天正10(1582)年6月9日(7日?)、厩橋(群馬県前橋市)に駐屯する関東取次役・滝川一益のもとに信長横死の知らせが届きます。
同じ頃、織田家と同盟関係にあった小田原の北条氏政のもとにも風聞(噂話)として変の知らせが伝わっていたようで、11日付の手紙で氏政は一益に事の真偽を確かめるとともに織田家との同盟関係は維持する内容を書き記しています。

数日後、北条氏は光秀の謀反で信長が死んだとの確証を得ると態度を一変させ敵対行動を取り始めます。一益は配下に加わっていた新参上野の国衆にも信長の死を正直に伝え協力を要請。

16日、上野国では北条軍が倉賀野城(群馬県高崎市倉賀野町)に攻めかかります。これを知った一益は出陣。

18日、滝川軍1万8000と氏政の嫡子・北条氏直率いる北条軍3万は上野と武蔵の国境辺りの神流川・金窪原(埼玉県児玉郡上里)で激突。一益は兵力で劣りながらも北条軍を撃破。(第一次神流川合戦)

19日、態勢を立て直した北条軍は再び滝川軍に攻めかかり戦意の劣る滝川軍は大敗を喫し一益は厩橋城に敗走。(第ニ次神流川合戦)

厩橋に入ってわずか3カ月の一益は、本領・伊勢長島に帰国することを決めると関東諸将から取っていた人質を解放し、別れの挨拶を交わします。関東の将兵の中には涙する者もいたようです。

20日以降一益は信濃の小諸・下諏訪・木曽福島などを経由し帰国の途に就きますが北条軍の追撃や武田の旧臣の蜂起などあり苦難を極めます。

27日、尾張清州に羽柴秀吉・柴田勝家・池田恒興・丹羽長秀らが集まり、信長の後継者をきめる会議いわゆる清州会議が開かれますが、この頃一益は未だ伊勢長島にたどり着いていなかったようで、重臣の地位にありながらこの重要な会議に参加することができませんでした。

以後主導権は秀吉が握り、一益は反秀吉派の柴田勝家らと手を組むも翌天正11年賤ヶ岳の戦いで勝家が敗れ自害すると秀吉に降伏。秀吉配下として各地に転戦。
天正14(1586)年9月、越前(福井県)にて死去。享年62。