戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



柴田勝家

本能寺の変後の諸将 〜其の三 柴田勝家と魚津城攻め〜

mixiチェック
天正10(1582)年6月3日、柴田勝家率いる北陸遠征の織田軍は上杉方の魚津城を攻略します。

この魚津城は越中(富山県魚津市)にある 松倉城の支城で越後(新潟県)との国境にあり、越後の上杉景勝の勢力下にありました。

天正10年3月、甲斐の武田家を滅ぼした織田軍は東国における次の目標を越後上杉家に定め北陸方面を担当していた柴田勝家やその配下に加わっていた前田利家や佐々成政、佐久間盛政らが1万5000(4万との説も)の軍勢で上杉家の属城・魚津城を包囲。城将らは景勝に救援を求めます。

しかし、前年末頃から年明け頃に越後北部の揚北衆と呼ばれる阿賀野川以北の国人領主の中で一大勢力を誇っていた配下の新発田重家が上杉謙信死去後に起こった御館の乱の恩賞への不満から織田家に内通し景勝に反旗を翻しており上杉家は窮地に立たされている状況でした。

4月23日付けの書状で魚津城の中条景泰・山本寺孝長・吉江宗信ら12人の城将は討ち死にする覚悟を上杉家の重臣・直江兼続に告げます。兼続は早速このことを景勝に報告。景勝は3日後に救援に向かうことを約束。

5月1日付けの常陸・佐竹義重宛の景勝書状には織田軍を相手に討ち死にを覚悟する心境を伝えた内容の手紙が残っているようです。

5月19日(15日?)、景勝は5000の兵を率い魚津城の東・天神山に着陣。勝家軍と対峙。
23日、上野(群馬県)から滝川一益が越後に攻め込み、北信濃の森長可も上杉家の居城・春日山城に攻め込む動きを見せます。


27日、景勝は魚津城の救援を断念。魚津の城兵に「恥ではないから織田軍に降伏して越後に帰国するよう」進める書状を送り撤退。

6月3日、城将らは景勝の意思を拒んだのか、織田家が降伏を認めなかったのか不明ですが死を決意。魚津城内の将兵は耳に穴をあけ名前を書いた木札を結び付け自刃。
この時死んだ大将格の者は中条景泰・山本寺孝長・吉江宗信・吉江景資・吉江資堅・寺島長資・蓼沼泰重・安部政吉・石口広宗・若林家長・亀田長乗・藤丸勝俊・竹俣慶綱ら13人。兵の多くも運命を共にしたようです。

6日(7日?)、本能寺の変で信長が死去したことを知った柴田勝家らの織田軍は撤退を開始。
勝家配下の前田利家は領国・能登へ引き返しますが畠山旧臣らが蜂起。佐久間盛政と共に鎮圧にあたります。
佐々成政も越中・富山城に退去。上杉軍の反撃に備えます。
勝家自身も上杉軍の反撃に苦戦しながら退却。魚津城は上杉家に奪還されます。
領国越前にたどり着いたのは16日か17日ごろ
だったと思われ、明智討伐のため江北(滋賀県北部)に入った18日、山崎の合戦で羽柴秀吉が明智光秀を破ったという知らせを受けたようで以後織田家における主導権を秀吉に握られることになります。

加賀平定 〜門徒のもちたる国の消滅〜

mixiチェック
天正8(1580)年11月、石山本願寺で最後の抵抗を続けていた教如が大坂から退去してすでに3ヶ月が経過していたこの時期、依然加賀の本願寺門徒は、織田軍に抵抗する姿勢を崩していませんでした。

加賀国は1488(長享2)年に一向一揆が守護・冨樫政親を自刃させ、加賀一国を手に入れその後100年近くに渡り“門徒のもちたる国”として独自の繁栄を続けていた特殊地域でした。その為、顕如・教如父子が信長との和睦を受け入れたにもかかわらず、独自の道を歩んでいたのかもしれません。

信長は本願寺との和睦の条件のひとつに『一、大坂退去後、加賀の本願寺領は返還する』の一文を掲げていましたが、加賀門徒の織田家への敵対姿勢は、織田軍の加賀侵攻の口実になってしまったのかもしれません。

