戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



“旧”戦国150年史

徳川家康VS武田勝頼 天正6年の攻防

mixiチェック
1578(天正6)年10月の荒木村重の謀反で、西国戦略が大きく狂ってしまった信長ですが、この苦境に盟友である徳川家康はどうしていたのでしょう?話がそれてしまいますが紹介しておきます。

この年3月に上杉謙信が死去し、上杉家では景勝と景虎が後継者争い(御館の乱)を繰り広げ、手薄となった越中や加賀方面では織田家の柴田勝家や斎藤新五郎らが、徐々に勢力を伸ばしつつありました。

そして、同月、家康は、武田方の遠江の高天神城に対する拠点として横須賀城を築城し、さらに五つの砦も築きます。この完成と共に家康は松平家忠らに命じ、半年に渡り断続的に武田方の田中城・小山城などを攻撃させます。

武田勝頼は、上杉家の後継者争いに当初、景虎の兄である北条氏政の要請で景虎派として参戦します。しかし、景勝が一枚上手で、領地である上野郡沼田を武田家に譲って和議を結んでしまいます。さらに景勝は勝頼の妹・菊姫を正室として迎え、同盟を結んでしまいます。

勝頼も西の織田・徳川勢が虎視眈々、駿河・信濃を狙っている状況で、長期戦は望んでいなかったので、早々に有利な条件で和議を結び上杉家の内紛から手を引いたのかもしれません。

6月、勝頼は早くも甲斐に撤退してしまいます。

9月、勝頼に裏切られた北条氏政は、仕方なく自ら景虎の援軍として景虎の援軍に向かいますが、景勝に敗退してしまいます。

10月、荒木村重が謀反を起こしたこの月、北の上杉氏、東の北条氏の脅威が少なくなった勝頼は、徳川を牽制すべく動き出します。大井川を越え遠江に進軍。

11月、横須賀城に迫り、徳川軍とにらみ合いますが、結局合戦には至らず、勝頼は高天神城に撤退することになります。

このような状況で、家康は苦境に陥った信長に援軍を送ることが出来ずにいました。

足利義昭との出会い

mixiチェック
今回はやや時期が戻ってしまいますが、足利義輝暗殺直後の義昭の状況から信長との出会いまでを書きたいと思います。けっして二人は出会い系サイトで出会ったわけではありません(笑)

9月21日の記事で書きましたが、1565(永禄8)年5月19日足利義昭の実兄・13代将軍足利義輝は松永久秀や三好三人衆に攻められ殺されました。

この時、義昭はどうしていたか?

義昭は、この頃出家して覚慶と名乗り奈良の興福寺一乗院の門跡となっていました。
松永・三好らは、義輝を殺害すると、次に末弟の措苑寺院主の周舛盪Τ欧靴泙靴拭そして、次弟の興福寺の覚慶のもとにも松永・三好軍が迫ってきました。
しかしなぜか覚慶は殺害されず、幽閉されただけで済みました。
次期将軍に覚慶を就任させる考えがあったのかもしれません。

約2ヵ月後の7月下旬、細川藤孝を中心とした幕臣らが協力して覚慶を救出して近江国甲賀の和田惟政の館に匿います。
ここで還俗して、名を義秋(まだ義昭ではない)とします。
この直後と思われますが、義輝・義昭の従兄弟にあたる義栄が松永久秀らに擁立され足利家の家督相続を認められてしまいました。(この時点で義栄はまだ将軍にはなっていません)

危機を感じた覚慶や細川藤孝ら幕臣は覚慶を擁して上洛してくれる大名を探します。
武田や北条・上杉、有力大名でしたが京からやや遠く互いに争っている状況で難しい情勢でした。
近江を治めていた六角氏も家中に問題を抱え上洛どころではありませんでした。

