世の中、面白い発想をする人がいたものだ・・・
『歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!』『歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!』あまなつAdhover 『歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!』という書籍が発売されたそうですが、まだ立ち読みもしてないんですが面白そうな感じ。
なんでも、『もし2000年前からインターネットがあったら』という想定で、歴史上の人物がどんなHPやブログを作っていたか?歴史上の人物たちは掲示板で何を語っていたか?を紹介するという内容らしい。

書籍の内容から戦国関連のものを見てみると
・織田信長HP『人間五十年を熱く生きるべし!』
・本能寺の変前日『明智光秀・十兵衛日記』
・秀吉のさるさる日記『殿の仇を討ったり』
・リアルタイム速報 関ヶ原


他の時代でいうと坂本龍馬や西郷隆盛・清少納言のブログ義経と弁慶のネットラジオなど邪馬台国から明治維新頃までの人物がネットを駆使しているようです。

ITmediaの記事によると
『川中島の戦いや関ヶ原の合戦が実況スレでにぎわったり、本能寺を炎上させた明智光秀のブログが炎上したり・・』だそうです。

なんだかすごく気になるので明日にでも近所の本屋で立ち読みだ〜


詳細記事⇒「光秀のブログ炎上」「関ヶ原実況スレ」 “あの時代にネットがあったら”が本に