11月17日、北陸方面攻略を任されている柴田勝家は加賀門徒の指導者たちを一斉に捕らえるという強硬手段に出ます。

勝家は謀略を用い、門徒の指導者である若林長門・雅楽助・甚八郎父子、鈴木義明・右京進・次郎衛門・太郎父子やその他岸田常徳・窪田経忠ら総勢19人を捕らえことごとく処刑。その首を安土の信長のもとへ届けます。
信長は首を松原町(安土城下町・現在の安土駅北側)で晒すよう命じます。

指導者層を失った門徒たちに、もはや織田家に敵対する能力はなく100年近くに渡り門徒が支配した加賀は、織田家により平定され、信長も大いに喜んだそうです。

石山本願寺との和睦 〜其の三 顕如、大坂退去〜

mixiチェック
天正8(1580)年閏3月9日、石山本願寺の顕如が和睦を受け入れたわずか4日後のこの日、こう着状態が続いていた北陸方面の柴田勝家が攻略を進めていた加賀(石川県南部)で本願寺一向一揆と織田軍の大規模な戦闘が行われます。

勝家は添川・手取川を越え宮ノ越(金沢市)に本陣を構えます。一向一揆は野々市砦に立て籠もり抵抗。勝家軍は、これを攻め多数討ち取ると兵糧を奪い取り、さらに各地を焼き払い進軍を続けます。快進撃は止まらずついに越中(富山県)国境を越えるまでに至り、安養寺越え(石川県・鶴来町)付近も焼き払います。

さらに木越(金沢市)の寺内町に攻め入り一向一揆を多数討ち取ります。

また、能登方面(石川県北部)では、織田方の長連龍が勝家軍と呼応し、各地を放火しながら進軍、飯山(羽咋市)で上杉方の温井景隆を打ち破ります。

この時、勝家のもとに顕如が和睦を受け入れたとの情報が届いていたかは不明ですが、和睦の話が進んでいることは当然知っていたと思われ、約4年にわたり加賀方面を攻めながら大きな戦果をあげられなかった勝家が功をあせり強攻策に出たのか、または信長から和睦が成立する前に加賀を平定するよう密命を受けたのかは不明です。

閏3月11日、信長はこの日付の書状で、各地で本願寺勢力と戦闘を続けている諸将に『矢留』といわれる停戦命令を発布。
この命令を受けた主な武将は、本願寺攻めの総大将佐久間信盛・信栄父子、石山本願寺の海上封鎖を受け持つ九鬼義隆・滝川一益、播磨・英賀と交戦している羽柴秀吉、そして、はっきりはしませんが柴田勝家も命じられたものと思われます。

4月9日、顕如は門跡(宗主)の地位を嫡男・教如に譲り、大坂を退去。紀州鷺森(和歌山市)へ移ります。妻の如春尼(北の方)や下間頼総ら主だったものは顕如に従います。

しかし、新門跡・教如は和睦反対派(雑賀衆や寺内町衆ら)が、当分は石山に在城した方がいいとの意見を受け入れ、この後も信長に抵抗を続けることになります。

柴田勝家vs上杉謙信 〜其の二 手取川の合戦〜

mixiチェック
上杉謙信(上杉神社蔵)
1577(天正5)年8月8日、柴田勝家を総大将として、出陣した織田軍ですが、その翌日、上杉謙信は加賀・御幸塚城の七里頼周に宛、必ず援軍に駆けつける旨の書状を送ります。

8月17日、謙信に呼応するように松永久秀・久通父子が、本願寺包囲のために任されていた天王寺砦を引き払い所領の大和・信貴山城(奈良・生駒郡)に立て籠もります。 (この詳細は後日記載したいと思います)

9月に入り、能登・七尾城を取り囲んだ謙信ですが、城は峻険な地にあり、その攻略に手間取ります。

一方の織田軍も加賀の一向一揆勢相手に苦戦を強いられ思うように進軍できずにいました。それと共に敵勢力下にあり、上杉軍の正確な情報が得られないため、織田陣中では、秀吉の戦線離脱に見られるように意見がなかなかまとまらない状況だったようです。

9月15日、事態は急変します。七尾城内で親上杉派の遊佐続光が温井景隆らと共謀し、親織田派の長一族を女子供にいたるまで殺害してしまいます。
これにより七尾城は謙信の手に落ちることになります。

