毎週日曜日の朝、見ているNHK教育テレビの『新日曜美術館』。今回、取り上げられたのが「岩佐又兵衛」。「?」いまいちピンときませんでしたが、荒木村重の子と紹介され「あっ!そういえば」と思いだしました。『織田信長 101の謎』(川口素生著)で松永久秀の子孫の俳人・松永貞徳とともに紹介されていた人物。

又兵衛は、天正6(1578)年に村重の子として摂津・有岡城で生まれています。何月の誕生かは不明ですが、この年10月、父・村重は信長に反旗を翻し、又兵衛波乱の人生が始まります。
翌天正7年、村重が逃亡後の12月、有岡城に残された村重一族の多くが処刑される中、乳飲み子だった又兵衛は乳母の機転で落城寸前に城を脱出し石山本願寺で匿われ母方の姓「岩佐」を名乗り生活。(過去の記事参照 ⇒ 有岡城陥落 〜其の三 人質の処刑〜 )
天正8(1580)年には保護してくれていた本願寺も信長に降伏。しばらくは京で暮らし絵師として活躍していたようです。40歳くらいの時、越前福井藩に召し抱えられたようです。60歳くらいのときには三代将軍徳川家光に請われて江戸に出仕。多くの名作を残し慶安3(1650)年江戸で没しています。ちなみに又兵衛は“浮世絵の元祖”ともいわれているようです。

今回、番組で取り上げられていた作品は『山中常盤物語絵巻』を中心に、『上瑠璃物語絵巻』や『旧金谷屏風』『三十六歌仙図』『洛中洛外図屏風』など。

『山中常盤物語絵巻』では、源の義経の母・常盤御前が盗賊に殺害される場面や義経が母の敵を討つ場面が恐ろしげなタッチで描かれている一方、『洛中洛外図屏風』(信長が謙信に贈った屏風とは別)では京の人々の生活が楽しく描かれているのが印象的でした。

今朝の放送を見逃した方は、今晩20:00から同局で再放送があるので興味がある方はご覧になってみてはいかがでしょうか・・・ん? 20:00といえば大河『天地人』の裏番組になりますね〜お気をつけあれ(笑


岩佐又兵衛―浮世絵をつくった男の謎 (文春新書) 『岩佐又兵衛―浮世絵をつくった男の謎 』辻惟雄著 (文春新書)


余談ですが松永久秀の子孫「松永貞徳」に関しては過去の記事でも少し取り上げています、良かったら読んでみてください。
⇒ 2007年11月4日:「斎藤道三の子孫 俳諧師・斎藤徳元」