戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



江戸東京博物館

『戦国時代展』 勝手ランキング ベスト5

mixiチェック
01c29729b9ce11c4fdb319656bbca7a41ea2e98247
久々の更新。それもほとんど江戸博ネタばかりですが、このブログのタイトルが『戦国時代』。江戸博の『戦国時代展』に行かないわけにはいきません。

11月23日、開幕当日は混むだろうと、翌24日有休を取得。しかし、まさかの東京で54年ぶりの11月の雪!行く気がなくなりかけましたが、「これは逆にチャンス。来場者が少ないのでは!」
予想通り通常の特別展と比べ人も少なく、じっくりと展示を見ることができました。

さて、今回も『勝手ランキング』やってみたいと思います。 ※管理人は信長ファンです。



第1位 『義元左文字』

別名、宗三左文字。桶狭間合戦で今川義元を打ち取った際、義元が所持していた刀。信長が普段から指していたともいわれる刀なので信長ファン必見の展示品ではないでしょうか。

刀剣ブームのためか、刀剣コーナーだけは並んで順番に見なくてはいけない環境になっていましたが、十数人程度の列だったので、四回も並んでじっくり見てしまいました。
茎に刻まれた「永禄三年五月十九日 義元討捕刻彼所持刀」 の文字、じっくり見てきましたが、反対側に刻まれている「織田尾張守信長」の文字は見ることができず残念。

義元左文字の展示は12月18日までとなっているので、信長ファンの方は早めに行くことをお勧めします。

尚、現在展示中の刀剣はこのほか、上杉神社所蔵 『伝 倫光作の大太刀』 毛利元就所用と伝わる厳島神社所蔵『太刀 銘 一 黒漆太刀拵付』。

今回の特別展目玉の?刀剣である上杉謙信が正親町天皇から拝領し、五匹の虎を退けた由来がある『短刀 銘 吉光 号 五虎退』は後期展で展示。



第2位 『姉川合戦図屏風』

第一印象。小さい!大きさは縦110僉濂312cm。今回、川中合戦図屏風(上杉本)も展示されていますが、縦160僉濂356儖未覆里波省くらいの大きさになりますね。

江戸後期に描かれているので、徳川家の活躍がメインに描かれていますが、管理人が注目するのはやはり織田木瓜の旗印。実物を見ることができて感動。使うことはないと思いながらもポストカードも買ってしまいました。
前期展のみ。※実物の展示は12月9日まで。12月10日〜25日は複製品。



第3位 『毛氈鞍覆』

第一印象。大きい!横90僉濬庁牽悪僂曚鼻L喟茲泙粘泙瓩襪判弔100僂鯆兇┐訛腓さ。日本原産の木曽馬が体高130僂曚匹蕕靴い里如胴体部分ほとんどを覆ってしまう大きさ。
上杉謙信が将軍・足利義輝からその使用を許可された朱の毛氈鞍覆

織田信長が謙信へ贈った洛中洛外図屏風にも朱の毛氈鞍覆をした馬が描かれていて、輿に乗った人物が謙信という説もありますが真偽は不明。

この鞍覆、行列の替え馬の鞍に被せる馬具ということなので、この毛氈鞍覆自体に謙信が跨ったということはないようですね?まあ、被せて跨ったらすべ落ちそうだし・・・。期間中展示。



第4位 『織田信長肖像画』

信長・信忠の菩提を弔った大雲院所蔵の品。信長を神格化して描いたと考えられる江戸時代前期の作品。前期展のみ。

nobunaga-daiunin













第5位 『泥足毘沙門天立像』

春日山城本丸の毘沙門堂の本尊。謙信の守り本尊で戦場に常に持っていったと伝わる毘沙門天像。高さは33.5僉フロア中央のガラスケースに展示され正面だけでなく背後も見ることができます。期間中展示。


ランキングとは無関係ですが、今回の展示で珍しいことがありました。
入場して最初に目にするであろう展示物に「太田道灌の書状」が数点ありますが、なんと撮影OK。書状を見てもほぼなにも読めない管理人ですが、こんなチャンスはめったにないので撮影させてもらいました。まあ図録を見ればいいことですが・・・

