戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



武田家滅亡

武田信豊の自刃 〜武田領平定〜

mixiチェック
天正10(1582)年3月3日、勝頼と別れ武田信豊は再起を図るべく小諸城を目指します。
この信豊は信玄の弟・典厩信繁の次男で信繁の跡を継いだ人物。同じ官職名・典厩を名乗り、小諸周辺を領地としていたということですが真偽ははっきりしないようです。

小諸城は下曽根信恒(覚雲斎)が城代を務めていました。信豊が、わずか20騎ほどを率い撤退してくると信恒は一行を受け入れ二の丸に通します。

16日(これより1〜2日前か?)信恒は勝頼が自刃して果てたという情報を得たためかどうか不明ですが突如、織田方に寝返り、二の丸を包囲し火をかけます。

小諸城内では下曽根勢と信豊勢の戦いが始まりますが、多勢に無勢。信豊配下の朝比奈与四郎が特に奮戦したようですが、信豊が長男・法輝らと共に切腹して果てると、信豊の姪の婿・百井某ら10名と共に切腹。信豊は享年34とも36歳だったとも伝わります。
※信豊と共に切腹したのは長男の法輝で、次男の雅楽は生き延び現在もご子孫の方がおられるそうです。ご指摘してくださった信豊のご子孫様ありがとうございます。

下曽根信恒は信豊の首を織田信忠の陣に持っていき服従の証とします。ただ、信恒は後日、信豊を騙まし討ちにした不忠者として追放処分されることになります。

信忠は信豊の首実検を終えるとこれを信長のもとへ届けます。

16日、飯田に陣を構えていた信長のもとに信豊の首が届けられます。首と共に信長のもとには仁科盛信の秘蔵の馬や勝頼の馬や刀が届けられ、勝頼の馬は信忠に与えられることになります。

信長は武田勝頼・信勝・信豊・仁科盛信の首を京都で晒すよう長谷川宗仁に命じます。四人の首は三条河原で晒されたのち京都・妙心寺に葬られたそうです。

信豊の死により織田軍の武田攻めはほぼ終了し、甲斐・信濃・駿河・遠江・上野など広範囲にわたった武田領は織田信忠の侵攻わずか1ヶ月半ほどで織田の勢力下になります。

信長は一気に領国を拡大しますが、多くの家臣を旧武田領に派遣することになり信長の周辺は手薄な状況になっていきます・・・

越中一揆蜂起 〜勝頼、最後の計略〜

mixiチェック
天正10(1582)年3月11日、武田勝頼は自刃して果てましたが、同じ日、越中・富山城で反信長の一揆が蜂起します。
富山城には、信長の配下となっていた神保長住が城主を務めていましたが、越中の国人・小島六郎左衛門職鎮と加老戸式部の二人が一揆を扇動し、神保長住を城の一角に監禁し、城を占拠します。これは勝頼(または武田家の何者か)が死の直前、越中の国人に宛て、「信長・信忠父子及び織田軍をことごとく討ち果たした」という“虚報”を届け、小島・加老戸らはこれを信じ蜂起したようです。勝頼の最後の計略でした。

しかし、柴田勝家・佐々成政・前田利家・不破直光ら北陸方面軍がすばやく富山城を包囲し、信長に報告。

13日、信長もこの日付の書状に「武田勝頼・信勝・信豊・小山田信茂らをはじめ武田家の重臣らは討ち果たし、甲斐・信濃・駿河は平定したので心配無用。一揆を殲滅せよ」といった内容を書き記し送っていました。ただ、この時点でまだ武田信豊や小山田信茂は健在だったので、信長もまた“虚報”を知らせていたことになりますね。

この日、信長は美濃・岩村(岐阜県)から信濃・根羽(長野県・根羽村)に入り武田の領国に足を踏み入れます。といってもすでにこの地域は織田の勢力下になっていましたが・・・

14日、浪合(長野県下伊那郡浪合村)に着陣。ここで武田勝頼・信勝父子の首と対面。奇しくもこの地(根羽や浪合)は、武田信玄が死んだとされる地でもありました。
※信州駒場(下伊那郡阿智村)説なども有ります。

