戦国情報ウェブマガジン 戦国ウォーカー

戦国時代

× Sengoku Walker



織田信孝

本能寺の変後の諸将 〜其の四 神戸信孝と津田信澄〜

mixiチェック
天正10(1582)年6月2日、信長の三男・神戸信孝(直前に三好氏の養子になっていたという説も)率いる四国遠征軍は四国統一を目前にしていた土佐の長宗我部元親を攻めるため大坂・住吉周辺に集結。渡海を直前に控えてました。

信孝率いる四国遠征軍は直属の北伊勢衆の他、副将として丹羽長秀や蜂屋頼隆・津田信澄が付き、さらに三好康長や畿内周辺の各地からの応援部隊を派遣してもらうという寄せ集め的な軍勢でした。

津田(織田)信澄は信長が尾張統一の過程で謀殺した実弟・信勝(信行)の子。近江(滋賀県)・大溝城主。この地は安土城の対岸・琵琶湖の西側で京の東に当たる重要拠点。天正9(1581)年2月の馬揃えでは信忠(信長嫡男)・信雄(次男)・信包(信長の弟)・信孝(三男)に続き織田一門の五番目に行軍。信長に重要視され、さらに光秀の娘を娶り織田家の次代を担う20歳前後?の武将でした。

2日夜頃?信孝のもとに父・信長が明智光秀に討たれたとの情報が飛び込みます。四国遠征軍は大混乱に陥り、寄せ集めの兵の多くは逃走してしまいます。一説には1万4000ほどの軍勢が4〜5000ほどになってしまったということです。

信孝は光秀の娘婿である信澄を警戒。
この数日後、越後の上杉家には「信長は光秀と甥の信澄に討たれた」との情報がながれ、さらに景勝自身は会津(福島県)の蘆名氏に対し「織田軍は毛利軍に敗れ途中で信澄が変心して信長は切腹した」と伝えたそうです。これは計略だったという考えもあるようですが・・?

5日、単独で明智討伐が難しい信孝軍は、光秀と信澄が手を組むことを恐れ、まず信澄を攻め殺害。

12日?中国地方から引き返してきた羽柴秀吉軍と合流。軍議の結果、信孝は名目上、明智討伐の総大将とされ山崎の合戦で明智軍に勝利。

しかし、以後秀吉や兄・信雄と対立。翌天正11(1583)年4月29日(5月2日説も)尾張国知多郡野間(愛知県美浜町)の大御堂寺で自刃。享年26歳。

「昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前」

これは信孝が残した辞世の句と言われ、秀吉を恨む内容になっていますが真偽の程は定かではありません。また切腹した際、自ら臓器をつかみ取り壁に投げつけたといわれていますが、これは現実には不可能と考えられ後の創作ではないかと思われます。

信孝の阿波出陣 〜長宗我部元親、最大の危機〜

mixiチェック
天正10(1582)年5月、信長は本格的に四国の長宗我部元親討伐に着手。

四国統一を目前にした長宗我部元親に対し、信長はこれまで「四国は手柄次第切り取ってよい」としていた方針を転換し、天正9年末頃?「土佐一国と阿波南半国の領有を認めるが伊予と讃岐は返還するよう」命じます。自力で勝ち取った所領の返還要求を元親は拒否。天正10年1月、明智光秀の家臣で斎藤利三の実兄である石谷頼辰は、義弟に当たる元親を説得するべく四国に渡りますが決裂。信長は、長宗我部氏討伐を決意。

2月の武田攻めの際の出した命令で、三好山城守康慶(康長・笑巌)は四国への出陣を命じられます。

5月までの間に信長の三男・神戸信孝は四国攻めの総大将を命じられたのを機に三好康慶の養子となることが決められたようで、本能寺の変以降織田姓に復した信孝ですがわずかな期間でしたが“三好信孝”となっていた可能性が高いようです。