七尾城を攻略した謙信は、後顧の憂いが無くなりいよいよ加賀救援のため南下を始めます。

9月23日、手取川付近で織田軍と上杉軍はついに遭遇します。
ここで史実では上杉軍が退却する織田軍に猛攻を加え、織田軍は討ち取られる者、川に流され死ぬ者がが続出し、惨敗を喫したとされています。

しかし、この戦いについては『信長公記』によると、「織田軍は加賀方面で農作物をなぎ倒し、(七里頼周の守る御幸塚城付近に?)に砦を築き佐久間盛政(勝家の甥)を配置し、さらに大聖寺にも砦を築き10月3日に撤退」とかかれているだけで、さらに他の良質な史料にも記されていません。ちなみに本願寺方の史料にも書かれていないようです。

この記述があるのは、良質な史料とされる『歴代古安』に収録されている謙信の書状創作が多いとされる俗書『北越軍記』にしか登場しません。

謙信はこの書状によると、信長自身が出陣していると思い込んでおり、「七尾城の陥落を織田軍は知らず、信長は謙信自身が出馬してきたと聞いて(恐れをなして?)、9月23日夜・敗走し、(上杉軍は織田の兵)千人討ち取り、その他の織田兵は大雨で氾濫した手取川に流され多くが死んだ」というような記述をしています。

後世「上杉に逢(お)うては織田も名取川(手取川)、はねる謙信逃(にぐ)るとぶ長(信長)」と歌われた、上杉謙信と織田軍の最初で最後の戦い、織田軍の負け戦ではありましたが、実は謙信が書いたような戦いではなく、単なる小競り合い程度だったのかもしれません?

柴田勝家vs上杉謙信 〜其の一 秀吉の戦線離脱〜

mixiチェック
1577(天正5)年閏7月、上杉謙信が能登七尾城攻略のため出陣します。七尾城は代々守護の畠山氏の居城となっていましたが、この頃には城主不在ともいえる状況になっており、実権を握っていたのが、親織田派の長氏と親上杉派の遊佐氏でした。

謙信の出陣を受け、長綱連は信長に援助を要請します。

謙信とは長年友好関係を保ってきましたが、武田家の衰退と信長の勢力拡大により、徐々に関係は悪化していました。危機感を抱いた謙信は1576(天正4)年5月、それまで敵対していた加賀門徒と和睦していました。

この能登が謙信の勢力下になれば北陸戦線が非常に困難なものになることは必定。
信長はついに謙信との戦いを決意します。

1577(天正5)年8月8日、柴田勝家を総大将として、まず加賀に出陣。一向一揆衆を相手にしなければなりませんでした。

この時、勝家の配下には滝川一益・羽柴秀吉・丹羽長秀・斉藤新五・氏家直通・稲葉一鉄・不破光治・前田利家・佐々成政・金森長近など織田家のそうそうたる家臣が従っていました。兵の数は3万ほどでした。

加賀に入った織田軍は苦戦しながらも、添川(九頭竜川)・手取川(大聖寺川)を越え、
一向一揆衆の砦などを攻略します。

しかし、ここで織田陣中で大事件が発生します。
秀吉と勝家の意見が衝突。不満を抱いた秀吉が戦線離脱。配下の兵を引き連れ無断で所領に引き上げてしまいます。

完全な軍令違反。これを知った信長は激怒。
『信長公記』には「秀吉は進退に窮した」と書かれています。
秀吉としては切腹覚悟の戦線離脱だったと思いますが、その理由はなんだったのかは分かっていません。

信憑性では大きな疑問符がつく『武功夜話』には、「勝家が秀吉に手柄を上げさせないため後方に回した」とか「松永久秀、謀反の情報をつかんだ秀吉が、これ以上の進軍をやめるよう進言したが聞き入れられなかった」ということが書かれているようです。

どんな理由であれ、軍令違反は重罪です。しかし、秀吉は「上様(信長)は自分を殺しはしない」という自信があったように思います。
結果としては、信長はこの後、謀反を起こした松永久秀の討伐に秀吉を参加させ事実上、軍令違反を不問に処しています。

この一件で、自信を深めた秀吉は、もしかしたら徐々に信長を軽視しはじめ、それとともに大きな野心が芽生えたかもしれません??

秀吉の戦線離脱で、織田軍はさらに苦戦を強いられることになります。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