戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



戦国エンタメ

大河ドラマは「井伊直虎」より「立花宗茂と訐藺紂廚よかった?!

mixiチェック
先日、2017年の大河ドラマが柴咲コウさん主演の『おんな城主 井伊直虎』に決定し、大河ファンや戦国ファンの間でいろいろと話題になっていますね。来年の真田信繁(幸村)主人公の『真田丸』につづき戦国モノということで戦国好きの管理人としてはうれしいのですが、主人公が井伊直虎ということであまり知識がないので、正直なところチョット残念に思っています。

最近のNHK大河ドラマの傾向を見ると、2011年の『江 〜姫たちの戦国〜』の上野樹里さん演じた「江」以降、2012年の平清盛(松山ケンイチさん)・2013年の新島八重(綾瀬はるかさん)・2014年の黒田官兵衛( 岡田准一さん)・2015年の文(井上真央さん) ・2016年の真田信繁(堺雅人さん)そして2017年が井伊直虎(柴咲コウさん)というように男女交互に主人公を選ぶようにしているみたいですね。

井伊直虎は徳川四天王のひとり直政の養母で、幕末の大老・直弼に続く井伊家を守った女城主。激動の戦国期を力強く生き抜いた女性ということで、主人公に選ばれたのかもしれませんが、戦国期の女城主で真っ先に思い浮かぶのは管理人としては戸次鑑連(立花道雪)の娘で立花宗茂の妻である訐藺紂覆んちよ)。

どうせなら『利家とまつ』のように『宗茂と訐藺紂戮砲垢譴侈滅鬚ったんじゃないかな〜と思ってしまいます。どうしても宗茂がメインになってしまいますが、宗茂の人生も波瀾万丈。

実父・高橋紹運と義父・立花道雪はともに猛将としてしられ、宗茂自身も知勇兼備の名将。大友家に仕え、龍造寺氏や島津氏らと争い、秀吉の配下になった後は天下統一の戦いや朝鮮の役でも活躍。関ヶ原の合戦で西軍に付いたため改易され苦難の日々を送りながらも徳川政権下で1万石の大名として復活し、大坂の陣で活躍。数年後、旧領の柳川藩に11万石を与えられ大大名に。晩年に勃発した島原の乱でも活躍。関ヶ原で西軍に付きながら旧領に大名として復帰できたのは宗茂のみだったと思います。

その立花宗茂が生まれたのは永禄10年ということで1567年。2017年は生誕450年という節目の年。大河ドラマとして扱うには絶好の機会だったと思うのですがNHKは判断を誤りましたかね??


・・・とこんなに立花宗茂を推しながら管理人が見たいと思っている大河ドラマは『小田原北条氏五代』や島津一族を中心とした九州三国志モノ。そして蒲生氏郷や信長ファンではありますが明智光秀を主人公としたモノ。光秀視点で描くドラマでは信長はどんだけ悪人になってしまうんでしょうか?怖いけど見てみたい。
近い将来、この中のいくつかが実現するとうれしいな〜

※井伊直虎ファンの皆様申し訳ありません!大河ドラマ化を機に井伊直虎についてもいろいろ勉強します!

【NHK公式HP】 柴咲コウさん主演!平成29年度 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

2014年の大河ドラマは黒田官兵衛で確定

mixiチェック
kanbe-02まずは先月記事にした大河ドラマ『明智光秀』がほぼ確定のような記事を書いていましたが誤報だったこと申し訳ありませんでした。

NHKの正式発表で、2014年の大河ドラマが正式に発表されましたね。
黒田官兵衛」が主役の大河ドラマ『軍師官兵衛』、主演はV6の岡田准一さんということになりましたね。先月までの情報だと「明智光秀」説が有力だったので、まさかのどんでん返しでした。
光秀でリークしてみたけど視聴者の反応がいまいちよくなかったんでしょうか?それとも光秀情報を流したニッカンスポーツの単なる勇み足だったんでしょうか?きっと光秀ドラマ化推進はの方々は落胆していますね。

続きを読む

2014年の大河は『明智光秀』で決定か!?

mixiチェック
mitsuhide-01
※2014年大河ドラマは黒田官兵衛主役の『軍師官兵衛』になりました。(10月10日追記)

速報ですが、2014年のNHK大河ドラマは『明智光秀』が主人公になる可能性があるようです。まだ確定ではありません。

これまでもツイッターなどでお伝えしてきましたが、明智光秀やその娘・玉のちの細川ガラシャを主人公に大河ドラマ化してもらおうと光秀や細川ガラシャ及び細川幽斎や忠興ゆかりの地がタッグを組んでNHK大河ドラマ誘致推進協議会なるものを組織し、誘致活動を展開していましたが、その活動が実を結びそうですね。
続きを読む

【戦国エンタメ】

mixiチェック
【2011年 戦国・歴史関連テレビ番組/映画情報】
続きを読む

正月、戦国番組が重なる悲劇! 『戦国疾風伝』と『戦国武将の真実』

mixiチェック
【総務省からのお知らせ】
地上アナログテレビ放送は、地上デジタル放送への移行に伴い、2011年7月24日までに終了します。アナログ放送でお使いのUHFアンテナでも通常はそのまま受信できますが、別途、調整や交換が必要な場合もあります。

・・・・?