そんななか1565(永禄8)年12月、まだ尾張一国の大名だった信長が細川藤孝に上洛の意思のあることを書状で伝えます。

この書状を受け、翌年1566(永禄9)3月、細川藤孝らは織田家と斎藤家の和睦を働きかけます。
この策は成功し、信長の上洛が8月に決まります。
しかしこれを知った松永久秀や三好らは、斎藤義龍に働きかけこの和平工作を破綻させます。


これにより8月の上洛が不可能になり、義秋や藤孝らは信長をあきらめ、閏8月近江を出て若狭の武田義統を頼ります。しかし、若狭武田氏も上洛の力がないと見るや翌月には越前の朝倉義景のもとへ赴きます。

しかし、朝倉義景も上洛の意思を明確にしないまま一年の年月が流れてしまいます。
信長は義秋一行が流浪する間、浅井長政や武田信玄とも同盟を結び、美濃斎藤氏を滅ぼし上洛の準備を着々と進めていきます。

尾張・美濃二カ国の大名となった信長に、義秋や細川藤孝らは再び目をつけます。
斎藤氏滅亡の翌年1568(永禄11)2月、松永久秀らに擁立された義栄が第14代将軍に就任しました。
そのような状況下、細川藤孝は信長と交渉を再開。信長に義秋(義昭)を奉じて上洛する意思のあることを確認。
1568(永禄11)7月25日義秋一行は美濃立正寺に迎えられることとなります。
ついに信長と義昭は出会います。そして、運命の出会いがもう一つ・・・
この時、または事前交渉のとき、明智光秀ともはじめて顔を合わせたものと思われます。信長・義昭・光秀・・・ついに歴史は大きく動き出します(大げさ?)

尚、義秋がいつから“義昭”に名を改めたかはっきりしませんが(私が知らないだけです)、おそらく征夷大将軍に就任したときではないかな〜と個人的に思っております。

※『関ヶ原ブログ』のmansaku殿の情報により、義秋から義昭に改名したのは、1568(永禄11)年4月だということがわかりました。情報提供ありがとうございます!

こうしていろいろな方にコメントを頂き、自分の文章を補っていただけうれしく思います。皆様、今後ともよろしくお願いいたします!

足利義輝暗殺

mixiチェック
足利義輝

13代将軍足利義輝の暗殺ですが、信長の歴史を語る上で重要な事件なので少し触れておきたいと思います。

この事件がなければ、義昭を奉じて上洛するという事もなくなり、天下統一の計画が大きく変わったであろう。そして、なんといっても明智光秀との出会いもなかったかもしれない。(まあ、光秀ほどの能力の持ち主。いずれ出会ってしまったであろうが・・・)

信長の堂洞砦攻略の年、1565(永禄8)年5月19日、義輝は松永久秀や三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)に攻められて、二条御所にて討ち死にします。

義輝は1546年、わずか11歳のとき父・義晴から将軍職を譲られました。
この時期、義晴・義輝父子は、管領細川晴元対立し近江にいました。
将軍に就任した義輝は1550年、細川家で実権を握っていた三好長慶と和睦し京へ復帰。
1564年、対立を繰り返してきた三好長慶が死去。これを機に一気に将軍の権威復活をもくろみますが、松永久秀や三好三人衆が実権を握り思うようになりません。
義輝もこの専横ぶりについに打倒、松永久秀を決意。

しかし、この動きは察知され、1565(永禄8)年5月19日の暗殺事件へとつながっていきます。

義輝は上泉信綱に教えを受け、塚原卜伝に奥義の伝授を受けた剣豪将軍で、襲撃を受けた時、抜き身の刀を何本も突き立て、攻め寄せてくる敵兵を次々討ち取ります。刀を次々取り替えながら奮戦するも、多勢に無勢。ついに力尽き討ち取られます。

義輝は戦いの直前、死を覚悟したのか家臣と別れの盃を交わしたそうです。


この義輝襲撃を読むとなんとなく本能寺の変と重なる気がします。
信長も明智勢の襲撃を受けると、いくつも弓を取り替えながら戦いすべての弓がだめになると槍に持ち替え奮戦。信長は切腹しましたが、信長も義輝も共に無念であったであろうと思います。

