戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



朝倉敏景

和田合戦と朝倉敏景の越前国盗り

mixiチェック
長禄3(1459)年7月23日、態勢を立て直した守護・斯波義敏派の堀江利真は越前に侵攻。坂井郡長崎に着陣。

8月11日、越前国足羽郡和田荘(福井市和田)にて朝倉敏景(英林孝景)を中心にした守護代・甲斐派の軍勢と堀江軍の戦いが始まります。甲斐派の軍には甲斐一族はじめ朝倉敏景や織田氏そして反利真の堀江一族が参戦。一方の堀江軍には、利真の兄弟や越前国人衆さらに反敏景の鳥羽・朝倉将景やその子・景正、朝倉景契、阿波賀・朝倉良景らが参戦。守護・斯波派と守護代・甲斐氏の戦いは朝倉氏や堀江氏の同族争いでもありました。

戦いは甲斐派が圧勝。堀江利真やその一族、そして反敏景の朝倉一族もことごとく討ち死に。守護代・甲斐派が越前を制圧するとともに朝倉敏景も朝倉一門を統一することに成功します。

12日、京で病床にあった守護代・甲斐常治は病没。越前の戦いの結末は知らぬままだったといわれています。

甲斐常治の死により甲斐派の中核だった朝倉敏景の立場は急浮上。
越前の守護は周防に追放された斯波義敏の子・松王丸(のちの義寛)が継いでいましたがわずか3歳。実権は朝倉敏景や甲斐常治の子・敏光が握っていました。

寛正2(1461)年9月、松王丸は朝倉孝景らの策で将軍・義政から廃嫡を命ぜられ、相国寺に預けられます。守護の座は、足利一門で斯波氏とも血縁がある義廉が継ぎます。ちなみに結婚の時期はわかりませんが義廉の妻は応仁文明の乱で西軍の大将となる宗全の娘と朝倉敏景の娘になります。

寛正6(1465)年12月3日 斯波義敏は赦免され息子松王丸とともに将軍・義政に拝謁。

文正元(1466)年7月24日、将軍・義政は政所執事・伊勢貞親の意見を容れ、斯波義廉を退け、再び義敏を斯波氏の惣領に立てたため、斯波家の内紛に発展。

8月25日、斯波義廉は斯波邸(武衛陣)の明渡しを拒否。義廉は防御を固め、義父の山名宗全も軍勢を差し向けます。

9月6日、 文正の政変で山名宗全に追われ伊勢貞親は京から逃亡。斯波義敏も近江に落ち延び再び斯波義廉が復権。

文政2(1467)年1月、山名宗全は斯波義敏を幕府管領職に推挙。これを義政は受け入れたため畠山政長は解任のうえ畠山家の家督も失います。

1月18日、畠山政長が上御霊社にて挙兵。
すでに書いたようにこれが応仁・文明の大乱のきっかけとなります。

4年後の文明3(1471)年、かねてより越前守護の座を狙っていた朝倉敏景は、西軍・山名方に属していましたが、東軍・細川勝元が越前守護の座と引き換えに東軍に着くよう持ちかけられ寝返り、越前を支配下におさめます。

朝倉敏景は越前守護・朝倉氏5代100年にわたる礎を築き、その子・朝倉宗滴は朝倉義景の代まで朝倉氏を支え続けることになります。

文明13(1481)年、敏景が54歳で没すると、当時の公家・甘露寺親長は「・・・格別に結構である。天下の悪事を始めた張本人である」と日記に記すなど多くの貴族や寺社・荘園領主の非難を浴びています。戦国大名の先駆けといわれる敏景の行動はやがて全国にも広がり150年近い戦乱の世を迎え織田信長はじめ多くの戦国武将が全国各地で活躍し歴史に名を残すことになります。

1471年(文明3年) 〜下剋上、朝倉敏景や長尾景信の台頭〜

mixiチェック
【天皇:後土御門(103代)、将軍:足利義政(8代)】

3月、古河公方・足利成氏派の小山・結城・千葉氏らが伊豆国三島の堀越公方・足利政知を攻める。古河公方派が序盤優勢であったが、山内上杉氏の援軍を得た堀越公方派が反撃。古河公方派は壊滅・敗走。

4月、太田道真(道灌の父)、上野国・舞木城を攻略。
4月、山内上杉氏の家宰で越後守護代の長尾景信(古志長尾氏当主とは別)、下野国に攻め入り、赤見城や樺崎城を攻略。

