戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



武田勝頼

武田勝頼、新府城へ移る 〜迫る武田家の危機〜

mixiチェック
天正9(1581)年11月、人質としていた織田勝長を送り返すことで、織田家との関係修復・和睦を模索した武田勝頼ですが、織田家から期待していた返答を得られず窮地に追い込まれてしまいます。

天正3(1575)年、勝頼は長篠・設楽原合戦で織田・徳川連合軍に大敗を喫し重臣の多くを失い武田家は弱体化し、天正9年3月、要所・高天神城が徳川家康の攻撃で落城したことにより防衛強化が迫られます。

そこで勝頼と従兄弟であり義兄の関係でもある穴山信君(梅雪)が甲斐国内に築城することを進言。
亡き父・信玄は『人は城、人は石垣、人は堀〜』を信条とし、甲斐自体も山に囲まれ天然の要害にもなっていたため国内に城を築きませんでしたが、すでに状況は危機的なものになっており勝頼は築城を決断します。

天正9(1581)年3月下旬?真田昌幸を普請奉行に任命し新府城(韮崎城:山梨県韮崎市)の築城をはじめます。この城は七里岩台地上にある平山城で、この地は信君の領地だったそうです。一説には、このときすでに信君は徳川家康に通じていたともいわれており、信君は、この城を自分の居城にしようと考えていたのかもしれません??

11月、織田家との和睦が不調に終わった勝頼は、織田・徳川との決戦に備えます。

12月24日、勝頼は織田・徳川連合軍が甲斐侵攻の時が間近に迫っていることを悟り躑躅ヶ崎館から未完成の新府城に慌しく移ります。

しかし、この時すでに武田家中に織田や徳川に内通している者がおり、内部崩壊が始まっていました。

天正9年正月、武田軍動く 〜緊迫する高天神城情勢〜

mixiチェック
天正9(1581)年1月、信長48歳。この年の正月も信長家臣団は各地で交戦状態だったため信長は年頭の出仕を免除します。そんな中、馬廻り衆だけには接見するつもりだったようですが雨の為、中止となりました。

元日のこの日、信長は15日に行われる『左義長(さぎちょう)』の準備のため菅谷長頼・堀秀政・長谷川秀一を呼び出し、安土城下町に馬場を築くことを命じます。早速この日から工事が始められます。馬場は、安土山の西、琵琶湖(西の湖)近くに南北数百メートルの直線道路が築かれたようで現在も馬場(ばんば)の地名が残っています。

2日、安土城下町の最南端(?)に位置する沙々木神社で能が演じられます。これは信長が鷹狩りで獲った雁や鶴などを町民たちに下賜するということで、その感謝の意味をこめて行われたようです。

3日、前年10月より徳川軍が包囲していた武田方の高天神城(城主・岡部元信、副将・横田尹松)を救援するため武田勝頼が出陣したという報告がもたらされます。織田信忠は、早速岐阜城を出立。尾張・清洲城に入り、武田軍の動きを警戒します。

4日、信長は水野直盛・忠重と大野衆(信長甥・佐治一成一族?)にも出陣を命じ、高天神城の西に築かれた徳川方の横須賀城(静岡県小笠郡大須賀町・松尾町)を守備させます。

武田勝頼の来援に備えていた織田・徳川連合軍でしたが、勝頼自身は、この時期、織田・徳川と連携して動いていた北条軍と三島(静岡県三島市)で対峙中で、高天神城の救援に向かうことは出来なかったようです。高天神城内の兵糧は五ヶ月に渡る籠城で尽きようとしていました。

勝頼は亡き父・信玄が落とせなかった高天神城を落城させたことで内外にその実力を示していましたが、その城の落城は目前に迫っていました。

織田・北条同盟 〜拡大する織田政権〜

mixiチェック
やや話し戻って、滝川一益の調略により有岡城を占拠した天正7(1579)年10月頃のこと。

天正7(1579)年10月、この頃信長と北条氏政は正式に同盟を結んだようです。
すでに9月の段階で氏政は弟の氏照を信長のもとに派遣。鷹を献上し誼を通じていました。

