戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



日野富子

足利将軍家と日野家

mixiチェック
日野富子は、永享12(1440)年の生まれで、康正元(1455)年8月、八代将軍・義政の正室になっています。時に義政20歳、富子16歳。

応仁・文明の乱では、優柔不断な言動が目立つ将軍・義政と対照的に政治手腕を発揮することも度々あったような印象の富子。

その富子の実家・日野家は、代々朝廷に仕えた名門の公家で、足利将軍家に多くの正室を送り出していました。

3代義満の正室は大納言・日野時光の娘・業子。業子の死後、権大納言・日野資康の娘・康子。

4代義持の正室は権大納言・日野資康の娘・栄子。

6代義教の最初の正室には大納言・日野重光の娘・日野宗子。妹の重子は側室となって、7代・義勝と8代・義政を生みます。

このような関係から、日野家は将軍家に次ぐ権力を有し、6代将軍・義教は、その存在が疎ましくなり、日野家を排除する行動をとっています。
正室・宗子の死後、側室から正室となったのは日野家の出ではない三条尹子。しかし、子が出来なかったのか、結局、尹子は宗子の妹・重子が生んだ義勝を養子として迎えます。その結果、義教死去後、義勝が7代将軍に就任すると生母の重子の発言力が増し、再び日野家の影響力が復活。

7代将軍・義勝は10歳にして死去してしまい、急きょ弟の義政が8代将軍となります。義政が将軍に就任したのが宝徳元(1449)年。その6年後、富子が嫁いできて日野家の影響力は益々大きくなっていきます。さらに義政の弟で一時将軍後継候補でもあった義視の正室には富子の妹・妙音院がなっています。

富子は実子・義尚を将軍職に就けるため反義視派と手を組み、その9代将軍就任を成し遂げていますが、仮に義視が将軍になっていたとしても日野家としてはその影響力を保持することができ、その政略は抜け目のないものでした。

10代を継いだ義視の子・義稙(義材)の正室は不明ながらも、その母は日野富子の妹。

11代義澄の正室は日野永俊の娘で日野富子の姪にあたる安養院で、その子供が12代義晴ということで13代義輝と15代義昭にも日野家の血が受け継がれていることになります。

その日野家の権力を背景に富子の兄・勝光も応仁・文明の乱では暗躍し、最終的には左大臣まで昇進し、権威の大きさから「押大臣」とも評されたそうです(ウィキ参照)。なんとなく信長時代の近衛前久を思わせる活躍ぶりのような気がします。

しかし、日野家の絶頂期は応仁・文明の乱終結直後までだったようで、その後足利将軍家の衰退と共にその影響力は低下。その後、歴史の表舞台で活躍することは少なかったようですが、現代までその血は受け継がれているようです。

足利義尚と義視 〜将軍職後継問題〜

mixiチェック
文明5(1473)年3月に山名宗全、5月に細川勝元が相次いで死去したことで応仁文明の大乱は大きな転換点を迎えます。
もともと管領畠山家の家督問題に端を発したこの大乱は、その後他家を巻き込みそれぞれが分裂し、畠山家の家督問題前からくすぶっていた将軍家の家督問題も絡み合い日本国内は大混乱に陥りました。

ちなみに宗全・勝元が死ぬ前の両陣営の顔ぶれは以下のようになっています。(すでに没した武将も含まれています。ちなみにあってますか〜?)
【東軍】八代将軍・足利義政、細川勝元、畠山政長、斯波義敏、土岐政康、大内道頓、朝倉孝景(西⇒東)など

【西軍】義政の弟・足利義視(東⇒西)、山名宗全、畠山義就、斯波義廉、土岐成頼、大内政弘など

さて将軍継嗣問題ですが、義政は当初、浄土寺に入っていた義尋(ギジン)を還俗させ養子とし、義視と名乗らせその後見に細川勝元を指名していました。
しかし、寛正6(1465)年11月義政の妻・富子が義尚を生んだことで状況は一変します。

富子は義視にわが子は仏門に入れると約束していましたが、義尚の成長と共に将軍職につけたいと考えはじめ、兄・日野勝光や山名宗全と協力し、義視・細川勝元陣営と対立。
文正元(1466)年9月、富子や宗全らの動きに危機感を覚えた義視は細川邸に逃げ込みます。

応仁元(1467)年8月、西軍方の大内政弘が周防から大軍を率い上洛すると義視は東軍の敗北を予感し伊勢に逃亡。しかし、翌応仁2年4月に将軍義政は、義視を後継者とするつもりだったようで伊勢より京に呼び戻します。
義視はこれを機に日野勝光らの排除を訴えますが聞き入れられず、幕府内の対立が深まり義視は孤立。細川勝元も反義視派の意見を抑えることができなくなり、義視に出家を勧め、比叡山に上らせます。

これにより義尚が次期将軍最有力候補となり幕府内は将軍家の問題は収まるかに思えましたが、義視に野心があったのか、山名宗全が幕府での実権を握りたかったのか不明ですが応仁2年11月義視が西軍・山名陣営に入ったため対立は長引くことになります。
文明2(1470)年になると宗全は南朝・小倉宮の末裔とされる人物を擁立、義視もこれに賛同し“幕府的”機構を成立させます。
こうして東西両陣営は泥沼の対立をつづけますが、長引く対立でしだいに両陣営に凱旋気分が漂い始めます。

文明4(1472)年1月、宗全は勝元に和睦を提案。しかし東軍の赤松政則の反対で和平交渉は決裂したため、宗全は死をもってこの混乱を収めようとします。しかし、自刃するも家臣に引き留められ一命を取り留めます。細川勝元も隠居しようとしたという説もあります。

文明5(1473)年3月、自刃した時の傷がもとでに山名宗全が死に、5月には細川勝元も病死(暗殺されたとも)。12月、将軍・義政もこれを機に隠居を決めわずか9歳の義尚に将軍職を譲ります。これにより将軍継承問題も一応の決着をみます。

文明6(1474)年4月、細川勝元の子・政元と宗全の後を継いでいた山名政豊の間で和睦が成立しますが、これに異を唱える者が多く応仁文明の乱は終結までこの後4年を費やすことになります。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