戦国時代初期の浅井氏

mixiチェック
朝倉・本願寺・斉藤と触れてきたのでこの辺で浅井氏について書きたいと思います。

浅井氏といえば、亮政・久政・長政と続く北近江の戦国大名で、特に三代目の長政は信長の妹婿で有名ですね。その娘三人も戦国時代に大きく関わる生涯を送りますが、それはまた別の機会に触れたいと思います。

近江は、応仁の乱の頃、北近江(江北)を京極氏、南近江(江南)を六角氏が支配していました。ともに宇多天皇を祖とする佐々木源氏の一族です。

両家は応仁の乱以前から近江の支配をめぐり対立があったようですが、応仁の乱に際し、六角氏は西軍の山名氏、京極氏は東軍の細川氏両陣営に別れ対立。京極氏は内紛などもあり幕府寄りの六角氏が優位になります。

京極高清の代に跡目争いが勃発。
長男・高延派と当主・高清や家老ら推す次男派が対立。浅井亮政は長男・高延派の筆頭・浅見貞則や他の国人たちと手を組み、次男派と対立。これを倒します。

しかし、浅見貞則が実権を握るとこれに反発。他の国人衆と共に浅見貞則を倒し、京極家での立場をゆるぎないものとします。

その後、小谷城を築城し江北の支配権を確立。事実上、京極氏からの独立を果たし、ここに戦国大名・浅井氏の基礎が築かれます。

これにより近江は、京極氏VS六角氏から浅井氏VS六角氏の対立へと変わっていきます。
この頃、浅井亮政は、朝倉氏と同盟し、六角氏に対抗します。この同盟関係は代々続くことになります。
そして、この同盟は、三代目長政の時、信長を窮地に立たせることになり、と同時に浅井家の滅亡に結びつくことになりました。

加賀の一向宗

mixiチェック
今回は越前のお隣・加賀国の一向宗について書きます。

一向宗といえば後に本願寺一向一揆として、織田信長を最も苦しめる最大の難敵ですね。

応仁の乱の頃、加賀の守護は富樫家が務めていました。
しかし、ここも他家同様に、分裂します。

文明6年(1474年)戦いが勃発。
東軍の政親、その弟・幸千代は西軍につきます。
弟・幸千代が真宗・高田派を味方に付けたのに対抗するため、政親はその敵対関係にある本願寺派を味方につけます。

この戦いは、一向宗徒が大いに奮戦し、幸千代に味方した守護代の小杉某を討ち死にさせるなどし、東軍の政親が勝利を収めるも一向宗徒にも多くの犠牲が出ました。

一向宗徒の力により守護の座を回復した富樫政親でしたが、その力を逆に恐れ今度はその一向宗を弾圧を考えます。

長享元年(1487年)富樫政親が将軍・義尚の命で近江の六角高頼討伐に出陣。
その間に一向宗は富樫泰高を擁し決起。あわてて帰国した政親の拠る高尾城(金沢市)を攻めます。激しい攻防の末、政親は切腹して果てます。(一説には討ち死にとも)

これにより、長享2年(1488年)「百姓の持ちたる国」が誕生します。

応仁の乱の頃の織田家

mixiチェック
さて、そろそろ織田信長史を書きたいところですが、話が前後しすぎて分かりづらくなってしまうので、この頃の織田家について書きたいと思います。

-------------------------------------------------------------------

織田家も他家同様、応仁の乱で二つに分かれ争うことになります。

尾張国は斯波家が守護職を務めていましたが、守護代として織田家が置かれていました。
ちなみに、この頃の織田家の当主は織田伊勢守敏広

織田伊勢守敏広は西軍の斯波義廉につき、もう一方の小田井城主・織田大和守敏定は、東軍の斯波義敏につきます。

決着を見ぬまま、1477(文明9)年、応仁の乱は収束を向かえますが、尾張の争いは続いていきます。翌年、1478(文明10)年、将軍義政は織田大和守敏定を尾張国守護代に任じます。