10月25日、氏政は再び6万もの軍勢を率い甲斐の武田攻めに出陣。三島(静岡県三島市)に布陣。武田勝頼もこの動きに対し富士山の麓、三枚橋に布陣。両者は黄瀬川を挟んで対峙します。徳川家康は時を同じくして出陣。駿河に攻撃を仕掛けます。

29日、越中(富山県)の神保長住が葦毛の馬を献上。長住は謙信の死後、信長の援助により越中・富山城を奪還しており、神保氏は越後・上杉、信濃・武田への備えを担っていたと思われます。皮肉にも武田勝頼は父・信玄の仇敵であった上杉氏以外周囲を織田方の大名に囲まれる状況に追い込まれていました。

30日、荒木村重攻めの本陣・小屋野にいる織田信忠のもとには降伏を許された宇喜多直家の代理・基家(弟・忠家の子)が挨拶に訪れます。

このように荒木村重や別所長治のように信長を裏切る大名が相次ぐ一方、西に東に信長に味方する大名も次々と現れ織田政権は拡大していきます。

さらに信長は朝廷との友好関係を深めることも怠りません。

11月5日、工事が完了した二条新邸を皇室に献上。
陰陽博士の選定により22日が吉日ということで東宮(誠仁親王)が移ることになります。

12月には荒廃していた石清水八幡宮の修築を信長直轄領の山城代官・武田佐吉・林高兵衛・長坂助一に命じます。このように京の町衆の心を掴むことも忘れない信長でした。

12月18日、信長は二条新邸の東宮のもとに参内し金銀・反物を献上。
19日、信長は雨の中、安土に帰国します。

徳川・北条同盟成立 〜武田包囲網と佐竹義重の苦悩〜

mixiチェック
佐竹義重
天正7(1579)年9月、荒木村重が摂津・有岡城を脱出した頃、東の武田攻めで大きな動きがありました。

9月5日、徳川家康と相模の北条氏政が同盟を結びます。
武田家と北条家は、上杉謙信死後の景勝と景虎の家督相続争い(御館の乱)を機に関係が悪化。武田勝頼は、上杉景勝と誼を通じており、この徳川・北条同盟により完全に断交に至ります。勝頼は、この同盟に対抗し、翌10月には、妹・菊を景勝に嫁がせ上杉家との関係を強めます。

9月11日、京に滞在していた信長のもとへ氏政の弟・氏照が訪れ、鷹三羽を献上。織田家とも友好関係も深め、織田・徳川・北条による武田包囲網は強固になります。

13日、勝頼と氏政は駿河(静岡県)・黄瀬川で氏政と対陣。この間に氏政は家康に出陣を要請。家康は、武田方の駿河・持船城を攻略。

25日、勝頼は、氏政との対陣を切り上げ、徳川攻めに向かいます。しかし、家康はこの動きに対し、勝頼との対決を避け遠江に撤退してしまいます。

この徳川・北条同盟でもう一人微妙な立場になった大名がいました。常陸(茨城県)の佐竹義重です。

佐竹義重は、北条氏とは長年対立関係にあり、上杉氏とは反北条同盟を結んでいた時期があり、武田家とは、同じ清和源氏の血筋で、一時信玄と反北条同盟を結んでいました。後に武田家とは、織田家との友好関係を重んじため疎遠になっていましたが、勝頼は、同じ清和源氏として反北条同盟を再び築こうと義重に接近していたようです。

足利義昭は、信長に奉じられて上洛する前に佐竹義重にも幕府再興を呼びかけていたようで、中央でもその名が知れ渡っていたようです。義重自身も中央の情勢を常に気にかけていたようで早い時期から信長と友好関係を築いていました。

織田家と徳川家は、強固な同盟関係であり、その徳川家が仇敵・北条氏と同盟。
結局、義重は中央の権力者である信長との友好を選択したようで、以後信長が本能寺の変で倒れるまで、北条家とは大きな合戦をしていないようです。
※佐竹氏や北条氏について知識がほとんどないので、この記事に誤りがある可能性があります。私の解釈が間違っていたらぜひお知らせください。


