戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



備中高松城水攻め

本能寺の変後の諸将 〜其の五 羽柴秀吉と備中高松城水攻め〜

mixiチェック
清水宗治自刃址天正10(1582)年6月3日夜、備中高松城(岡山市)を包囲する羽柴秀吉の陣に驚愕の情報が舞い込みます。
「光秀の謀反により信長が死去」この情報は明智光秀が毛利家に送った密使が誤って秀吉の陣に迷い込み露見したといわれていますが、信長に仕えていた京(堺?)の商人である長谷川宗仁の使者が秀吉に知らせたという可能性が高いようです。

この年3月中旬、羽柴軍は備中に侵攻。高松城の周辺の城を攻略する一方、高松城主・清水宗治に降伏を勧めますが交渉は不調に終わります。
5月、調略を断念した秀吉は高松城の周囲に堤防を築き近くを流れる足守川の水を引き込み城を水没させる水攻めにより城を包囲。救援に駆け付けた吉川元春や小早川隆景の軍とにらみ合いを続けていました。

信長の死を知った秀吉は陣中にかん口令を布き「信長死去」の情報を隠し、毛利軍と講和交渉を開始。
秀吉は信長存命の頃から毛利家と幾度となく交渉を重ね毛利家を降伏させようとしていたかまたは信長本隊の到着までの時間稼ぎをしていたようです。
当初、毛利領五ヶ国の割譲と清水宗治の切腹を要求していた秀吉は、なんとしても講和を成立させるべく清水宗治の切腹のみを要求。毛利家はこの条件を受け入れ講和交渉は成立。

4日、清水宗治は城兵の助命を条件に切腹を決意。小舟に乗り城外に出ると織田・毛利両軍が見守る中、自刃。毛利家から派遣されていた軍監・末近信賀も宗治一人を死なせるのは忍びないとして自刃。

5日、講和が成立すると堤防を破壊し、毛利軍の追撃を阻止。全軍を京に向かわせる「中国大返し」を実行。信長本隊を迎えるために準備されていた食料や街道の備えなどは秀吉軍が京に向かう絶好の進路になります。

6日、毛利家は信長が謀反で死んだことを知り、吉川元春は秀吉の策に激怒。羽柴軍追撃を主張しますが、この頃すでに毛利家中は織田家に通じていた者もいたため統率を欠いており、岡山では秀吉配下の宇喜多秀家らが防備を固め、さらに瀬戸内海の村上氏の一族が織田方に付くなどしていました。小早川隆景はこのような状況では追撃は不可能と考え、元春を説得し天下の情勢を見守ります。

13日、途中、神戸(織田)信孝や池田恒興らと合流した秀吉は山崎(摂津と山城の国境)において明智光秀の軍と激突することになります。

備中高松城水攻め

mixiチェック
備中高松城跡天正10(1582)年5月、安土に家康が訪れている頃、備中(岡山県西部)の高松城を攻めている羽柴秀吉は、危機を迎えていました。秀吉が備中に出陣したのは、この年3月15日ごろ。武田勝頼が自刃した4日後。

3月19日、秀吉は配下の宇喜多氏の城・沼城(岡山市)に入城。毛利方が対織田戦に備えて足守川(くもつ川・えつた川)周辺に築城した「境目七城」と呼ばれる七つの城、宮路山城・冠山城・備中高松城・鴨城・庭瀬城(以上岡山市)・日幡城・松島城(以上倉敷市)をいかに攻略するか検討を始めます。

4月11日、秀吉は、日幡城の城主・日幡六郎兵衛と毛利氏から派遣された上原元祐に調略を仕掛けます。六郎兵衛は拒否しますが、小早川隆景の義弟に当たる上原元祐は内通し、六郎兵衛の弟や家臣らを味方につけ六郎兵衛を謀殺。日幡城は秀吉の手に落ちます。

14日、秀吉は冠山城を攻め落とし、宮路山・鴨両城も陥落。敗走した兵らは備中高松城に逃げ込み城兵は、毛利氏からの援軍2千も含め5千になります。
さらに毛利氏からは、小早川隆景が出陣し、備中福山城(岡山県総社市)に布陣。秀吉も、備中高松城北方の竜王山に布陣。

27日、両者にらみ合いが続く中、秀吉は備中高松城に力攻めを仕掛けますが、周囲が沼に囲まれた城に攻めあぐね、3万もの兵を動員しながら惨敗を喫し退却。

5月上旬、再び力攻めを強行するも結果は同様。作戦を「水攻め」に切り替えます。
8日から堤防作りに着手。秀吉は莫大な資金を投入して周辺の領民らを雇い、12日後の20日頃には堤防工事は完了。
せき止めていた足守川の水を一気に流し込み、備中高松城はあっという間に周囲を水で囲まれ孤立します。

21日、このような状況下、毛利輝元率いる本隊が救援のため到着。これよりも早い時期に吉川元春も到着しており、秀吉軍は、兵力において劣勢にたたされます。

秀吉は備中高松城に迫った頃からたびたび信長に援軍要請をしていたようで、毛利本隊到着の数日前には安土の信長のもとに毛利本隊接近の報せは届けられていたようで、信長は明智光秀をはじめ細川忠興や池田恒興・高山重友らを援軍の先陣として出陣させることを決めます。
毛利氏との決戦は目前に迫っていました・・・


※主に 『秀吉 戦国城盗り物語』(外川淳著)を引用・参考にしました。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