さて、今年も残すところあと2週間余りになりましたね。もうすぐクリスマス・・・は、どうでもいいとして明日は楽しみにしている『信長の野望 天道』のパワーアップキットの発売日。週末は引きこもりになること必至(笑
しかし、今回の話題は『信長の野望』の話ではありません。

毎年、この時期は年末年始の番組チェックのためテレビ番組情報誌を買うんですが、そこで究極の選択を迫られる?事実が発覚。
以前お伝えした通り、来年1月2日は、黒田官兵衛と竹中半兵衛が主役となる時代劇『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』がテレビ東京系で放送されるんですが、なんと同日、TBS系で18:30〜20:54の時間帯に『新春歴史ロマンSP 戦国武将の真実・・・』という番組が放送されることに。この番組、信長・秀吉・家康の三人に焦点を当て旅紀行や再現ドラマ・トークなどを交え歴史のミステリーに迫るといううたい文句で、信長ファンとしては気になる内容。


『戦国疾風伝〜』は7時間ドラマなので録画して見ようと思っていましたが、『歴史ロマンSP 〜』も保存しておきたい・・・さてどうしたものか。

我が家のDVDは二つの番組を録画可能!・・・デジタル放送なら・・・
テレビもDVDも地デジに対応していますが、悲しいことにアンテナが対応していない(泣
まだ来年の夏まで時間があるので対応を怠っていました・・・

皆様、このような悲劇を繰り返さないためにも地デジ対策お急ぎください!



しかし、ホント、どっち録画しよう・・・・


来年の正月時代劇で竹中半兵衛と黒田官兵衛が主役に!

mixiチェック
危うく閉鎖しかけてしまいましたが皆様お元気でしょうか?
放置状態のブログに毎日100人以上の方が見にきてくれているようで感謝しています!

さて久々の更新ですが、内容は来年のお話。
大河ドラマ『龍馬伝』も折り返し。これから話も盛り上がっていき楽しみではありますが、その後の『江』も気になるところ。そんな中、今日発表されたのがテレビ東京系正月恒例の長時間時代劇。今回は竹中半兵衛と黒田官兵衛のいわゆる両兵衛が主役となる 『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち(仮)』が放送されるそうです。ちなみに放送日は、2011年1月2日。

主役の一人、官兵衛は高橋克典さんが演じられるそうですが、なんかワイルドな官兵衛になりそうですね。ちなみに半兵衛は公式サイトによると明日(29日)発表されるようです。

今年の大河は龍馬が主役だったこともあり、歴史ブームも戦国から幕末に移っていましたが、来年は映画『のぼうの城』も公開が予定されており再び戦国が脚光を浴びる気配が・・・ とは思いながらも戦国にしても幕末にしてもその他の時代にしてもブームで終わらず、これからもずっと多くの方が親しんでくれるような状況になってくれるといいですね。


公式サイト⇒ テレビ東京 『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』

関連ニュース⇒ 高橋克典テレ東正月「黒田官兵衛」で主演 (asahi.com)

信長が美少女に?! コーエー新作 『戦国アンジェリーク』

mixiチェック
もはや滅亡寸前の当ブログですが、毎日多くの方がアクセスしていただいているようでホントありがたいやら申し訳ないやら複雑な心境です。

さて約一ヶ月ぶりの更新ですが、今日の新聞では、龍造寺隆信の居城・村中城の遺構の発見、明日は桶狭間古戦場まつりの万灯会があり古戦場公園では信長と義元の新銅像の除幕式やおけわんこの“初陣”があったり、テレビではロンブー田村淳さんが安土城や犬山城・熊本城をクイズを交え面白おかしく紹介する『おしろツアーズ』(16日16:05〜)が放送されるなど真面目な戦国ネタはたくさんあるんですが、そんな中選んだネタはタイトルのコーエーが発表した新作『戦国アンジェリーク』 (※5/16追記:現在のところマンガ化されるだけのようです)

コーエーと言えば『信長の野望シリーズ』や『戦国無双シリーズ』で有名なゲームメーカーですが、その硬派なイメージから一転、“どうしちゃったんだ?”と言いたくなるような新作を発表。あまりのインパクトに久々の更新ながらこのネタでブログを書かせてもらいます。コーエー同様、管理人もどうかしてしまったようです(笑

今回の新作『戦国アンジェリーク』は『アンジェリーク』の戦国版らしいんですが、そもそもアンジェリークがわからない管理人。調べてみると女性向け恋愛シミュレーションゲームだそうです。戦国版ではなんと信長が美少女の織田・アンジェリーク・信長となって政宗や幸村らと恋愛を繰り広げる内容だそうです。

思えば昨年、佐藤賢一さん原作の小説『女信長」が黒田メイサさん主演で舞台化されたりしているので、コーエーもその辺りを意識したのかもしれませんが、戦国(歴史)がブームと言われ、歴女と呼ばれる女性たちが増えてはいるものの、このゲームマンガ、はたして受け入れられるんでしょうか?
コーエーの一か八かの?大勝負、桶狭間合戦のような挑戦の勝敗の行方はいかに!
・・・考えてみるとコーエーはアダルトゲームの先駆け的存在。原点?に帰ったというべきか?!