勝頼は、同じ清和源氏で信長と友好関係にある佐竹義重の仲介により織田家との和睦も模索したという説もあります。結局、実現には至りませんでしたが・・・

徳川家康VS武田勝頼 天正6年の攻防

mixiチェック
1578(天正6)年10月の荒木村重の謀反で、西国戦略が大きく狂ってしまった信長ですが、この苦境に盟友である徳川家康はどうしていたのでしょう?話がそれてしまいますが紹介しておきます。

この年3月に上杉謙信が死去し、上杉家では景勝と景虎が後継者争い(御館の乱)を繰り広げ、手薄となった越中や加賀方面では織田家の柴田勝家や斎藤新五郎らが、徐々に勢力を伸ばしつつありました。

そして、同月、家康は、武田方の遠江の高天神城に対する拠点として横須賀城を築城し、さらに五つの砦も築きます。この完成と共に家康は松平家忠らに命じ、半年に渡り断続的に武田方の田中城・小山城などを攻撃させます。

武田勝頼は、上杉家の後継者争いに当初、景虎の兄である北条氏政の要請で景虎派として参戦します。しかし、景勝が一枚上手で、領地である上野郡沼田を武田家に譲って和議を結んでしまいます。さらに景勝は勝頼の妹・菊姫を正室として迎え、同盟を結んでしまいます。

勝頼も西の織田・徳川勢が虎視眈々、駿河・信濃を狙っている状況で、長期戦は望んでいなかったので、早々に有利な条件で和議を結び上杉家の内紛から手を引いたのかもしれません。

6月、勝頼は早くも甲斐に撤退してしまいます。

9月、勝頼に裏切られた北条氏政は、仕方なく自ら景虎の援軍として景虎の援軍に向かいますが、景勝に敗退してしまいます。

10月、荒木村重が謀反を起こしたこの月、北の上杉氏、東の北条氏の脅威が少なくなった勝頼は、徳川を牽制すべく動き出します。大井川を越え遠江に進軍。

11月、横須賀城に迫り、徳川軍とにらみ合いますが、結局合戦には至らず、勝頼は高天神城に撤退することになります。

このような状況で、家康は苦境に陥った信長に援軍を送ることが出来ずにいました。

武田勝頼、動く!〜明智城の落城〜

mixiチェック
武田勝頼
1574(天正2)年1月、越前は本願寺の一向一揆によりほぼ全域を支配されますが、信長はこれに対し、羽柴秀吉や丹羽長秀らを越前敦賀に派遣しますが本格的な攻撃はしませんでした。前述の通り、武田家が再び動き出す気配を見せていたためです。

武田信玄の死は、この時点では隠されていたようですが、すでに周知の事実でした。そして家督を相続したのは、信玄の孫で勝頼の嫡男・太郎(後の信勝)でした。勝頼はその後見役であったようです。

ちなみに武田信勝の母は信長の養女なので、系図的には信勝は信長の孫にも当たることになります。

話がそれましたが、越前の一向一揆と連動するように武田勝頼も信濃から美濃方面へ軍勢を進める気配を見せていました。この情報により信長は越前の一向一揆に対し主力を傾けることが出来ませんでした。

1月27日、武田勝頼が美濃岩村へ軍勢を進め明智城を包囲したとの情報が信長のもとへ入ります。

ちなみに、この時期、美濃・岩村は武田家が支配していました。三方ヶ原の合戦の折、武田軍の別働隊を指揮した秋山信友が岩村城を陥落させています。

2月1日、信長は尾張・美濃の軍勢に出陣を命じます。
5日には自らも嫡子・信忠と共に出陣。御岳(可児郡御岳町)へ進み、翌日、高野(瑞浪市)に陣を構えます。

この一帯は山岳地帯の難所続きで、武田軍への総攻撃に手間取っている間に明智城の飯羽間右衛門尉が武田に内通し、明智城は落城してしまいます。

信長は、明智城の奪還をあきらめ、押さえとして高野と小里(瑞浪市)に砦を築き、高野には河尻秀隆、小里には池田恒興を城番として置き、2月24日、岐阜城に帰還します。

以後、織田・徳川連合軍vs武田勝頼の戦いが繰り広げられることになります。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