11月・12月の前期展は足利将軍家はじめ毛利氏や尼子氏、三好氏ら西国大名を中心にした展示。後期展は北条氏や伊達氏ら東国大名中心の展示になるそうです。

しかし、前期・後期ともに上杉氏関係の展示が書状類を中心にかなり多くあるように感じるので上杉ファン必見かもしれませんね。あれ?2017年の大河ドラマの主役「直虎」や井伊家関連の展示がない・・・


・江戸東京博物館 
 前期展:11月23日〜12月25日
 後期展:2017年1月2日〜1月29日

・京都府京都文化博物館
 2017年2月25日〜4月16日

・米沢市上杉博物館
 2017年4月29日〜6月18日

『戦国時代展』 公式サイト⇒ http://sengoku-period.jp/

『徳川の城 〜天守と御殿〜』 勝手ランキング ベスト5

mixiチェック
徳川の城
多くの方がお盆休みを終え仕事再開の中、遅れて夏休みに入った管理人ですが、水曜日に江戸東京博物館で開催中の『徳川の城』展へ行ってまいりました!また江戸博か・・・



今回の展示は、徳川幕府によって諸国の大名に命じて築城・改修等が行われた”天下普請”の城の絵図面の展示が主でした。ちなみに天下普請によって築城・改修等が行われた城は以下の城があります。




江戸城(武蔵国・東京都)・・・徳川将軍家の居城

名古屋城(尾張国・愛知県)・・・家康の九男・義直の居城

大坂城(摂津国・大阪府)・・・豊臣家滅亡後、跡地を埋立新たに築城

高田城(越後国・新潟県)・・・家康の六男・松平忠輝の居城

駿府城(駿河国・静岡県)・・・将軍職を譲り、大御所となった家康の居城

加納城(美濃国・岐阜県)・・・家康の娘婿・奥平信昌の居城

福井城(越前国・福井県)・・・家康の次男・結城(松平)秀康の居城

彦根城(近江国・滋賀県)・・・徳川家重臣・井伊氏の居城

膳所城(近江国・滋賀県)・・・徳川家臣の戸田氏のち本多氏居城

二条城(山城国・京都府)・・・徳川将軍家の京での居城

丹波亀山城(丹波国・京都府)・・・徳川家臣・岡部氏の居城

篠山城(丹波国・兵庫県)・・・徳川家臣・松平氏の居城

※Wikipediaより一部抜粋

※『天下普請』は城郭工事だけではなく道路整備や河川工事などもあります。


 さて今回も『大 関ヶ原展』 同様、個人的にによかったと思う展示ベスト5を発表です。

《1位》
江戸城本丸内部の部屋割り図。正式な展示品名称忘れてしまいましたスイマセン!
大きさは畳4枚分くらいでしょうか?大型図面で、博物館による主要箇所の名称が書かれた透明の板が重ねられていますが、有名な松の廊下の場所もわかり、近くに展示されているCGによる内部の再現映像と合わせてみるといろいろ想像できて楽しかったです。

《2位》
加納城絵図。天守の外観が描かれた図面で、上記の江戸城図面から一転、A4サイズほどの小さな図面ですが、織田信長・信忠・信孝・秀信ら織田家が長年城主を務めた岐阜城を移築したという説もあり、興味深かったです。

《3位》
旧江戸城写真ガラス原版。これは14枚だったでしょうか?幕末の江戸城の写真とその原版が展示されていました。いろいろな書籍で幕末の江戸城の写真を見ることはありますが、ガラス原版を見る機会はなかなかないので良かったです。

《4位》
朝鮮通信使図屏風。朝鮮通信使の行列が絵が描かれた屏風ですが、江戸城の内部や警備にあたる武士も描かれ、当時どのように外国の使節を受け入れたかがわかる貴重な屏風だと思いますが、個人的には使節団の下働きの人たちでしょうか?暇そうに寝転んだり、ふざけあっている人物も描かれていてそちらの方が面白かったです。

《5位》
黒漆桐鳳凰文様金銀蒔絵 貝合道具。貝殻のペアを見つける神経衰弱のような遊びの道具ですが、江戸時代には(それ以前から?)嫁入り道具の一つにもなっていたとか。大奥のお姫様たちも遊んだのでしょうか?展示されていたのは大河ドラマの主人公にもなった13代将軍・家定の正室である天璋院(篤姫)所用と伝わるモノ。これで宮あおいちゃん(じゃないだろ!!)が遊んでいたのを想像すると・・・
失礼しました・・・