5月上旬、三好康慶は先陣として3000の兵を率い阿波勝端に着陣。長宗我部方の一ノ宮・夷山表に攻め掛かり両城を攻略。

5月7日付けの信長朱印状で「讃岐は信孝に与える。阿波は三好康慶に与える。土佐・伊予については信長が淡路に出馬した時に申し伝える」とし、同じ書状の中で信孝に対し「三好康慶のことを主君とも親とも思い忠節を尽くすよう」に命じています。

5月11日、信孝は譜代衆や北伊勢衆を率い、住吉(大阪市住吉区)に向け出陣。途中安土に立ち寄り信長に挨拶をしたようです。(『信長公記』ではこの日、住吉到着となっています)
この安土滞在中、徳川家康や穴山信君も安土を訪れることになります。

5月29日、総大将信孝、丹羽長秀・蜂屋頼隆・津田信澄を副将とし、近江や伊賀・丹波・紀伊など広範囲から動員された四国遠征軍約1万5000が住吉に着陣。
四国渡航直前、大事件が勃発することになります。


※主に 『だれが信長を殺したのか』(桐野作人著)を引用・参考にしました。

生誕450年の織田兄弟の記念行事は?

mixiチェック
梅雨入りと共に急激に仕事が忙しくなった管理人ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
織田信長史もいよいよ佳境に入ってきましたが週末更新したいと思います。今日はちょっと一休みで別のネタ。

今回のタイトルの“生誕450年の織田兄弟”ですが、もちろん織田信長と信勝ではなく、1558年生まれの信長の息子・北畠信雄(次男)と神戸信孝(三男)のことです。

この二人、すでにこのブログでも触れたと思いますが、実は信孝の方が20日くらい早く生まれていたともいわれライバル視していたかどうかは分かりませんが、信長と兄・信忠の死後、家督争いの末、信孝は天正11(1583)年4月29日(西暦の6月19日)または5月2日(6月21日)に自害。信雄は天寿を全うし寛永7(1630)年4月30日(西暦の6月10日)に死去。ということで二人とも今のような梅雨時期に亡くなったようですね。

この二人、生まれたのは何月ごろか分かりませんが、今年生誕450年という節目を迎えていますが、やはり?記念行事ってやっていないんでしょうかね??
偉大な父・信長は何かと話題になりますが、影の薄い信雄と信孝、取りあえずこのブログで密かに祝いたいと思います。

信雄様・信孝様、生誕450年おめでとうございます・・・

そんな二人と同級生になるのが森乱丸のお兄ちゃんの森長可と三木城で頑張った別所長治。さらに山内一豊の家臣・五藤吉兵衛(武田鉄矢が演じてた)の弟・五藤為重。そして島津家の猛将・頴娃久虎(えい ひさとら)。さらにさらに関ヶ原の合戦で息子が家康の子・結城秀康に属しているのに自らは上杉景勝に通じていた多賀谷重経などなど他にも戦国武将だけでも何人かいるようですが、なかなかのつわものぞろいのような気がしますがいかがでしょ?
sengoku 検索
お知らせ
■戦国情報ブログ「Sengoku Walker」と統合しました。あらためてよろしくお願いします。


■このブログは専門知識のない管理人が本やネット・テレビ等から得た情報を元に書いています。


■このブログに書かれている内容は一つの説にすぎません。またこのブログで紹介している人物の年齢は基本的に数え年で表記し、推定年齢の人物もいます。ご了承ください。


■記事の誤りなど気付かれた方はぜひコメントにてお知らせください。よろしくお願いします。


■当ブログはリンクフリーです。
月別アーカイブ
戦国MONO


戦国グッズ専門店
【戦 国 M O N O】
入口






戦国書房 Pick Up

≫ 戦国書房入口
戦国ウォーカー twitter版
戦国ニュース
【戦国ニュース】
>>戦国ニュースをもっと読む  ※twilogにつながります
応援よろしくお願いします!




Mac ソフトのことなら act2.com


  • ライブドアブログ