天正10(1582)年6月27日、尾張・清洲城(愛知県清須市)にて信長の後継者と遺領の配分を決める重要な会議が開かれます。

この会議の参加者は、柴田勝家・羽柴秀吉・丹羽長秀・池田恒興。本来ならば重臣の滝川一益もこの会議へ参加すべきだったかもしれませんが、北条氏との戦い(神流川合戦)に敗れ所領の伊勢を目指し敗走中のため参加できませんでした。
さらに信長の次男・信雄は北畠家、三男・信孝は神戸家(三好家説も)をそれぞれ継いでいたため会議には参加しなかった(させなかった?)ようです。

勝家は織田家重臣で北陸方面の指揮官、秀吉は中国方面の指揮官であり明智討伐の功労者。長秀や恒興(信長の乳兄弟でもある)は信長の尾張統一以前からの古参の家臣でこの二人は秀吉と共に明智討伐に功のあった立場でした。

この頃、すでに織田家の家督をめぐり、信雄と信孝の対立は表面化していたようで、早期の決着をつけるため越前から重臣筆頭的立場にあった柴田勝家が清州に到着したこの日、すぐに会議が開かれたようです。

一般に勝家は信孝を後継者に推し、秀吉が信長の嫡孫・三法師(後の秀信)を推し議論が交わされますが、秀吉はすでに長秀や恒興に根回しして会議を思うように勧めたように伝わっています。しかし、これは秀吉の旧臣・川角三郎右衛門が著したとされる『川角太閤記』が出典で真偽は不明。実は家督相続に関しては織田家の家督はすでに長男の信忠が継いでいたので、その嫡男である三法師が後継者となることですんなり決まったのでは?という考えもあるようです。

いずれにしても信長・信忠の後継者は数え三歳の三法師で決定。信雄と信孝の二人はその貢献になります。

そして議題は信長・信忠の遺領と明智及び明智に従った諸将の領国の配分をどうするかに移ります。

まず決められたのが信忠の遺領・尾張と美濃。尾張及び清洲城は信雄、美濃及び岐阜城は信孝が継ぐことに決定。三法師は近江・坂田郡及び安土城(天主閣及び本丸御殿はすでに焼失)を継ぐことが決まります。

その他の信長直轄領や明智領は重臣で分け合うことになります。
柴田勝家は越前及び近江三郡。この中には秀吉の所領・長浜も含まれていましたが秀吉はこれを承諾。
秀吉は播磨に加え山城国という重要な地を得た上、養子として迎えていた信長の四男・羽柴秀勝は光秀の旧領丹波を与えらたます。

秀は若狭国安堵の上、近江・坂本を含む二郡。恒興は摂津国の大半を領することになります。

そしてもう一人、信長の側近で当時中国・毛利攻めの軍監を務めていたため本能寺の変の難を逃れていた堀秀政が山崎合戦で功があったため近江中郡(蒲生・神崎・愛知)と佐和山城を与えられます(北ノ庄攻めの後という説もあり)。さらに秀政は三法師の傅役にも任命されます。

このように会議は光秀討伐に大きな功のあった秀吉の思い通りに進みますが、この決定に不満を抱いた勝家や信孝・信雄と対立を深めていくことになります。