15日、この日は昼ごろから大雨になったようですが、飯田に入った信長は、ここで勝頼・信勝の首を晒し、織田軍の将兵はこれを見物したそうです。

武田家滅亡 〜其の五 天目山の戦い、勝頼自刃〜

mixiチェック
天正10(1582)年3月4日?、武田勝頼・信勝父子らは、小山田信茂の居城・岩殿山城を目前に思いがけない報せを受けます。信茂は、勝頼一行を迎え入れることが出来ないと伝えてきます。織田軍の圧倒的優勢な状況に織田家に降伏することを決めたようで、勝頼をだまし討ちにしなかったのがせめてもの救いだったように思います。信茂が裏切ったという報せを受けたとも言われていますが・・・

勝頼らは再び山中をさまよい、天目山の麓、田子(田野:東山梨郡大和村)の民家に入り臨時の柵を設け、陣を構えます。新府城を出た時500〜600人いた兵はこの時わずか41人になっていたそうです。

5日、遠く安土では信長がついに近隣の兵を率い武田討伐のため出陣。

6日、4日前に討ち取った仁科盛信の首が、この日信長のもとに届き実検を済ませると岐阜の長良川の河原に晒させます。

7日、一方、先発していた嫡男・織田信忠は甲府に入り陣を構え、武田家一門の捜索を命じ、武田信廉(逍遥軒:信玄の弟)や一条信龍(信玄の異母弟)・海野信親(信玄の次男・竜芳)・山県昌満(三郎兵衛昌景の子)らを捕らえ処刑。
武田家臣の多くが次々と織田家に服属を誓ってきます。

3月11日、信長は岩村に到着。同日、勝頼一行を捜索していた織田軍でしたが滝川一益隊が勝頼らの居場所を突き止め、滝川益重と篠岡平右衛門の隊が勝頼の陣を包囲。

勝頼は、命運尽きたことを悟り、陣の奥に入り妻・北条夫人(氏康の六女)に兄・氏政のもとへ落ち延びるよう進めますが夫人も運命を共にすることを決め、勝頼は夫人を含め付き従った女・子供を一人ずつ引き寄せ刺し殺し、自らも切腹して果てます。享年37歳。

陣の外では勝頼の自刃の時間を稼ごうと、残ったわずかな武士たちが、織田軍に戦いを挑み、その中でも若衆の土屋昌恒は弓矢を取り矢を射つくすまで奮戦し切腹または討ち死に。

勝頼の嫡男で家系図上、信長の孫(信長養女の子)でもある信勝も奮戦したようですが討ち死に、または自害だったとも伝わります。享年16歳。ここに大名家としての甲斐源氏武田の嫡流は滅びることになります。織田軍の侵攻からわずか1ヶ月余りのことでした。

信勝は、死の直前、秋山光次または土屋昌恒のもとで、先祖伝来の「盾無しの鎧」を身に着け元服式を行い、そのまま織田家と戦ったとも伝わっています。

天目山の戦いで討ち死にまたは自害した武田家の者、武士41人、夫人や子供ら50人だったそうです。

勝頼・信勝の首は滝川一益から信忠に届けられ実検を終えると、関可平次と桑原助六の二人に預けられ信長のもとへ送られます。

武田家滅亡 〜其の四 新府城炎上〜

mixiチェック
天正10(1582)年3月3日、高遠城を攻略した織田信忠は上諏訪方面に攻め入り各所を焼き払いながら武田勝頼の籠もる新府城を目指します。

この間、大島城を脱出し高島城に入場していた安中左近大夫は、ここでの防戦も不可能と判断し織田勝長に城を明け渡し退去。深志城の馬場昌房も降伏し、織田長益(有楽)に城を明け渡し退去。

勝頼は次々もたらされる敗報に重ね、信忠が新府城に迫っているとの報告を受けます。
武田家中は大混乱に陥り、勝頼は統率力を失っていました。従兄弟の武田信豊は、なぜか勝頼を守ることなく、一族の下曽根信恒(覚雲斎)が守る小諸城に退去。勝頼は、新府城の完成を見ることなく、この城を焼き払い退去することを決めます。