5月21日、将軍・足利義政、東軍・細川方に寝返った朝倉敏景(孝景)に越前守護への補任を密約。以後、越前平定に向け対立勢力と攻防を繰り返す。

5月23日、東軍に味方する長尾景信、古河公方の上野国館林城、館林舞木城を攻略。

5月30日、将軍・義政、越後守護上杉房定ら関東や奥羽諸将に古河公方・成氏討伐を命じる。長尾景信が古河公方・足利成氏を攻め居城・古河城を包囲。

6月24日、古河公方・成氏、下総・千葉孝胤のもとに逃走。

7月27日、本願寺法主・蓮如、越前・吉崎に北陸布教の拠点となる道場・吉崎御坊を設立。

8月26日、西軍山名氏が南朝皇胤・小倉宮を擁立。

閏8月、毛利豊元(元就の祖父)、京から領国に帰国すると、幕府への不信感から西軍に寝返り、大内政弘に従い旧領奪還。

9月11日、敏景、池田荘の池田勘解由左右衛門尉を攻める。

11月5日、幕府、薩摩・島津立久に琉球渡航船の取り締まりを命じる。

12月26日、大内道頓が豊前・馬岳城で自刃。

【その他の出来事】
1月、郡上八幡の歌人・東常縁(トウ ツネヨリ)、飯尾宗祇(ソウギ)に古今伝授を許す。
9月12日、桜島(向島)が噴火。文明大噴火。多数の死者が出る。

【生】
武田信縄:甲斐守護職武田家の第17代当主。信玄の祖父。

千葉勝胤:本佐倉城城主。

伴野貞祥:武田信玄家臣。信濃国前山城主。

長尾為景:越後守護代・越中国新川郡分郡守護代。上杉謙信の父。

二条尚基:公卿。二条政嗣の子。



【没】
北畠教具:伊勢国司北畠家の第4代当主。東軍所属。病死。(3月23日、享年49歳)

武田信賢:若狭武田氏の第2代当主。東軍所属。病死。(6月2日、享年52歳)

栂野和泉守:朝倉敏景(孝景)の家臣。池田荘攻めの際、討ち死に(9月11日、享年?)

山名豊之:伯耆守護。足利義政の御供衆。西軍所属。謀反により謀殺。(9月、享年?)

大内道頓:大内持盛の子。東軍所属。自刃。(12月26日(※1472年)、享年42歳)


【織田信長誕生まであと63年】



※主に戦国150年ニュース―戦国時代をフォーカス! (別冊歴史読本 (23))を引用・参考にさせていただいています。

■朝倉敏景

mixiチェック
ここで戦国時代を語る上で重要な人物である、朝倉敏景(1428〜1481年:正長元年〜文明13年)について書きたいと思います。

この朝倉敏景(別名・孝景)は前述の「織田家発祥の地」である越前に朝倉氏5代100年の基盤を築いた人物で、戦国時代の先駆者といえる人物なのです。

朝倉氏は織田氏同様、越前守護の斯波氏の家臣でした。
朝倉敏景の代になり三家老の一人に昇進しました。

1452(享徳元年)その後の応仁の乱の引き金になる出来事が起こります。
守護の斯波義健が死にます。その養子の義敏が三家老(甲斐・朝倉・織田)により追放され、義廉を新たに養子とします。

三家老の推す斯波義廉は西軍の山名宗全に属していましたが、東軍の細川勝元が謀略を仕掛けます。

三家老の一人、朝倉敏景に「寝返れば越前の守護にする」と持ちかけます。
宿願を果たすべく、迷わず東軍に寝返り他の家老と争います。

朝倉敏景は、これにより応仁の乱の中頃(1472年頃)には、越前をほぼ手中に収め斯波氏より守護の座を奪ってしまったのです。
下克上の始まりですね。

この朝倉敏景という人物は合理的精神の持ち主で、信長を思わせるようなところがかなりあります。

それが敏景の定めた家訓・朝倉敏景十七箇条(三楽堂さんのHPに詳しく書かれています)に表れています。

そして、この朝倉家は同じ合理的精神の持ち主である織田信長によって滅ぼされます。(1573年のことになますね)

北条早雲といい朝倉敏景といい、初代は偉大な人物なのに、ともに5代目で滅んでしまうとは、皮肉ですね。

sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