最初にも触れたように今回の展示は基本的に城郭の絵図面が中心なので私も含め城郭に詳しくない方には難しい展示内容かもしれませんが、CGによる江戸城内の再現映像や館内設置のタブレットを利用した展示、大奥の道具類なども多数展示されていますので興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

もし城郭に詳しくないけど行ってみたいとお考えの方には、博物館で借りることができる音声ガイドレシーバーを利用することをお勧めします(私も借りておけばよかった・・・反省)


【公式サイト】 江戸東京博物館 『徳川の城 〜天守と御殿〜』  9月27日まで

『大 関ヶ原展』 個人的に『感動したランキング』ベスト5

mixiチェック
sekigahara20150509-1昨日、久々に戦国関連イベントに”出陣”

最近はTwitter版戦国ウォーカーで戦国関連情報を発信するのみで、旅行にも行かずブログの更新もしない状況が続いていたので久しぶりにいい刺激になりました!


いろいろ書きだすとダラダラ長くなるので、今回は簡単に『個人的に実物を見ることができて感動したランキング』ベスト5発表!






《1位》 鳥居元忠、所用の兜&籠手
 関ケ原合戦の前哨戦。伏見城攻防戦の時、元忠が身に着けていたと伝わる兜と籠手。
2000に満たない兵で西軍数万の攻撃に10日以上耐えながら討ち死にした時、身に着けていたことを想像すると、いろいろな思いがこみ上げてきました。


《2位》 徳川家康の甲冑
関ヶ原の合戦当日、着用していたと伝わる甲冑。
ドラマなどでよく見る爛▲痢氷恥匹任垢、「前立」付いてなかったっけ?と思ったら「歯朶の前立」は甲冑の足元に置かれていました。やはり天下人の甲冑。オーラが違いました!
     

《3位》 前田利家血判起請文
  秀吉が死去した直後、豊臣家への忠誠を誓った利家の血判起請文。
豊臣家の実務を担当した奉行衆宛てに書かれた起請文ですが、利家の血判が生々しいかったです。正直なところ織田信雄の血判起請文を見たかったのですが、展示替えされていたようで見ることができず残念でした!


《4位》 本多忠勝の甲冑&肖像画
黒糸威胴丸具足。
本多忠勝の肖像画で有名な甲冑です。忠勝の大ファンというわけではありませんが、さすが猛将の甲冑。迫力が違いますね。隣に肖像画も展示されており、比較すると忠実に描かれているのがよくわかります。ということは忠勝の顔はあのような顔だったのかな?!


《5位》 蜻蛉切の槍
本多忠勝所用の槍。天下三名槍のひとつ ※管理人は忠勝のファンというわけではありません(笑
槍の先端に止まった蜻蛉が真っ二つに切れたという伝説の槍ですが実物が想像以上に細かったのが印象的。


ベスト5には入れませんでしたが、やはり信長ファンとしては西軍に加わった嫡孫・三法師秀信は気になるところ。『岐阜城攻防図』が展示されていました。関ヶ原の合戦の前哨戦となる岐阜城攻防戦で東軍に加わった池田輝政や福島正則ら3万5000の軍勢に攻められわずか1日で落城。信長が何年もかけて斎藤氏から奪った城があっけなく落城したのが不思議ですが、やはり圧倒的兵力差ではどうしようもなかったですかね。城の構造もすべて知られていたし・・・

その他、石田三成所用の刀や島左近の兜等々、展示リストに記載されたお宝300以上。見ごたえがありました。


『大 関ヶ原展』江戸東京博物館は今月17日(日曜日)まで、その後、京都文化博物館(6月2日〜7月26日)、福岡市博物館(8月7日〜10月4日)と巡回するので戦国ファンの方にはおすすめの企画展です!

尚、江戸東京博物館では8月4日〜9月27日に特別展『徳川の城 〜天守と御殿〜』が予定されています。
こちらも楽しみな企画展ですね。


※すべて管理人個人の感想です(笑
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