この時、真田昌幸と小山田信茂の双方から自分の城に来るよう誘いがあり、勝頼は側近の長坂長閑と跡部勝資と相談し、新参の真田氏よりも譜代の重臣である小山田信茂を信じた方が良いと判断し、小山田の居城・岩殿山城を目指すことを決めたという話もあるようです。

勝頼は裏切った家臣の人質を新府城に押し込めたまま火を掛け退去。
裏切った家臣の人質300人余を殺し、付き従った家臣の人質には金銭を渡し開放したという話もあるようです。

勝頼一行は、岩殿山城を目指しますが、この時勝頼に従ったのは、妻子や側室・一門衆を含め200人余り。馬に乗ったものは僅かに20人ほどだったそうです。

勝沼(東山梨郡勝沼町)から駒飼(東山梨郡大和村)を抜け、小山田信茂の居城・岩殿山城を目前に勝頼は最大の裏切り遭うことになります。

武田家滅亡 〜其の三 穴山梅雪の裏切りと仁科盛信の死〜

mixiチェック
天正10(1582)年2月、武田勝頼は一族の中で最も血縁が深く家中随一の兵力を擁する一門衆筆頭・穴山梅雪(信君)の裏切りに遭います。
この穴山梅雪は、母が武田信玄の姉で、妻は信玄の娘ということで勝頼とは従兄弟で義兄弟の関係でもある人物でした。
勝頼は、この信頼できる梅雪を駿河(静岡県)の江尻城配し、徳川への備えとしていましたが、この頃から梅雪は、密かに徳川と通じていたようです。

2月25日、梅雪は闇夜に紛れ、密かに勝頼に人質として預けていた妻子を奪還します。

28日、織田信忠との決戦に備え諏訪・上原に本陣を構えていた勝頼・信勝父子と従兄弟の武田典厩信豊(信玄弟・信繁の子)は、この梅雪の動きを知り急ぎ新府城に引き上げます。

3月1日、信忠は、主力を率い、勝頼の弟・仁科盛信(信玄の五男)が守る高遠城に迫ります。この日は、高遠城を見下ろす山に登り状況を確認し、貝沼原(長野県伊那市)に本陣を構えます。
勝頼本隊の援軍の望みを断たれた高遠城内の城兵の動揺は大きかったようで、飯田城を脱出し高遠城に入城していた保科正直は、織田方に寝返ろうとし、城内に火をかける計画を織田方に寝返っていた小笠原信嶺に伝えようとしますが失敗したようです。

2日、高遠城は三方を山に囲まれた富士川が流れる難所でしたが、信忠は力攻めで城を落とすことを決め、前夜のうちに森長可・河尻秀隆らの軍を高遠城の大手近くまで進めていました。
夜明けと共に総攻撃を開始し、信忠も自らも武器を取り、武田軍と激戦を繰り広げます。織田軍はこの戦いで仁科盛信・今福昌和・諏訪勝右衛門・小山田昌貞・小幡一族など多くの者が討ち取り、高遠城を攻略。盛信、享年26歳。その首は早速、安土の信長のもとへ送られます。

織田軍は武田家の一門衆筆頭・穴山梅雪を寝返らせ、勝頼の弟・仁科盛信を討ち取ることで武田家に壊滅的な打撃を与えることに成功します。
名門武田家の滅亡は目前に迫っていました・・・

武田家滅亡 〜其の二 木曾・伊那の合戦〜

mixiチェック
天正10(1582)年2月9日、信長は自ら武田討伐に出陣するにあたり、畿内の警護及び中国・毛利氏や四国・長宗我部氏への警戒・出陣準備等を各方面の織田家諸将に命じます。

12日、先陣を命じられていた織田信忠は、自らも軍勢を率い出陣。滝川一益や毛利秀頼らも信忠の配下に加わります。

14日、織田の大軍勢を目の当たりにした信濃・松尾城(長野県飯田市)の小笠原信嶺は、戦わずして織田軍に寝返り、先発隊の森長可と団忠直に呼応し、武田攻めに加わります。この信嶺は、小笠原長時の分家筋で、信玄の弟・逍遙軒信廉の娘を正室に迎えている武将でした。

