もはや滅亡寸前の当ブログですが、毎日多くの方がアクセスしていただいているようでホントありがたいやら申し訳ないやら複雑な心境です。

さて約一ヶ月ぶりの更新ですが、今日の新聞では、龍造寺隆信の居城・村中城の遺構の発見、明日は桶狭間古戦場まつりの万灯会があり古戦場公園では信長と義元の新銅像の除幕式やおけわんこの“初陣”があったり、テレビではロンブー田村淳さんが安土城や犬山城・熊本城をクイズを交え面白おかしく紹介する『おしろツアーズ』(16日16:05〜)が放送されるなど真面目な戦国ネタはたくさんあるんですが、そんな中選んだネタはタイトルのコーエーが発表した新作『戦国アンジェリーク』 (※5/16追記:現在のところマンガ化されるだけのようです)

コーエーと言えば『信長の野望シリーズ』や『戦国無双シリーズ』で有名なゲームメーカーですが、その硬派なイメージから一転、“どうしちゃったんだ?”と言いたくなるような新作を発表。あまりのインパクトに久々の更新ながらこのネタでブログを書かせてもらいます。コーエー同様、管理人もどうかしてしまったようです(笑

今回の新作『戦国アンジェリーク』は『アンジェリーク』の戦国版らしいんですが、そもそもアンジェリークがわからない管理人。調べてみると女性向け恋愛シミュレーションゲームだそうです。戦国版ではなんと信長が美少女の織田・アンジェリーク・信長となって政宗や幸村らと恋愛を繰り広げる内容だそうです。

思えば昨年、佐藤賢一さん原作の小説『女信長」が黒田メイサさん主演で舞台化されたりしているので、コーエーもその辺りを意識したのかもしれませんが、戦国(歴史)がブームと言われ、歴女と呼ばれる女性たちが増えてはいるものの、このゲームマンガ、はたして受け入れられるんでしょうか?
コーエーの一か八かの?大勝負、桶狭間合戦のような挑戦の勝敗の行方はいかに!
・・・考えてみるとコーエーはアダルトゲームの先駆け的存在。原点?に帰ったというべきか?!

※『戦国アンジェリーク』は現在のところ漫画化だけでゲーム化はされないようです。誤った情報、申し訳ありませんでした。


【ネタ元】ロケットニュース24「トチ狂った!? 美少女になった織田信長の恋愛ゲーム登場!」


【その他の話題】
『桶狭間古戦場まつり 万灯会』

龍造寺隆信の居城・村中城、初の遺構確認 (読売新聞:5/15)

『おしろツアーズ 絶対行きたくなる! おもしろ名城旅』 5月16日16:05〜