徳川の城
多くの方がお盆休みを終え仕事再開の中、遅れて夏休みに入った管理人ですが、水曜日に江戸東京博物館で開催中の『徳川の城』展へ行ってまいりました!また江戸博か・・・



今回の展示は、徳川幕府によって諸国の大名に命じて築城・改修等が行われた”天下普請”の城の絵図面の展示が主でした。ちなみに天下普請によって築城・改修等が行われた城は以下の城があります。




江戸城(武蔵国・東京都)・・・徳川将軍家の居城

名古屋城(尾張国・愛知県)・・・家康の九男・義直の居城

大坂城(摂津国・大阪府)・・・豊臣家滅亡後、跡地を埋立新たに築城

高田城(越後国・新潟県)・・・家康の六男・松平忠輝の居城

駿府城(駿河国・静岡県)・・・将軍職を譲り、大御所となった家康の居城

加納城(美濃国・岐阜県)・・・家康の娘婿・奥平信昌の居城

福井城(越前国・福井県)・・・家康の次男・結城(松平)秀康の居城

彦根城(近江国・滋賀県)・・・徳川家重臣・井伊氏の居城

膳所城(近江国・滋賀県)・・・徳川家臣の戸田氏のち本多氏居城

二条城(山城国・京都府)・・・徳川将軍家の京での居城

丹波亀山城(丹波国・京都府)・・・徳川家臣・岡部氏の居城

篠山城(丹波国・兵庫県)・・・徳川家臣・松平氏の居城

※Wikipediaより一部抜粋

※『天下普請』は城郭工事だけではなく道路整備や河川工事などもあります。


 さて今回も『大 関ヶ原展』 同様、個人的にによかったと思う展示ベスト5を発表です。

《1位》
江戸城本丸内部の部屋割り図。正式な展示品名称忘れてしまいましたスイマセン!
大きさは畳4枚分くらいでしょうか?大型図面で、博物館による主要箇所の名称が書かれた透明の板が重ねられていますが、有名な松の廊下の場所もわかり、近くに展示されているCGによる内部の再現映像と合わせてみるといろいろ想像できて楽しかったです。

《2位》
加納城絵図。天守の外観が描かれた図面で、上記の江戸城図面から一転、A4サイズほどの小さな図面ですが、織田信長・信忠・信孝・秀信ら織田家が長年城主を務めた岐阜城を移築したという説もあり、興味深かったです。

《3位》
旧江戸城写真ガラス原版。これは14枚だったでしょうか?幕末の江戸城の写真とその原版が展示されていました。いろいろな書籍で幕末の江戸城の写真を見ることはありますが、ガラス原版を見る機会はなかなかないので良かったです。

《4位》
朝鮮通信使図屏風。朝鮮通信使の行列が絵が描かれた屏風ですが、江戸城の内部や警備にあたる武士も描かれ、当時どのように外国の使節を受け入れたかがわかる貴重な屏風だと思いますが、個人的には使節団の下働きの人たちでしょうか?暇そうに寝転んだり、ふざけあっている人物も描かれていてそちらの方が面白かったです。

《5位》
黒漆桐鳳凰文様金銀蒔絵 貝合道具。貝殻のペアを見つける神経衰弱のような遊びの道具ですが、江戸時代には(それ以前から?)嫁入り道具の一つにもなっていたとか。大奥のお姫様たちも遊んだのでしょうか?展示されていたのは大河ドラマの主人公にもなった13代将軍・家定の正室である天璋院(篤姫)所用と伝わるモノ。これで宮あおいちゃん(じゃないだろ!!)が遊んでいたのを想像すると・・・
失礼しました・・・


最初にも触れたように今回の展示は基本的に城郭の絵図面が中心なので私も含め城郭に詳しくない方には難しい展示内容かもしれませんが、CGによる江戸城内の再現映像や館内設置のタブレットを利用した展示、大奥の道具類なども多数展示されていますので興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

もし城郭に詳しくないけど行ってみたいとお考えの方には、博物館で借りることができる音声ガイドレシーバーを利用することをお勧めします(私も借りておけばよかった・・・反省)


【公式サイト】 江戸東京博物館 『徳川の城 〜天守と御殿〜』  9月27日まで