次々と武田諸将が寝返る状況に南信濃の飯田城を守っていた坂西織部と保科正直ら将兵は、夜陰に紛れ城から脱出します。

15日、長可の軍が飯田城の将兵を追撃し、逃げ遅れた10騎ほどを討ち取ります。

16日、勝頼も反撃に転じます。今福昌和に命じ、鳥居峠に進撃。ここで木曾・苗木遠山の軍と合戦になりますが、武田方は跡部治部丞や有賀備後守ら40余り討ち取られ敗走。この木曾らの軍に織田長益(有楽)や稲葉貞通らも合流し、鳥居峠に陣を構えます。この眼前には、馬場信春の息子・昌房が守る深志城(今の松本城)がありました。

17日、信忠は、飯田に陣を移すと、大島城(下伊那郡松川町)攻めを開始。城主・日向宗栄や武田信廉・安中左近大夫(景繁の嫡子)らは、守りきれないと判断し、夜陰に紛れ城を脱出します。河尻秀隆・毛利秀頼が、入城し警護に当たります。
小笠原も加わっていた森長可ら先発隊は、飯島(上伊那郡飯島町)に進撃。
この状況に領民らが蜂起。自らの家に火をかけ、織田軍のもとへ駆けつけるという事態に陥っていました。

信長は聟(むこ)と犬という二人を信濃に派遣し、武田攻めが順調に進んでいることを確認していました。

武田家滅亡 〜其の一 木曾義昌の離反〜

mixiチェック
天正10(1582)年2月、紀州・雑賀で内乱が続いている頃、信濃(長野県)でも大きな動きがありました。

2月1日、織田領の美濃と国境を接する信濃木曾谷の領主・木曾義昌が織田家に味方することを伝えてきます。義昌は武田信玄の三女・真理姫を正室に迎え、武田勝頼の義弟に当たる親族衆でしたが、武田家の衰退と勝頼への不信感などがあり、そこへ織田家の調略の手が伸び、武田家から離反することを決意します。

義昌の調略を任されていたのは苗木城(岐阜県中津川市苗木)の苗木久兵衛(遠山友忠)でしたが、この久兵衛は信長の妹とも姪ともいわれる女性を娶っていましたが、自身の娘は勝頼に嫁いでいて織田家に属しながらも複雑な立場の武将でした。

この久兵衛から義昌が寝返ったとの報告を受けた岐阜の織田信忠は、使者・平野勘右衛門を信長のもとへ送り指示を仰ぎます。

信長の指示を受け、苗木久兵衛の軍勢は木曾へ向かい人質として義昌の弟・上松蔵人義豊を提出させます。信長は大喜びし上松蔵人を菅屋長頼に預けます。

2日、木曾義昌の裏切りを知った勝頼は激怒し、人質としていた義昌の母と長男・長女を処刑。自ら1万5000の軍勢を率い新府城から出陣。諏訪・上原に陣を構えます。この中には嫡男・信勝と従兄弟の信豊が加わっていました。

3日、信長も各部隊に出陣を命じます。駿河(静岡県)方面からは徳川家康、関東(相模や伊豆・上野)方面からは勝頼の義兄弟でもある北条氏政、飛騨(岐阜県北部)からは信長家臣・金森長近が甲斐・信濃に向け出陣するよう命じられ、信忠も先陣として森長可と団忠直を木曾・岩村方面に出陣させます。

勝頼は、この動きに対し伊那入り口の滝ヶ沢(長野県下伊那郡)の砦に下条信氏(信玄の義弟)を入れ守りを固めます。

6日、この信氏の弟・下条九兵衛氏長が突如、織田家に寝返り信氏とその嫡男・信正を追放し、岩村方面から進撃してきた信長家臣・河尻秀隆を迎え入れます。

木曾義昌の離反から一週間足らずで武田家は一気に崩壊していきます。
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