そして、斯波義廉と織田伊勢守敏広を討つよう命じます。
敏定と敏広の対峙・和議が繰り返されるうちに敏広が没し、敏定が実権を握っていくが、尾張を統一するに至らず、尾張北四群(敏広・岩倉派)と南四群(敏定・清洲派)が争うことになる。

以後、信長が1559(永禄2)年に岩倉城の織田信賢を滅ぼすまで、尾張国は混乱し続けることになる。

尾張の小国だけでなんと80年近くも争いを続ける。
信長が登場しなかったら、戦国時代はもっと長引いていたのかもしれませんね。


ちなみに、信長の祖父・弾正忠信定は、清洲大和守織田家の当主が達勝の時代に、三奉行のひとりとしてあらわれています。
永正元年(1504)頃、津島湊に近い勝幡に室町武家館風の立派な城を築城し居城として構えていたようです。


応仁の乱の頃〜其4

mixiチェック
話が前後してしまいますが、五十子の戦いに参戦していなかった太田道灌は今川家の相続問題の調停に行っていたと書きましたが、どのような問題だったのか?

■今川家の内紛
1476(文明8)年2月、今川義忠は将軍・足利義尚の命により遠江(静岡県)の斯波党を討伐のため出陣。
その帰途を斯波の残党に襲われ討ち死にしたことにより始まる。

遺児の竜王(後の氏親:桶狭間で討ち死にする義元の父)が幼かったため、家臣の間で内紛が起きます。

竜王は一時、母・北川殿(北条早雲の妹)と共に身を隠す。

この内乱鎮圧のために、太田道灌上杉政憲と共に派遣されます。
この二人に北条早雲は甥に当たる竜王を後継者にするべく、太田道灌らを納得させる調停案を進言。筋の通った献策に太田道灌らは賛同し、今川家の内紛は収まります。

この内紛、単なる内紛ではなく、その後の『桶狭間の戦い』や『徳川家康の登場』につながっていくもので、戦国時代の大きなのターニングポイントだったように思います。

応仁の乱の頃〜其3

mixiチェック
■用土原の戦い(ようどはらのたたかい)
1477(文明9)年、今の埼玉県大里郡岡部町針ヶ谷で起きた戦。

五十子の戦いの後、この戦いに参戦できなかった、太田道灌(扇谷上杉家・家宰)は、長尾景春の勢力を強大化するのを恐れ、まず上野より山内上杉顕定と扇谷上杉定正を五十子の陣に復帰させる。

そして自ら軍勢を率い、長尾景春と対峙する。
この戦い、知将・太田道灌の策により、おびきだされた長尾景春が本拠・鉢形城に戻ろうとしたところ用土原の針谷にて衝突。太田道灌の圧勝に終わる。

※扇谷上杉家の家宰・太田道灌は今川家の相続問題に関して、調停に行っていたために五十子の戦に参戦出来なかった。

----------------------------------------------------------

さすが名将・太田道灌!こんなCD(シングル)にもなっています。
太田道灌 価格: ¥1,155 (税込)
興味のある方はどうぞ!

応仁の乱の頃〜其2

mixiチェック
其1で応仁の乱が終わったかのような書き方をしてしまいましたが、まだその後も乱は収まっていません。
各地で争いは続いていました。
主だった戦いを数回に分けて書いていきます。

五十子の戦い(いかごのたたかい)
1476(文明8)年〜1477(文明9)年、山内上杉顕定長尾景春との間で争われた戦い。
現在の埼玉県本庄市東五十子にて起こったこの戦い。

長尾氏は山内上杉家の家宰(補佐官)だった。当時、山内上杉顕定の家宰は長尾景春の父・景信であった。しかし、この景信が没したとき、その後継者に景信の弟・忠景を指名する。
これに不満を抱いた長尾景春が反乱を起こす。

