり。いやな予感を裏切ってもらいたいと思います。

詳細記事⇒ 「暴れん坊」吉宗30年、松平健が初の家康 (日刊スポーツ)

公式サイト⇒ 『徳川家康と三人の女』

【戦国エンタメ】up!

『住所パワー』 〜あの武将の城下町は?〜

mixiチェック
今朝の『めざましテレビ』や先週の『王様のブランチ』でも取り上げられて話題になっている住所パワーという“住所を独自の指数で点数づけ”してくれる面白いサイトがありますが、早速チャレンジ。

もちろん自宅を真っ先にやったわけですが、ふと安土城はどうなんだろう?と考えたらいろんな城が気になって調べてしまいました。以下その結果です。
※城主は戦国時代の代表的な武将にしました(完全なる独断です)
また、選んだ城は、管理人が勝手にその地域の代表的な城と思うものにしました。

採点の基準の詳細は不明ですが、近くにコンビニや病院・商店など、どのような施設がどのくらいあるかで決めているようです。単なるお遊びとして以下ご覧ください〜


羽柴秀吉 大坂城(大阪府大阪市中区大阪城)・・・・・4431pt Sクラス

石川康長 松本城(長野県松本市丸の内)・・・・・・・4107pt Sクラス

最上義光 山形城(山形県山形市霞城町霞城公園)・・・3665pt Aクラス

北条氏康 小田原城(神奈川県小田原市城内)・・・・・3217pt Aクラス

毛利輝元 広島城(広島県広島市基町)・・・・・・・・3105pt Aクラス

山内一豊 高知城(高知県高知市丸ノ内)・・・・・・・3100pt Aクラス

羽柴秀吉 姫路城(兵庫県姫路市本町)・・・・・・・・2776pt Bクラス

宇喜多秀家 岡山城(岡山県岡山市丸の内)・・・・・・2775pt Bクラス

黒田長政 福岡城(福岡県福岡市中央区城内)・・・・・2774pt Bクラス

島津家久 鹿児島城(鹿児島県鹿児島市城山町)・・・・2771pt Bクラス

津軽信枚 弘前城(青森県弘前市下白銀町)・・・・・・2670pt Bクラス

織田信康 犬山城(愛知県犬山市大字犬山字北古券)・・2561pt Bクラス

織田信長 名古屋城(愛知県名古屋市中区本丸)・・・・2548pt Bクラス

加藤清正 熊本城(熊本県熊本市本丸)・・・・・・・・2546pt Bクラス

徳川家康 江戸城(東京都千代田区千代田皇居東御苑)・2222pt Bクラス

山名豊国 鳥取城(鳥取県鳥取市東町)・・・・・・・・2109pt Bクラス

井伊直正 彦根城(滋賀県彦根市金亀町)・・・・・・・1779pt Cクラス

織田 創 ○城(K県K市)・・・・・・・・・・・・・1559pt Cクラス

五島盛徳 石田城(長崎県五島市福江町)・・・・・・・1449pt Cクラス 特別参加(笑

伊達政宗 仙台城(宮城県仙台市青葉区川内)・・・・・1122pt Cクラス

織田信長 岐阜城(岐阜県金華山天守閣)・・・・・・・1120pt Cクラス

武田信玄 躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市古府中町)・・・・1003pt Cクラス

織田信長 安土城(滋賀県蒲生郡安土町)・・・・・・・897pt ド田舎クラス

上杉謙信 春日山城(新潟県上越市中屋敷)・・・・・・889pt ド田舎クラス

尚永王 首里城(沖縄県那覇市首里当蔵町)・・・・・・112pt ド田舎クラス


安土城がド田舎クラスとは・・・確かに城下にコンビにはなかったが〜
わが“城”は何とかCクラス、安土城に勝ってしまった(笑

みなさんの城下町もお試しくだされ
住所パワー
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