※『戦国アンジェリーク』は現在のところ漫画化だけでゲーム化はされないようです。誤った情報、申し訳ありませんでした。


【ネタ元】ロケットニュース24「トチ狂った!? 美少女になった織田信長の恋愛ゲーム登場!」


【その他の話題】
『桶狭間古戦場まつり 万灯会』

龍造寺隆信の居城・村中城、初の遺構確認 (読売新聞:5/15)

『おしろツアーズ 絶対行きたくなる! おもしろ名城旅』 5月16日16:05〜

戦国系 新番組 『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』

mixiチェック
気がつけば早くも3月・・・でも明日からまた寒いらしい・・・そんな神奈川からTVKの新番組の情報です。

今年の4月6日(火)から『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』という戦国系の新番組が始まります。ただ、放送されるのはTVK・チバテレ・テレ玉・サンテレビのみのようで関東圏以外の方は見ることが出来ないようです。 ※地元番組表をご確認ください!

この番組、“新感覚お茶の間歴史バラエティ”ということで、ローカル局の強み?をいかし奇抜な手法で歴史を“面白まじめ”に学べる番組にしていくようです。

具体的にはまだはっきりわかりませんが、信長や信玄のコントがあったり、FLASHアニメーションを利用したりして戦国マニアから歴女や子どもたちも楽しみながら歴史を学べるような作りになるようです。登場する武将も超有名武将からマイナーな武将も取り上げるそうなのでそちらも楽しみですね・・・

・・・っと言いつつ、管理人宅には重大な問題が!地理的要因で地元なのにTVKの映りが究極に悪い!
後一ヶ月でなんとか・・・ならんだろうな〜・・・(泣

番組公式サイト ⇒ 『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』

関連ニュース ⇒ ザテレビジョン「歴史ファン必見! 新感覚お茶の間歴史バラエティー「戦国鍋TV」放送決定」

2011年の大河ドラマは浅井三姉妹の「江」が主役だそうです!

mixiチェック
速報です!2011年の大河ドラマの主人公が浅井長政と信長の妹・市の娘、“江”に決まりました!

タイトルは

大河ドラマ 『江 〜姫たちの戦国〜』


江といえば浅井三姉妹の三女。徳川二代将軍秀忠の正室で三代将軍・家光の生母。秀忠に嫁ぐ前には佐治一成と離縁、秀吉の甥・羽柴秀勝との結婚生活は死別と不幸続き。姉には秀吉の側室になった茶々(後の淀)と京極高次の正室・初(後の常高院)がいますね。父・長政と義父・柴田勝家そして母・市も戦に敗れ自害とドラマ性はいろいろありますが、浅井三姉妹では茶々が主人公になることが多かっただけに江が主人公とは珍しいと思いますが、その分新鮮な気もしますね。

現在放送中の『天地人』も直江兼続が“愛”の前立ての兜を着けこれから盛り上がっていくところで楽しみで、来年は幕末モノですが『龍馬伝』ということで主人公が好きな坂本龍馬ということでこちらも楽しみ。そして、再来年も戦国モノで嬉しいんですが、姫様が主人公ということでちょっと不安・・・脚本は『篤姫』と同じ田渕久美子さん。昨年、宮崎あおいさん主演でかなりの高視聴率だったので、NHKはその線を狙っているのでしょうか?まあ篤姫に関しては、アレはアレで面白かったんですが、『江 〜』が変なホームドラマ風にならないことを願っています・・・


詳細 ⇒ 2011年の大河ドラマは「江 〜姫たちの戦国〜」に決定!(NHK)

【戦国エンタメ】映画 『築城せよ!』

mixiチェック
2009年6月20日(土)より新宿ピカデリー、ミッドランドスクエアシネマ他にてロードショー。監督・脚本:古波津陽、キャスト:片岡愛之助、海老瀬はな、阿藤快、江守徹ほか。  西暦2009年、戦国武将、ダンボールで城を建てる −風雲急を告げる紙の城−
続きを読む

【戦国エンタメ】新創刊の月刊マンガ「ゲッサン」で『忍びの国』がマンガ化

mixiチェック
5月12日に創刊される小学館の月刊マンガ『ゲッサン』で時代小説『忍びの国』 がマンガ化されることになったそうです。
続きを読む
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