三千ほどの兵で五十子の陣を包囲。翌年の正月、これに猛攻を加え攻め落とす。

山内上杉顕定は利根川を越えて上野国那波荘に敗走する。



戦国時代の幕開け〜応仁の乱の頃〜其1

mixiチェック
【応仁の乱】1467年(文正2年)から1477年(文明10年)まで

この戦いを書くだけでも本来ならばかなりの内容になってしまいますが、出来るだけ簡潔に書きたいと思います。

簡単に言ってしまうと足利将軍家の後継者争いが全国各地に飛び火したということになるんでしょうか?・・・簡潔にしすぎ?!

■時代背景
室町幕府8代将軍・足利義政の時代になる。
この後継者争いを、義政の弟・義視と義政の子・義尚(母は日野富子)が演じることになる。

同時期に三管領の畠山氏や斯波氏も家督争いを始めていた。

戦いは義視を推す細川勝元そして畠山政長・斯波義敏グループ(東軍)と義尚を推す山名宗全そして畠山義就・斯波義廉グループ(西軍)との対立となり、
細川勝元を大将とする東軍・16万余と山名宗全を大将とする西軍・11万余が京都を中心に戦いを繰り広げることになる。


■経過
畠山家の対立に端を発し、1467年(応仁元年)に最大の戦い『相国寺の戦い』が起こるが、以後は一進一退の攻防戦が繰り広げられ、こう着状態が続く。


■結果
1473年(文明5年)3月18日に山名宗全が死亡。つづいて5月11日に細川勝元も死亡。12月19日には義政が義尚に将軍職を譲って隠居した。その後、1474年(文明6年)4月3日に、宗全の子山名政豊と勝元の子細川政元の間に和睦が成立した。

その後も残存勢力による小競り合いが続いていたものの、1477年(文明9年)11月11日に細川政元が周防国に撤収したことによって西軍は事実上解体し京都での戦闘は収束した。11月20日に、幕府によって「天下静謐」の祝宴が催され10年に及ぶ「応仁の乱」の幕が降ろされた。

この応仁の乱により全国各地の混乱状態はましていき群雄割拠の時代に突入する。

■『創』の感想(仮)
この応仁の乱からちょうど100年後、足利義昭は京都から追放され、室町幕府が滅ぶんですよね(まあ正確に言うと義昭はこの後も将軍職は失っていないので”滅亡”という表現は適切ではありませんが・・)。それ以後もまだまだ各地で合戦はつづくがようやく天下統一に向けて時代が動き出す。今の時代では考えられないですよね。日本各地で戦いが繰り広げられる。それも150年近くにわたって・・・
想像がつきませんね。


■参考文献
戦国合戦事典―応仁の乱から大坂夏の陣まで PHP文庫
小和田 哲男 (著)

価格: ¥750 (税込)
新品/ユーズド価格 : ¥180より

このコーナーは主に上記の小和田先生の著書を参考に進めていきたいと思います。いろいろな合戦が短くわかりやすく紹介されています。非常に読みやすく参考になりますよ。

 

戦国時代の時代区分

mixiチェック
戦国時代』当たり前のように使っているが、その時代区分となると、いろいろな意見があるようです。

このコーナーでは戦国時代を、最大と思われる応仁の乱の始まり(応仁元年:1467)から豊臣家の滅亡(元和元年:1615)までの約150年について主だった事柄について順を追って書いていこうと思います。(そんなに出来るかな〜??)

とりあえず頑張ってみます。

尚、私は日本史を専門に学んだわけではないので、誤った記述も多々出てくると思います。
その時はぜひコメントなどでご指摘ください。


このブログを通して、自分もあらためて戦国時代について勉強していきたいと思っています。

皆様のご協力、賜りたいと思います。(堅苦しい挨拶じゃの〜!)
よろしくお願いします。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